FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

【福岡から政治の流れを変えよう】市民と政党の対話集会に参加

2018年12月1日(土)

今日は、夕方18時30分から福岡市中央区のふくふくプラザ大ホールで
開催される市民連合ふくおか主催の政治ショー
【福岡から政治の流れを変えよう】
市民と政党の対話集会 に参加しました。

2018120123315426f.jpg

参加者は二百人ほどだったとのこと。
会場は、ほぼ満席に近い状態で大盛況でした。

20181201233151ae4.jpg

この写真は開会前なので少し空席も見えますが・・・

2018120123315350c.jpg
終了時には立ち見の方も多数いる盛況でした!(上の写真も開会前)

マスコミ各社も入っていました。

政党からの出席者は以下の通り。(左側から)

山内康一 衆議院議員:立憲民主党
稲富修二 衆議院議員:国民民主党
仁比聡平 参議院議員:日本共産党
吉川 元 衆議院議員:社民党
野田国義 参議院議員:立憲民友会

20181201233155655.jpg

コメンテイター:石川捷二・九州大学名誉教授
コーディネーター:片山純子・市民連合ふくお

主催者が事前に提示していたテーマごとに、各議員3分間の持ち時間で、
見解や政策をプレゼンテーションしました。

殆どが時間オーバーすることなく、的確かつ簡潔に話され、分かり易かった。

且つ、5人の意見には殆ど対立点は無く、共同行動が可能なように思われました。

     ***************

【市民連合ふくおか】がSNSにUPした『対話集会』の YouTube映像。 

【録画】
【福岡から政治の流れを変えよう】
   ~市民と政党の対話集会~ 
  市民連合ふくおか  【シェア拡散歓迎】

【第1部 現在の政治状況に対する認識と危機感】 約58分

https://youtu.be/-Q0QRnYFPdk

【第2部 市民生活に密接に関わること】 約53分

https://youtu.be/Gl8H3V4i3x0

【感謝の気持ちを伝えさせてください】  約3分

https://youtu.be/9IJiyYAPKU8




     *****************

【福岡から政治の流れを変えよう】
 政党と市民の交流集会
  市民連合ふくおか主催
  2018年12月1日(土) 18:30〜20:30
  福岡市中央区 ふくふくプラザ 大ホール

【出席者】(写真で着席左から)
山内康一 衆議院議員:立憲民主党
稲富修二 衆議院議員:国民民主党
仁比聡平 参議院議員:日本共産党
吉川 元 衆議院議員:社民党
野田国義 参議院議員:立憲民友会

コメンテイター:石川捷二・九州大学名誉教授
コーディネーター:片山純子・市民連合ふくおか


     **********

以下の記述は、iPad ダイレクト入力につき
正確性に欠けますが雰囲気だけでも感じて頂ければ幸いです。
(一部修正しました。2018年12月3日)

【第1部 現在の政治状況に対する認識と危機感】

山内さん

1つ目は、格差の問題。
多くの人々の実質賃金は上がらない。
子どもの貧困も拡大。
税と社会保障の分配機能の改善が必要。

2つ目は軍事化
日本からの武器輸出ができるようになった。
ジプチの海賊対策 実態としては用済みなのにまだ派遣は続いている。殆ど報道されない。
フィリピンの海軍に自衛隊のお古を供給すると云う形の軍需援助。

稲富さん

私が生きている間に戦争と財政破綻を起こしてはならない。
次世代への我らの責任。
国会で議席を頂きながら、「もう致し方無い」と云う空気が広がっている。
安倍内閣は議論にならず、起立の賛成要員・反対要員にしかなっていない。
戦前の日本でも「そんなことにはならない」と思っていたのに、空気に流されてあのような事態になった。
選挙で変えるしかない。

仁比さん

安倍政権は、またもや強権を振るっている。
一方で、そう云う強権は許さないと言う動きも広がっている。
中央だけでは無く、福岡で各政党が出席するこのような集まりができている。
沖縄県知事選挙でどのような民意を受けたのか?
圧倒的差を付けられて敗北したのに土砂投入に躍起になっている。
入管法や消費税の強行。
民意に追い詰められ、焦っている状況が今の強権である。
今日の対話集会を通じて発展させて頂きたい。

吉川さん

社民党の全国幹事長をしている。大分から来た。
安倍晋三は、対話が成り立たない。
「真摯に受け止める。」「沖縄の人々の心に寄り添う。」
と答弁しながら「粛々と基地建設は進める。」
FTAでアメリカに押し倒されたらTAGと言い換え。
論理的に突きつけても「その認識は当たりません」で逃げる。
戦後70年余りで最も危機的。

野田さん

チラシ作成時は無所属だったが、今は立憲民友会に所属。
安倍政治は偽りの政治そのもの。
記録の改竄や隠蔽、廃棄。
民主主義が崩壊過程に有る。
最も憤りを感じている。
漁業法の改正、種子法の改正。
メジャー企業が要請したもの。
経済財政諮問会議の提言そのもの。
財界の要求を実行している。

片山コーディネーター

福岡の政治を40年以上見て来ている立場から
石川先生のコメントを。

石川コメンテイター

現在や1930年代のヨーロッパでの動きも追っている。

自民党の古賀誠さんや亀井さんまで、このまま行くと日本が崩れると言っている。

ファシズムが制覇したとは言いませんが、
2014年7月に閣議決定でこれまでの政治を覆す決定を行い、
クーデタを実行した。
その後ファシズムの過程が進んで行く。
一部で、今国会での改憲提案は断念したこのような報道が
この数日出回っているが、
安倍晋三なら、衆参で3分の2を確保している今しか無いと考えているだろう。
クーデタなんだからどのような手を使ってもやってくる。

片山コーディネーター

会場のみなさんも危機感を持っていると思います。
九州 沖縄も含めて 行動する。

沖縄に関してどのように考えておられますか?
合わせて入管法改正案についても。

【沖縄問題・入管法】

稲富さん

沖縄の件は党沖縄協議会を設けて地位協定改正を求めている。
入管法について、福岡では4万人。技能実習生が八千人。
足元で起こっていることは確かに人手が足りない。
若い外国の方が誰でも働いて頂ける状況か?
ベトナムからは建設現場には来ない、労働環境が悪すぎるとSNSで広がっている。
外国人が喜んで来てもらえるような条件環境づくりが必要。

仁比さん

(入管法関連)低賃金、劣悪な労働条件。
こう言う状況を作ったのは自民党政治じゃ無いでしょうか?拍手
福祉の分野では全産業平均を大きく下回る労働条件。
そこに外国人を入れて劣悪な状況で働かせている。
沖縄。民意を無視して強権を行使している。
沖縄には憲法が適用されないのか?
基地は無法に強奪して作ったものである。
全国知事会が地位協定の改定を求めている。

吉川さん

明日、日出生台での反対行動があり参加する。
沖縄の負担軽減の為にと言う口実でオスプレイまで配備する。
思考停止は政権応援団の方。
イージスアショアの件。日本を守るものではない。
ハワイとグアムの米軍基地を守る為のもの。

野田さん

玉城デニー新知事が誕生して良かった。
これからも応援して行かなければならない。
「基地に経済が頼っているのでは無いか?」
と言われていたが、今は基地経済は5%程度。
海兵隊は本当に沖縄に置いておかなければならないのか?含めて交渉を。
入管法についての問題は、所謂ブローカー的な者の介在で、
失踪者が八千人にもなろうとしている。
人間として扱うような改正が必要。

山内さん

去年、辺野古を視察して来た。
辺野古を強く望んでいるのは、日本の防衛省と外務省であって
アメリカ政府の求めではないのでは無いか?
正面から交渉すれば打開の道が拓けると思っている。
入管法。準備不足なのに受け入れる。これには反対。
日本人の賃金も引き下げる。
長期で見て安上がりなのかどうか怪しい。
単純労働者を沢山受け容れることには反対。

片山コーディネーター

石川先生ここまでの纏めを!

石川コメンテイター

付け加えることは殆ど無い。
沖縄頑張れ!では無くて、自らの事として考える必要がある。
政府は基地建設を進めて諦めさせようと言う方針である。
政府が徹底的に強権を発揮しても沖縄の心は潰せない。
皆さまは、九州沖縄の議員である。
結集提携して共同声明や共同行動を行えるのでは無いか? 拍手。

入管法。
元は韓国で判決が出ている戦前戦中の徴用工。
九州福岡の実態から大いにアピールして頂きたい。
日本の労働者の問題でも有る。

片山コーディネーター
九州は移民で出て行った人も多かった。
逆のことが起こっている。

(休憩:15分)


【第2部 市民生活に密接に関わること】
  共通の政策はあるか? 各議員から重点指摘

仁比さん

消費税の強行
このような経済状況で増税とか有り得ないと云う点で
(今日参加した各党は)共通している。
実質所得は年間18万円減、家系所得は23万円減!。
一方で、大企業の儲けは2.2倍。
自民党はGNPの2%を軍事費にしようとしている。
軍事費・年間11兆円規模。
九州はピーク時、再生可能エネルギーで需要の93%もの発電能力が既にある。
九州を再生可能エネルギー中心の基地にして行こう。
みんなで共同行動をして行きたい。

吉川さん

安倍政権は『保育料の無償化』を押し出したがお金が無いと言っている。
自治体のサービスを低下させれば財政が厳しいことを住民が理解するだろう、と。
一方で過去最高の税収だと言っている。消費税が20兆円。
生活に掛かる事は全て消費税でみろと。
漁業法、種子法などの改悪が進められている。
次は林業。
林業は短期の経済には間尺に合わない。

野田さん

軽減税率は大変な問題。
「お持ち帰りですか?」 一つとっても大変。
機材の入れ替えに多大な費用が。
参議院定数の6増。
地方議員はドンドン減らされて来たのに、国会議員は増えて、その議員宿舎に1億8千マン。

山内さん

教育の格差。親の所得の格差が教育の格差になっている。
安倍政権は、それに対する
世襲大臣が多く、世襲格差には気が付かない。
安倍晋三の教育の再生は、戦前の教育の再生である。
誤った愛国心教育。
現場の先生も疲弊している。
教育は民主主義の基本です。
そこが危うくなっている。

稲富さん

カジノについて。
選挙を基準に政権に都合が悪いのは早く通したい。
選挙まで忘れてはいけない。
成長戦略として位置付けているが、賭博である。
カジノの実入りで国も地方もhappyと言うのが政府の考え。
「政府は儲かるカジノしか認定しない」と答弁。

石川コメンテイター

80年代との大きな違いは、3分間でキッチリ纏められること。
以前はマイクを持ったら離さない人が多かった。

共通する政策は何処にあるかが分かったのが成果。

片山コーディネーター

会場からの質問に答えて。

日本人は民度が低いと言う方がいますが?
安倍クーデタは、どのようにして止められますか?
水道法は阻止して欲しい、等など。

多くの質問の中で、改憲クーデタについて対抗策を各自ひとつだけ挙げて欲しい。
できれば労働法制も。

【改憲クーデタ・労働法制】

吉川

民度が低いと言うのは如何なものか?
戦争法反対では多くの人々が行動した。
しかし、国民が関心を持ち続ける為に活動する必要がある。
何とか会議
メンバーはどの会議も殆ど同じ。
これを変えるのは選挙しか無い!
野党が足並みを揃えながら一人区は共同してゆかなければならない。

野田さん
本当に安倍晋三のやりたい放題になっている。
「論議をしなくてもいい」と言う開き直り。
しっかりした対峙をしてゆかなければならない。
暴走する安倍内閣に対峙することが求められている。
労働法制も諦めずに戦って行く。
3分の2 占められているので選挙で変えるしか無い。

山内さん

韓国は軍事政権の元で戦って勝ち取った民主主義。
ナチスが出て来たのは、当時世界で最も民主的であったワイマール憲法の元で出て来た。
野党共闘は中々難しいが、国民投票では纏まれる。
労働法制では、ワークライフバランスが問題。

アメリカで労働組合が弱くなると伴に労働分配率が下がった。

稲富さん

安倍政権の本質は何か?
息苦しい社会なっている。
政権があらゆることに介入し制度を決めて行こうとする。
道徳教育をやれと言う。
日銀が大量の国債を買っている。
GDPの統計さえ変えてしまった。
自由を奪い国が決める政治。
生活の自由を如何守るか? と言う点で共同できるのでは?
非正規社員の問題。

仁比さん

民度の問題と働かせて放題とは同じ事象。
閉塞感とこれを打ち破ろうとする力。
若者が将来を描けず日々の生活に疲れ果てている。
有利子奨学金の返済で苦境に。 徳政令を出すべきだ。
311を目の当たりにして・・・
(文字変換ミスが続き書き取れず (-_-;) )
誇りある選択をするように。
それが6党の野党が結集することになった。
今日、ここに来られた各党の代表の熱い想いを改めて知る事ができた。
野党が本気の共闘を進めることが安倍クーデタを抑える。
この場を設けて頂いた主催者に感謝します。
次回は、自民党・公明党代表にも出て来て頂いて大いに議論しようではありませんか!(大拍手と喝采)

片山コーディネーター

仁比さんのニックネーム(熱血弁護士)通りの熱い発言で纏めのようになりましたが、これを受けて石川先生の熱い締めをお願いします。

【石川コメンテイターのまとめ】

熱い思いの後は覚めた目で。
NHK世論調査での安倍内閣の支持率は10月より11月の方が上がっている。
(以下、各党の支持率の10月と11月殿数値を上げられたが、とても記録が間に合わず、一部書き取れたものも削除)
(要約すると)
安倍内閣が4割半ばの支持率を保ち、自民党が3割半ばの支持率を持っているのに対して、立憲民主党も共産党も一桁代。
その他は1%にも及ばない支持率であることを肝に銘じるべき。
分断された野党に国民が殆ど期待していないことの現れ。
一方で支持政党無しは 40.7%(2018年11月)。
若い人。政治に展望が持てない。
特に野党に期待していない。

福岡市長選では3人に1人しか投票に行っていない。

政党の英語は(Party)であり、それは部分部分(Part)の意見を代表すると言う意味。政党である以上政策が異なることは悪いことでは無い。
野党に違いがある事は大事。
その中で、安倍政権打倒の一つの目標で結集する。

兎に角一致点で共同して戦うしか無い。

福岡から『人民戦線』的な流れを作って行こうではないか!
と云うのが本日の集会のテーマ
【福岡から政治の流れを変えよう】で、
此処から新しい流れを創り上げて欲しい。
参加された議員の皆さんが、まず共同行動を起こされることを強く望みます。

片山さん

水曜日には東京で全国レベルの集まりが持たれた。

今日は鹿児島でも行われている。
宗像や北九州でも行われた。
動きは既に始まっている!

なお、本日の参加者は、ほぼ二百人でした。
募金も〇〇円、集まりました(金額発表)!

以上で終わります。  



関連記事
スポンサーサイト



テーマ:政治 政党 市民 投票 選挙 政治参加 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/5120-695b79d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

市民と政党の対話集会に吉川はじめ @YoshikawaHajime が参加しました

  12月1日(土)、市民連合ふくおか(@shimin_fukuoka)主催による「福岡から政治の流れを変えよう -市民と政党の対話集会-」(於ふくふくプラザ1階ホール)に吉川はじめ 幹事長がパネラーとして参加いたしました。     集会の冒頭、吉川より政治情勢の危機感についての現状認識を次のようにお話させていただきました。   今の政治情勢についてどう考えるか...

  • 2018/12/02(日)03:36:42 |
  • 社民党福岡県連合