FC2ブログ

JUNSKY blog 2018

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

またもや台風が日本列島の南から北まで縦断?!

2018年9月30日(日)

福岡市では、午前中は風雨とも弱かったが、
午後2時前後になると風が強くなって来た!
雨の方は、今のところそれほどでも無い。
2018年9月30日 14:50

既に次の台風も待ち構えているらしい。

201809301523407be.jpg

台風24号関連ニュース
NHKー 2018年9月30日(日) 13時34分
20180930150724c05.jpg

非常に強い台風24号は、九州や、四国の一部を暴風域に巻き込みながら北東へ進んでいて、九州南部では1時間に100ミリを超える雨が降るなど猛烈な雨や風となっています。台風は30日夕方から夜にかけて、四国や近畿にかなり接近して上陸するおそれがあり、10月1日にかけて東日本や北日本を含む各地で記録的な暴風や高潮になるおそれがあるほか、各地で大雨となる見込みで厳重な警戒が必要です。



・・・・・・・・・・

首都圏のJR在来線、午後8時以降の運転見合わせ
日刊スポーツ(共同)ー 2018年9月30日 13時56分
https://www.nikkansports.com/general/news/201809300000448.html

台風24号が接近する影響で、JR東日本は30日午後8時以降、首都圏を走る全ての在来線の運転を見合わせると発表した。早めの帰宅を呼び掛けている。

JR東日本によると、午後5時に高尾以西の中央線を、午後6時以降に湘南新宿ラインや京葉線などをそれぞれ運休。午後8時以降は全路線の運転を見合わせる。





・・・・・・・・

NHKー2018年9月30日(日) 15時11分
201809301523410e3.jpg

非常に強い台風24号は、九州や四国の一部を暴風域に巻き込みながら北東へ進んでいて、四国を中心に非常に激しい雨が降っています。台風は、30日夕方から夜にかけて、四国や近畿にかなり接近して上陸するおそれがあり、東日本や北日本を含む各地で記録的な暴風や高潮になるおそれがあるほか、各地で大雨となる見込みで厳重な警戒が必要です。

気象庁の発表によりますと、非常に強い台風24号は、午後3時には高知県足摺岬の南60キロの海上を1時間に45キロの速さで北東へ進んでいるとみられます。

中心の気圧は950ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45メートル、最大瞬間風速は60メートルで、中心の南側190キロ以内と北側150キロ以内では、風速25メートル以上の暴風が吹いています。

この時間、宮崎県、大分県、それに高知県、愛媛県が台風の暴風域に入っています。

各地で風や雨が強まり、宮崎県西都市では、正午前に41.3メートル、高知県足摺岬で、午後1時前に35.6メートル、それに和歌山県の南紀白浜空港で、午後2時ごろに31.9メートルの最大瞬間風速を観測しました。

また、午後2時半までの1時間には高知県の馬路村魚梁瀬で64ミリ、宿毛市で50.5ミリの非常に激しい雨が観測されたほか、愛媛県西条市で42ミリの激しい雨が降りました。

これまでの雨で、宮崎県、大分県、熊本県、鳥取県、愛媛県、それに徳島県では土砂災害の危険性が非常に高まり、「土砂災害警戒情報」が発表されている地域があります。

また、宮崎県、大分県では氾濫の危険性が非常に高い「氾濫危険水位」を超えている川があります。
強い勢力のまま上陸か

台風は、このあと速度を上げながら北東へ進み、30日の夕方から夜にかけて非常に強い勢力を維持したまま、四国や近畿にかなり接近して上陸するおそれがあります。

その後、1日にかけて東日本や北日本を通過するおそれがあり、台風が接近する地域では急激に風が強まって猛烈な風が吹き、特に近畿・東海・関東では記録的な暴風になるおそれがあります。

1日にかけての最大風速は、
▽九州南部と四国、近畿で45メートル、
▽東海で40メートル、
▽九州北部と関東甲信で35メートル、
▽東北と北陸、奄美地方、伊豆諸島で30メートル、
▽北海道と中国地方で25メートルと予想されています。

最大瞬間風速は、
▽九州南部と四国、近畿、東海で60メートルに達するほか、
▽九州北部と関東甲信で50メートル、
▽東北と北陸、奄美地方、伊豆諸島で45メートル、
▽北海道と中国地方で35メートルと予想されています。

1日にかけての波の高さは、
▽九州南部と四国、近畿、東海で13メートル、
▽伊豆諸島で12メートル、
▽関東で11メートルと猛烈にしけると予想されるほか
▽沖縄・奄美と九州北部、東北で8メートル
▽北海道で6メートルの大しけとなり、
▽東京湾でも5メートルのしけが予想されています。

さらに30日は、西日本から北日本にかけての太平洋側を中心に高潮になり、特に東海では30日夜から1日未明にかけて、昭和34年の伊勢湾台風で観測した最高潮位に匹敵する記録的な高潮となるおそれがあり、堤防を越えて浸水の被害がでる危険性があります。

西日本と東日本、北日本では台風の接近に伴い、急激に雨が強まって猛烈な雨が降るおそれがあります。

30日昼までの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで
▽東海で500ミリ、
▽近畿で400ミリ、
▽関東甲信で350ミリ、
▽四国で300ミリ、
▽北陸で250ミリ、
▽九州北部と中国地方で200ミリ、
▽東北で180ミリ、
▽九州南部と北海道で150ミリと予想されています。

気象庁は、暴風や高波、高潮のほか、土砂災害や川の氾濫、低い土地の浸水に厳重に警戒するとともに、落雷や竜巻などの突風にも十分注意するよう呼びかけています。

台風が近づく前に安全な場所に避難し、雨や風が強まってからは外出を控えるなど身の安全を確保してください。
伊勢湾台風とは

伊勢湾台風は、昭和34年9月末に和歌山県に上陸した台風で、進路の東側にあたる伊勢湾の沿岸部で記録的な高潮が発生し、台風災害としては明治以降最悪となる5000人を超える人が犠牲となりました。

高潮は猛烈な風による吹き寄せと、気圧の低下に伴う海面の吸い上げによって発生し、愛知県や三重県沿岸部の低い土地を中心に、短時間のうちに大規模な浸水が起きました。

多くの住宅が流されたほか、当時あった貯木場から多くの木材が流れ出し被害を拡大させました。

また、広い範囲で水がはけず、浸水した地域から完全に水が引いたのはおよそ3か月後でした。

その後、伊勢湾台風と同じ程度の高潮が発生しても浸水を防げるよう防潮堤が整備されましたが、国土交通省によりますと、防潮堤の外側にも建物があり、浸水のおそれがあるということです。また、気象庁は、高潮の潮位が堤防を越えていなくても、高波と重なることで堤防を越えて浸水のおそれがあり、海岸や河口付近では厳重に警戒するよう呼びかけています。


・・・・・・・・・・


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:台風 - ジャンル:ニュース

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/5058-a0dab556
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad