FC2ブログ

JUNSKY blog 2018

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

慰安婦像設置を政治問題にすればするほど泥沼に!

2018年10月11日(木)

『戦時性奴隷』問題に取り組んだ2人がノーベル平和賞を受賞して
喝采を受ける中で『慰安婦像』を巡って大阪市長の時代錯誤!

慰安婦だけではなく、
拉致して炭鉱などで強制労働させた事件も同様。
歴史的事実を受け止めそっとしておけば良いものを
政府や自治体を上げて抗議するから
ますます慰安婦問題などがクローズアップされて
日本が世界の笑い者に成る!

当時の日本が(日本軍も関与して)
朝鮮(南・北に分かれる前)でも
中国(大陸と台湾に分かれる前)でも
実際に行ってきたことに対する
歴史的標識としての『慰安婦像』『強制労働者像』であり
日本が当事国に慰安婦像の撤去を求めたり
設置を批判する資格は無い!

     *****

大阪市、米サンフランシスコに姉妹都市関係解消を通達
慰安婦像設置めぐり
 AFP・時事 - 2018年10月5日(金) 18:40配信
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181005-00000042-jij_afp-int

2018101123533929d.jpg

(前略)

 これに対しサンフランシスコ市のロンドン・ブリード(London Breed)市長は、慰安婦像の設置について「奴隷状態と性的目的の人身売買の恐怖」に耐えてきた全女性に敬意を表するものと擁護。

 また「両市民の間で60年以上続いた関係を、一市長が一方的に終わらせることはできない」とし、姉妹都市関係の解消を拒否する意向を示した。
(以下略)


20181011235340c4d.jpg





大阪市、米サンフランシスコに姉妹都市関係解消を通達
慰安婦像設置めぐり

 AFP・時事 - 2018年10月5日(金) 18:40配信
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181005-00000042-jij_afp-int

【AFP=時事】
米サンフランシスコ市に設置された慰安婦像をめぐり、大阪市は今週、サンフランシスコ市に姉妹都市関係の解消を通知する公開書簡を送った。大阪市の吉村洋文(Hirofumi Yoshimura)市長は書簡の中で、「両市の信頼関係は根本から崩れた」と述べた。

 大阪市は昨年、サンフランシスコ市が慰安婦像の寄贈受け入れを承認したことを受け、同市との60年にわたる姉妹都市関係を解消する方針を表明していた。

 これに対しサンフランシスコ市のロンドン・ブリード(London Breed)市長は、慰安婦像の設置について「奴隷状態と性的目的の人身売買の恐怖」に耐えてきた全女性に敬意を表するものと擁護。

 また「両市民の間で60年以上続いた関係を、一市長が一方的に終わらせることはできない」とし、姉妹都市関係の解消を拒否する意向を示した。

 大阪市の担当者は5日、AFPの取材に応じ、姉妹都市解消は有効なものと主張。市民からはさまざまな反応が寄せられているが、大半は姉妹都市関係解消を支持する内容だと語った。

 担当者によるとサンフランシスコ市側からの正式な回答は今のところなく、大阪市としては再検討の考えはないという。
【翻訳編集】 AFPBB News




関連記事
スポンサーサイト

テーマ:難民、移民問題 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/5069-bc335732
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad