FC2ブログ

JUNSKY blog 2018

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

毎日新聞【中村文則の書斎のつぶやき『おごれる人、久しからず‬』】

2018年10月7日(日)

毎日新聞のWEB記事に『平家物語』の一節が掲載されていたので
読んでみた! 中々興味深い論考だったのでリード文だけとはなるが引用する。

‪中村文則の書斎のつぶやき:おごれる人、久しからず‬
‪毎日新聞 ー 2018年10月6日(土)‬
‪https://mainichi.jp/articles/20181006/ddl/k23/070/187000c‬

 平家物語に、盛者必衰、おごれる人も久しからず、と有名な言及がある。栄えた者も必ず衰えるのだし、地位や財力に思い上がっている人間は、いつか終わる。

 日本の感覚の中に、これらの言葉は自然にあるように思う。だがもう終わるべきタイミングにあることが、いつまでも終わらず続いている。不当な法案の強行採決の連続、モリカケ問題、データの捏造(ねつぞう)、公文書改ざん・破棄、外交の失敗の連続。あらゆることをしても終わろうとせず、自民党総裁は2期とのルールまで変え3期まで始めている。しかしここにきて、さすがに無理が現れている。

 総裁選で、対抗馬の石破茂氏が、党員票の45%を獲得した。前回の総裁選より安倍晋三首相は党員票を伸ば

(以下略;有料記事)


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:安倍政権 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/5065-3e3d33af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad