FC2ブログ

JUNSKY blog 2018

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

戦没者慰霊式の2018 安倍晋三式辞と明仁天皇の『お言葉』の落差!

2018年8月15日(水) 所謂『終戦記念日』

2018年(平成最後の)【戦没者慰霊式】が挙行され、天皇・皇后夫妻も参加し、
明仁天皇がここ数年来と同様に戦争責任に触れる『お言葉』を述べられた。

衆議院議長・参議院議長は、日本国憲法の平和主義原則にも触れたが、
日本国総理大臣である安倍晋三は、日本軍による加害責任には触れなかった。

安倍晋三の式辞の 内容の無さは、多くのメディアが指摘しているとろである。

終戦の日:陛下、三たび「深い反省」 首相は「加害」触れず
毎日新聞 ー 2018年8月15日(水)
https://mainichi.jp/articles/20170816/ddn/001/040/004000c

 終戦から72年となる15日、政府主催の全国戦没者追悼式が開かれ、遺族や安倍晋三首相ら6167人が参列した。
会場の東京都千代田区の日本武道館には100人を超える18歳未満の遺族も集い、不戦の誓いを引き継ぐ決意を新たにした。
天皇陛下は大戦について、戦後70年の2015年から3年続けて「深い反省」との表現を使い、平和を祈る気持ちを示された。
陛下の退位を実現する特例法が6月に成立してから初めての追悼式。

 追悼される戦没者は、日中戦争と第二次世界大戦で犠牲となった約310万人。
(以下略)



20180817194943666.jpg


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ニュース - ジャンル:ニュース

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/5013-51afc827
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad