FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

自衛隊哨戒機への韓国艦船の火器レーダー照射は政府の報道誘導(ヤラセ)では?

2019年1月3日(木)

→ 自衛隊が公開した映像でも威嚇的な低空飛行をしているのは明らか!
その映像を見たが音声は無く、「レーダー照射」も『字幕だけの表現』であり、
事実かどうか疑わしい!
レーダー照射が有ったと云う第一報から映像の公開まで
数日の隔たりがあるのも、映像を加工し当該の『字幕』を
事後に挿入した可能性を否定できない!

無かった『事実』を有ったかのように描き、日本国民に嫌韓意識を
インプットする為のように思える。

マスメディアは、安倍政権の誘導に易々と引っ掛かり、
政府の発表を事実かのように、そのまま報道した!

政府発表を疑ってみるとか検証してみるとか云う態度は
全く無く、メディアの自主性に欠ける垂れ流しであった!

しかし、今敢えて韓国との関係を一層悪化させようとする
安倍晋三政権の意図は何であろうか?!
慰安婦像、 徴用工問題でギクシャクしているのを緩和するのでは無く!

・・・・・

韓国「日本は歪曲止めるべき」レーダー照射で謝罪要求
日本経済新聞 ー 2019年1月2日(水)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO39600410S9A100C1PE8000/
20190103163553608.jpg
海上自衛隊のP1哨戒機(共同) 日経新聞より


韓国国防省 日本に謝罪要求 「威嚇的な低空飛行した」 |
NHKニュース ー 2019年1月2日(水)
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190102/k10011766121000.html

海上自衛隊の哨戒機が韓国軍から射撃管制用レーダーの照射を受けた問題で、韓国国防省はコメントを発表し、哨戒機が駆逐艦に対し、「威嚇的な低空飛行をした」と謝罪を要求しました。

先月、海上自衛隊の哨戒機が韓国軍の駆逐艦から、射撃管制用レーダーの照射を受けた問題をめぐっては、防衛省が哨戒機から撮影した動画を公開しましたが、韓国側は「客観的な証拠だとはいえない」として、日本側の分析を否定しています。

こうした中で韓国国防省は2日午後、「日本が動画を公開し、1日は、メディアのインタビューで高位の当局者までもが一方的な主張を繰り返していることに、深い遺憾の意を表明する」とのコメントを発表しました。

そのうえで、「人道的な救助活動中だった韓国軍の艦艇に対して、威嚇的な低空飛行をしたことについて謝罪しなければならない」として、日本側にこそ問題があったと謝罪を要求しました。

韓国国防省はコメントの中で、韓国軍の駆逐艦は、哨戒機を狙ってレーダーを照射していないと改めて強調するとともに、「日本はこれ以上、事実をわい曲することをやめなければならない」と主張しています。



レーダー照射、韓国も動画公開へ 国防省が対抗措置
毎日新聞 ー 2019年1月3日
https://mainichi.jp/articles/20190103/k00/00m/030/073000c

 韓国海軍の駆逐艦が海上自衛隊のP1哨戒機に火器管制レーダーを照射したとされる問題で、韓国国防省報道官は3日の定例記者会見で、日本の主張の問題点を指摘し、韓国側の立場の正当性を訴える動画を作成し、近く公開すると明らかにした。ただ、駆逐艦が撮影した哨戒機の姿などは動画に含まれないという。

 韓国側は火器管制レーダーを照射していないと説明し、日韓の主張が食い違っている。報道官は「当初は実務者で協議すれば解決できると考えていたが、日本側が事実をごまかした内容の公開を続けるため対応する」と動画を公開する意図を説明した。(共同)




関連記事
スポンサーサイト



テーマ:安倍政権 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/5154-be994156
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)