FC2ブログ

JUNSKY blog 2018

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

『沖縄は取り戻さないのか』永田 健 西日本新聞コラム

2018年9月23日(日) 秋分の日


今日の西日本新聞のコラム『永田 健 の時代ななめ読み』に注目した!

安倍晋三の威勢のいい『日本を取り戻す』に
沖縄は入っているのか?!を問うている。

おおいに共感したので紙面を掲載します。


20180924195210108.jpg


沖縄は取り戻さないのか
【永田健の時代ななめ読み】
西日本新聞 ー 2018年09月23日 10時51分
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/reading_oblique/article/451844

 8月に亡くなった翁長雄志(おながたけし)沖縄県知事は、聞く人の胸に響く、というか、ボディーブローのようにこたえる言葉を数多く残した。

 その中に一つ、こういう発言がある。

 「総理の言う『日本を取り戻す』の中に、沖縄は入っていますか」

 翁長氏の著書によれば、2015年9月、安倍晋三首相と首相官邸で面会した時に発した言葉だ。首相の返事はなかったという。

   ◇    ◇

 今月中旬、沖縄に行った折に那覇市の琉球朝日放送(QAB)を訪ね、14年前のニュース映像を見せてもらった。2004年8月、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の軍用ヘリが、隣接する沖縄国際大の構内に墜落した時の映像である。

 ヘリは爆発、炎上して校舎の壁を焼いた。破片が付近の民家の窓を突き破り、寸前まで赤ん坊が寝ていた部屋に飛び込んだ。

 さらに驚かされたのは、周辺になだれ込んできた米兵たちの行動だった。米軍基地の中でもない大学や住宅地に勝手に規制線を引き、学長や警察官でさえ入れなくしたのだ。

 映像にはその様子が鮮明に記録されている。

 中に入れないQABの記者が規制線の外側からリポートしようとしても、米兵がカメラを帽子で覆い、妨害する。「ここは公共の場だ」「何の権利があって妨害するんだ」と記者が英語で抗議するが、米兵は無言で記者を排除しようとする。住民が「ここは基地じゃないんだ」と叫んでも意に介するそぶりもない。

 私がこの映像を見ていて怒りがこみ上げてくるのは、記者という同業者であるからだろうか。日本人であるからだろうか。

   ◇    ◇

 当時、現場に一番乗りしたQABの笠間博之カメラマンは、規制線をすり抜けて校舎内に入り、煙を上げる事故機を近くから撮影した。それに気付いた米兵が、笠間さんと記者を構外に追い出した。

 さらに米兵は、撮影したテープを取り上げようと笠間さんを追いかけてきた。笠間さんは同僚にそっとテープを渡し、持っていくよう無言で指示した。大柄な米兵に囲まれた笠間さんは空のカメラを見せ「テープ、ノー」で押し通した。

 「とにかく撮って、伝えなきゃいけないと必死だった。一番腹が立ったのは、われわれを規制する現場の上を、米軍の別のヘリが飛んで撮影していたことですね」と笠間さんは語る。

 この時の米兵の行動は、日米地位協定によって正当化され、当時の日本政府もそれを追認した。

 QABの報道部長によれば、16年12月に米軍オスプレイが名護市の海岸に不時着し大破した事故でも、現場での米軍の取材規制は同じだった。「現場に入れない、というところを撮り続けてくれ」とカメラマンに指示したという。

   ◇    ◇

 「日本を取り戻す」という威勢のいいスローガンで政権に復帰した安倍首相は任期中、一度も日米地位協定の改定を米国側に要求していない。このほど自民党総裁選で勝利し、3選を決めた。翁長氏の「『日本を取り戻す』に沖縄は入っていますか」の問い掛けは、宙に浮いたままだ。

 その沖縄では今、翁長氏の後任を決める知事選が行われている。

 (論説副委員長)

=2018/09/23付 西日本新聞朝刊=



関連記事
スポンサーサイト

テーマ:沖縄米軍基地問題 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/5051-f93740c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad