FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

「宙に浮いた年金」5千万件

社会保険庁に該当期間の記録がなかった人は最初は55人だった。
【国民年金の保険料を納めたことを示す年金手帳や領収書を本人が保管しているのに、社会保険庁に該当期間の記録がなかった人が55人いたことが9日、分かった。このうち12人はすでに年金を受給しているが、本来よりも最大で年間2万数千円少ない額の年金を受け取っていた。】 2007年5月9日(水)23:39 asahi.com

まあ、その時も「氷山の一角」だろうと言われていた。

次のニュースでは30万人になった。
【 公的年金を一元管理する「基礎年金番号」に統合されていない年金加入記録約5000万件のうち、生年月日が間違っていたり記載そのものがないケースが、厚生、国民両年金を合わせ約30万件にのぼることが11日、厚生労働省が衆院厚生労働委員会に提出した資料で明らかになった。これとは別に、年金記録をコンピューター化した際の入力ミスも判明。社会保険庁のずさんな管理の実態が改めて浮き彫りになった。】 2007年5月12日(土)03:25  産経新聞Web版
 これは、『生年月日が間違っていたり記載そのものがないケース』のことだ。

そして昨日は5千万件である。
最初ニュースを聞いたときは5千件の言い間違いだろうと思っていた。
しかし、今朝の各局のニュースで5千万件であることを確認した。
「朝ズバッ!」では、この話でもちきりだった。
【社会保険庁が管理する年金保険料の納付記録のうち約5000万件が該当者不明となっている問題で、政府は23日、現在の年金受給者約3000万人を対象に、該当するものがあるかどうか調査する方針を固めた。】2007年5月24日(木)03:03  讀賣Web版
そして、現行法では、社会保険庁の管理婦行き届きが原因であるにも拘わらず、請求漏れの年金は時効が5年であり、それ以前のものは、受給する権利が消滅するという。とんでもない話である。

*******************************************
今日も御覧頂きありがとうございます。
「自公の暴走は許せない!」と思われる方はクリックを!

*******************************************

さらに、記事を読んでゆくと、現在年金を受けている人びとの数が約3千万人と書いてあったから、この行方不明の5千万件の規模の大きさが解る。

もっとも、赤ちゃんから百歳を超えた人までの全人口が1億2千万人台だというから、殆ど全ての年金資格者のデータが不明になっていると言えるのではないだろうか?

別の記事では、
【基礎年金番号に統合されず過去の年金記録と結びついていない5095万1103件(18年6月現在)】2007年5月12日(土)03:25  産経Web版
と詳しく出ている。
しかし、では『基礎年金番号に統合された』年金記録は何件あるのかは、どの記事を見ても書いていない(誰か御存知の方教えて!)
もしかすると、殆どが宙に浮いているのではないだろうか?
こんな信頼性の無い仕組みは早晩崩壊するだろう。
その時、記録もないとなれば、我々が納めてきた掛け金はどうなってしまうのか?
まさに国家的詐欺行為である。
5千万人で一人1万円で5千億円。2万円で1兆円。200万円で100兆円。
500万円で1000兆円。2,500万円で5000兆円(0が15個)。
 3桁切りにすると、5,000,000,000,000,000円にもなる。
 4桁切りにすると、5000,0000,0000,0000円

どうしてくれる!?

*********************************

12人が年金を「もらい損ね」 社保庁の納付記録が欠落(朝日新聞) - goo ニュース
年金記録 生年月日不明30万件 入力ミスも 社保庁ずさん管理(産経新聞) - goo ニュース
年金増える可能性 社保庁、受給者に確認呼びかけ(朝日新聞) - goo ニュース
「宙に浮いた年金」5千万件、救済策を検討 政府・与党(朝日新聞) - goo ニュース
年金支給漏れ、社保庁に調査義務…与党が法案に盛り込みへ(読売新聞) - goo ニュース
「宙に浮いた年金記録」、特別調査へ 厚労相が方針示す(朝日新聞) - goo ニュース
関連記事
スポンサーサイト



コメント

こんにちは

はじめまして、楽しく拝見させていただきました。
またちょくちょく拝見させていただきます。

  • 2007/05/24(木) 19:21:16 |
  • URL |
  • memaido #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/513-1ae8f3dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)