FC2ブログ

JUNSKY blog 2018

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

『アベノミクス』のマヤカシの正体を暴く(笑)2つの記事

2018年9月3日(月)


興味深い2つの記事をご紹介します!

1つは経済WEB【MONEY VOICE】から

もう1つは【毎日新聞】から。


アベノミクスで賃金が上がらなかった当然の理由
 MONEY VOICE - 2018年9月2日
 https://www.mag2.com/p/money/520936

アベノミクスでの雇用改善も経済成長も全部まやかしです。
なぜ私たちの賃金は上がらないのか。
企業が内部留保に励まざるを得ない理由とともに解説します。

雇用改善は真っ赤なウソ。なぜ私たちの賃金は上がらないのか?
あたかも「成長しているかのように見える」日本経済
これまで当メルマガで説明したように、アベノミクスとは、すでに破産状態にある米国のドルを買い支えるための「円安ドル買い政策」のことです。

アベノミクスは、そもそもが経済政策ではないのですから、日銀頼み金融政策によって、その成果を横取りするだけのサギノミクスであることは明らかです。

兜町や外資、そして当の日銀でさえ、一刻も早くアベノミクスを終わらせて金融秩序を取り戻さなければ、「失われた20年どころか」、それこそ永遠の0に収斂されていくことを理解しているのです。

安倍内閣は、2016年にGDPの算出方法を変更して、武器の購入費、研究開発投資までもGDPに算入して水増をやっています。つまり、自分たちで都合の良いルール変更を行って経済指標を「つくっている」のです。

だから、2016年以降のGDPは、これら調整分を加えて毎年5兆円ずつ上乗せされていくので、GDPの算出方法の変更前である2015年ベースと2018年ベースとを比較すると、あたかも日本の経済は成長しているかのように見えているのです。

実態は、「まったく成長していない」どころの話ではなく、日銀の量的金融緩和によって円の価値が大きく棄損されてしまったため、国内経済はどーんと弱くなってしまったのです。
(以下略)



法人企業統計
内部留保446兆円に 過去最高 17年度
 毎日新聞 - 2018年9月3日(月) 11時39分
 https://mainichi.jp/articles/20180903/k00/00e/020/199000c

企業の内部留保(利益剰余金)の推移=共同

 財務省が3日発表した2017年度の法人企業統計では、企業が蓄えた内部留保に当たる利益剰余金が、金融・保険業を除く全産業で前年度比9.9%増の446兆4844億円となり、6年連続で過去最高を更新した。景気好調を背景に、自動車や電子部品などが売り上げを伸ばし、企業の利益蓄積を押し上げたとみられる。ただ人件費の割合は伸びておらず、企業に対して賃上げを求める声が一段と高まりそうだ。

 製造業は9.1%増の153兆3205億円、非製造業は10.4%増の293兆1639億円だった。

 経常利益は11.4%増の83兆5543億円で、過去最高を更新した。(共同)



【関連記事】

【図解・経済】内部留保の推移(2018年9月):
時事ドットコム ー 2018年9月3日(月)
https://www.jiji.com/jc/graphics?p=ve_eco_company20180903j-05-w390
@jijicomさんから
20180907202458a62.gif
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:安倍政権 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/5032-5a6028cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad