FC2ブログ

JUNSKY blog 2018

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

北海道地震で全電源喪失! 泊原発も交流電源喪失で一時危険な事態に

2018年9月8日(土)


北海道を突如襲った震度7の地震は、大規模な土砂崩れを起こしただけでは無く、
震源近くの火力発電所が緊急停止したことから、北海道電力の全発電所が
ドミノ倒しのように緊急停止し、北海道全土で停電すると言う異常事態に陥った!

泊原発でも一時交流電源が喪失し危険な事態に!
非常用ディーゼル発電機を稼働して事無きを得たと言うが、
流通遮断が長期に及べば、ディーゼル燃料も枯渇し
使用済み燃料が過熱暴走する可能性もある。

この震源が泊原発直下であった可能性を考えるともっと恐ろしい事態である。

日本全国何処で今回のような大地震が発生するか判らず、
全原発が危険な状態にあると言っても過言では無いと思う。

火力発電所は、今回のような事態に陥っても放射性物質を放出したり核爆発を
起こしたりしないが、原発の場合は最悪「核爆発を起こす」可能性もあり
全く危機の度合いが異なるのである。

全原発を直ちに廃炉にし、再生可能エネルギーに転換するべきである。

北海道も泊原発無しでも供給量は充分足りているようである。

泊原発は既に停止中であった今回の事態で、休眠中の多くの火力発電所や
水力発電所を再稼働して対応できたことを考えれば原発は無くてみ足りている。

九州電力では、再生可能エネルギー購入量が原発の7機分にも相当する状況であり
『電源安定化』を口実に(原発の再稼働の為に)再生可能エネルギーの購入制限を
しようとしている程であり、原発が不要なことは明瞭である。


西日本新聞紙面より

20180909194157287.jpg

2018090919430660f.jpg

20180909194310df6.jpg

2018090919430826e.jpg

2018090920110614e.jpg

201809092011096dd.jpg

20180909201110c76.jpg


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:地震・天災・自然災害 - ジャンル:ニュース

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/5037-61ac3a01
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad