FC2ブログ

JUNSKY blog 2018

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

大分地裁も伊方原発の再稼働を認める『腰抜け決定』!

2018年9月29日(土)

これは先日の広島高裁の決定の続きでは無く、
大分地裁による仮処分請求への決定である。
日本の裁判所は権力や強い者には無抵抗なのか?!

・・・・・

20180926133812c93.jpg

伊方原発:運転差し止め認めず 大分地裁 ‬
‪毎日新聞 ー 2018年9月28日(金)‬

‪https://mainichi.jp/articles/20180928/k00/00e/040/306000c‬

 四国電力伊方原発3号機(愛媛県伊方町、停止中)について、大分県の住民が運転差し止めを求めた仮処分申請で、大分地裁(佐藤重憲裁判長)は28日、住民側の申し立てを却下する決定をした。四電は10月27日の再稼働に向け、準備を進めるとみられる。

 伊方原発3号機を巡っては、広島高裁が25日、運転差し止めを命じた昨年12月の同高裁決定を取り消したばかりだ。司法が再び「待った」をかけるのかどうか、大分地裁の決定が注目されていた。

 愛媛県の対岸に位置する大分県は、伊方原発まで最も近い場所で約45キロの距離にあり、住民側は原発事故が起きれば危険が及ぶと主張。阿蘇カルデラ(熊本県)が破局的噴火をした場合の危険性などを訴えていた。これに対し、四電側は巨大噴火について「可能性は十分小さい」などと反論していた。
【田畠広景】




伊方原発‬
‪「一番ひどい決定」敗訴の住民側憤り 大分地裁 ‬
‪毎日新聞 ー 2018年9月28日(金)‬

‪https://mainichi.jp/articles/20180929/k00/00m/040/150000c‬

3号機の運転差し止め求める仮処分申請が却下

 「司法は屈した」。大分地裁前に集まった申立人や支援者ら約70人は、28日午後3時過ぎ、掲げられた垂れ幕を見てため息を漏らした。伊方原発3号機の運転差し止めを求める仮処分申請が「理由がない」として却下された同地裁決定。住民らは各地で出された同様の仮処分決定などを踏まえ「これまでで一番ひどい」と憤った。

 決定後、大分市内の大分県弁護士会館で記者会見した住民側の弁護団は「積極的に原発の危険性を審理しようという姿勢が著しく欠如している」と厳しく非難。この日の大分地裁決定は、運転差し止めを取り消した25日の広島高裁決定でさえ合理性を否定した原子力規制委員会の手引書「火山影響評価ガイド」を肯定した。弁護団はこの点を特に問題視し「権力側に追従しようという姿勢を如実に示している」と指摘した。

 申立人の一人、中山田さつきさん(64)=大分県杵築市=は「こんなものを受け取るために申し立てたわけではない」と怒りをあらわにした。「福島第1原発事故を見れば、大分も被害を受けるのは明らか。なぜ原発のために暮らしが脅かされないといけないのか」と語気を強めた。

 住民グループ「伊方原発をとめる大分裁判の会」の小坂正則事務局長(65)=大分市=は、地裁が四電側の噴火リスクなどへの考え方に「不合理な点がない」とした判断について「原発に対する我々と裁判所の社会通念があまりに乖離(かいり)している。まだまだあきらめる必要はない。希望を持って闘いたい」と前を見据えた。
【津島史人】




関連記事
スポンサーサイト

テーマ:「原発」は本当に必要なのか - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/5057-c23f372c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad