FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

玉城デニー沖縄県知事の後継候補にフリージャーナリストの屋良朝博氏と交渉中!

2018年12月26日(水)

日刊スポーツの記事から。

玉城デニー沖縄県知事が衆議院議員からの転出であったことから、
来年4月に衆議院沖縄3区の補欠選挙が行われるとのこと。

後継候補を自由党が選任にあたり、交渉中と言う。

名前が挙がったのは、フリージャーナリストの屋良朝博氏。

後継候補が決まれば『オール沖縄』が全面支援する見通し!



沖縄3区補選、玉城氏所属した自由党県連は新人擁立
日刊スポーツ(共同)ー 2018年12月26日21時33分
https://www.nikkansports.com/general/news/201812260000713.html

沖縄県知事に転出した玉城デニー氏の衆院議員失職に伴う来年4月の衆院沖縄3区補欠選挙に、玉城氏が所属した自由党県連は、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設に反対するフリージャーナリストで新人の屋良朝博氏(56)を擁立する方針を固めた。複数の関係者が26日、明らかにした。近く正式に立候補を要請する。

同補選は来年夏の参院選の前哨戦として位置付けられる。沖縄3区は辺野古を抱えることから、今年9月の県知事選と同様、辺野古移設の是非が争点となる。

屋良氏は同県北谷町出身で、フィリピン大卒。地元紙「沖縄タイムス」の論説委員や社会部長を経てフリーとなった。

屋良氏は取材に「要請があれば真剣に考えざるをえない」と前向きに検討する姿勢を示した。

自由党は、玉城氏の事実上の後継者となることから、当選後の入党を求めている。

屋良氏が立候補すれば、玉城氏を支える勢力「オール沖縄」が支援する見通しだ。自民党の自治体議員などでつくる選考委員会は、島尻安伊子元沖縄北方担当相(53)の擁立を決めている。辺野古移設を巡り、安倍政権とオール沖縄の全面対決となりそうだ。(共同)


12月27日追記

小沢氏が野党共闘「オール沖縄」呼び掛け 衆院補選
日刊スポーツ(共同)ー 2018年12月27日(木)
https://www.nikkansports.com/general/news/201812270000797.html

自由党の小沢一郎共同代表が、沖縄県知事に転出した玉城デニー前幹事長の衆院議員失職に伴う来年4月の衆院沖縄3区補欠選挙を巡り28日、野党各党に共闘を要請する。各党幹部と会い、フリージャーナリストで新人の屋良朝博氏への支援を求める。複数の関係者が27日明らかにした。

党沖縄県連は、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設に反対する屋良氏の擁立を固めている。小沢氏は立憲民主党の長妻昭選対委員長、国民民主党の玉木雄一郎代表らと個別に会談し、辺野古移設に反対する「オール沖縄」での選挙戦を呼び掛ける考え。

小沢氏は各党の支援を取り付けた上で沖縄入りし、29日に記者会見して、屋良氏擁立を発表する見通しだ。

自民党は近く島尻安伊子元沖縄北方担当相の擁立を正式に決める。辺野古移設を進める安倍政権とオール沖縄の全面対決の構図となりそうだ。(共同)



関連記事
スポンサーサイト



テーマ:政治・地方自治・選挙 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/5146-9852b088
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)