FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

陸上自衛隊の迫撃砲が演習場から逸脱し国道を直撃!間一髪で人身事故に!

2018年11月16日(金)

日刊スポーツの記事が重点を捉えて解り易い!

2018111700593224d.jpg

恐怖の陸自演習…砲弾が一時行方不明 人的ミス原因
日刊スポーツ ー 2018年11月16日(金)
https://www.nikkansports.com/general/news/201811160000179.html
201811182054423c5.jpg

陸上自衛隊饗庭野(あいばの)演習場(滋賀県高島市)に隣接する国道303号付近に81ミリ迫撃砲の実弾1発が落下した事故で、陸自は15日、新たに2発の着弾地域が不明だったと明らかにした。その後、この2発を演習場内で発見した。演習場内に着弾したとみられる場合、通常は捜索しないことが多いという。

陸自によると、14日午後1時15分から約30分間、81ミリ迫撃砲2門を使い試射を実施した。それぞれ3発ずつ撃ったが、うち1門から発射された最初の2発が目標地域から外れて着弾地域が確認できず、3発目が演習場外で民間車両のガラスを割った。

この3発を撃った後に方角や角度を修正して発射した弾は、いずれも目標地域で確認されており、山崎幸二陸上幕僚長は15日の記者会見で「人的ミスが有力な要因と考えられる」と述べた。民間の車両が被害を受けたことには「通常起こり得ない事態。極めて深刻に受け止めている」と陳謝した上で、同演習場での実弾を使用する全ての訓練を当面中止すると表明。実弾訓練の中止はこの日、高島市の福井正明市長が求めていた。

また、演習場を管理する陸自今津駐屯地は14日午後2時半ごろ、県警から砲弾落下の連絡を受けたが、全ての実弾射撃を中止するまで約30分かかったことも分かった。部隊はその間に81ミリ迫撃砲12発を発射しており、山崎氏は「極めて大きな問題」と経緯を調べる方針を示した。

◆81ミリ迫撃砲 陸上自衛隊の普通科部隊に配備されている火器。放物線を描くように飛ばしたりゅう弾を、地上や地上近くでさく裂させる。強固な建物や車両を破壊する力はないが、数十メートルの範囲の人を破片などで殺傷する威力があるとされる。




‪陸上自衛隊:国道近くに迫撃砲着弾 破片当たり車の窓破損 ‬
‪毎日新聞 ー 2018年11月15日(木)‬
‪https://mainichi.jp/articles/20181115/k00/00m/040/143000c‬

 14日午後1時20分ごろ、滋賀県高島市の陸上自衛隊饗庭野(あいばの)演習場に隣接する国道303号近くに迫撃砲弾が着弾し、道路脇に停車していた同市の朽木漁協組合長、川村長太郎さん(71)のワゴン車の窓ガラスが割れるなどした。砲弾は直撃せず、爆発した弾の破片が当たった可能性がある。けが人はいなかった。陸自は同型の迫撃砲の使用を中止し、詳しい原因を調べている。【前谷宏、塚原和俊】

 岩屋毅防衛相は、防衛省で記者団の取材に「誠に申し訳ない。大きな被害につながった恐れがあり、深刻に受け止めなければいけない。安全の徹底を図りたい」と陳謝した。

 防衛省によると、饗庭野演習場では午前8時ごろから、陸自第37普通科連隊(大阪府和泉市)が射撃訓練を始めた。午後1時15分ごろからは81ミリ迫撃砲の射撃を約30分間実施。この際、実弾1発(長さ約40センチ、重さ約4キロ)が演習場の境界付近に落下した。迫撃砲は約2.5~3キロ先の演習場内を狙っていたが、予定の着弾地点とは北に約1キロずれていた。岩屋氏は「本来落ちてはいけないところであり、演習場外だったという認識だ」と話した。

 迫撃砲の発射は4人1組で行い、安全管理や着弾地点の監視要員もいたが、すぐに発射ミスに気づかず、滋賀県警から連絡を受けた午後2時半ごろになって、国道付近への着弾に初めて気づき、訓練を中止したという。陸自は操作ミスか機械的な不具合があったとみて、事故調査委員会を設置して調査している。

 81ミリ迫撃砲は全国の普通科部隊に配備されている。地上に設置し、角度や方向などを変えながら放物線を描くように砲弾を発射する。砲身の長さ128センチ、重さ約38キロ、最大射程は約5600メートル。今回使用した砲弾は落下時に爆発し、金属片を周囲に飛散させるタイプだという。





‪砲弾発射設定ミスか 陸自‬
‪日本経済新聞 ー 2018年11月16日(金)‬
‪https://www.nikkei.com/article/DGKKZO37803500V11C18A1CC1000/‬

‪陸上自衛隊饗庭野演習場(滋賀県高島市)の81ミリ迫撃砲弾落下事故で、隊員が目標地域に向かうコースから北に外れているのに気付かず、距離を伸ばして発射したため、演習場に隣接する国道303号付近に落下したことが15日分かった。陸自は発射する方角や角度の算出、設定などを誤ったとみて調べている。‬

‪山崎幸二陸上幕僚長も15日の定例記者会見で「人的ミスが有力な要因と考えている」と述べた。‬





関連記事
スポンサーサイト



テーマ:自衛隊/JSDF - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/5106-93309266
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)