FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

豪雨災害の死者二百人超! 命の危険が迫る熱暑地獄 熱中症に周りの方も注意!

2018年7月17日(火)

豪雨災害の後は、連日に熱暑地獄!

災害ボランティアの人々の中にも熱中症に見舞われて
病院に担ぎ込まれる人々も出ている様子。

貴徳なボランティアの人々が倒れて却って被災地の
迷惑になると言う難しい状況になっている。

特に、被災した人々を応援したいと言う心意気の高い中高年の方々は、
今後の長期に亘る被災地支援を見越して、今の熱暑地獄の日々には
現地でのボランティア活動は避けて、他の方法で応援した方が
良いのでは?! と思う。

また、ボランティア活動では無くても 熱中症に陥る可能性は高く、
高齢者や児童には取り分け危険性が高いと言う警告が出されている。

NHKニュースなどでは異例の『命に関わる事態です』と警鐘を
鳴らしている。

熱中症に成りかけても自分では判らないことが多いそうで、
周りの方が声を掛けたり水分や塩分の補給を促したり、
通院を促したりした方が良いらしい。



西日本豪雨
被災地で熱中症相次ぐ 3県で136人搬送
毎日新聞2018年7月14日 23時40分
https://l.mainichi.jp/HYnHz0m

 列島が高気圧に覆われた14日、全国的に猛烈な暑さとなった。西日本豪雨の被災地でも朝から気温が上昇し、広島県三次市で37.1度を記録。甚大な被害が出た広島、岡山、愛媛3県の被災地域では、熱中症の疑いで計136人が救急搬送され、広島県三原市で90代の女性が死亡した。暑さ対策が求められている。また、この日は被災地に全国からボランティアが駆けつけた。毎日新聞のまとめでは、この3県24市町に少なくとも計約6400人が集まった。

 気象庁によると、岡山県高梁市で37.0度、愛媛県大洲市で36.2度を記録するなど、50の観測地点のうち17地点で35度以上の猛暑日。35地点で今年の最高気温を更新した。広範囲で浸水被害が相次いだ真備(まび)町地区がある、岡山県倉敷市の最高気温は34.9度に達し、照りつける日差しで路面付近にかげろうが見えた。3県の搬送者数は、広島47人▽岡山64人▽愛媛25人-だった。

 猛暑はチベット高気圧と太平洋高気圧が重なったことが原因とみられる。勢力の強い太平洋高気圧が上空約5000メートルで列島を広く覆い、さらに約1万5000メートル付近でチベット高気圧が中国大陸から張り出した。この影響で厳しい暑さは2週間ほど続く見込み。

 環境省によると、熱中症の危険度を示す暑さ指数は、「危険」「厳重警戒」「警戒」の順に5段階に設定。15、16の両日は、被災3県の47地点中46地点で、「危険」「厳重警戒」となっている。気象庁も高温注意情報を出して注意を呼びかけている。

 被災3県では、片付け作業中の被災者らが熱中症で相次いで搬送された。各地の消防によると、真備町地区では、21~86歳の男女23人が運ばれた。大洲市では、がれきを撤去していた被災者の男性(82)が搬送された。広島県の呉市や熊野町でも、土砂の搬出作業などをしていたボランティア計3人が暑さで体調を崩して運ばれた。

豪雨死者208人、不明25人
 一方、豪雨による犠牲者はさらに増え、毎日新聞の集計で14日午後7時現在、死者は14府県で208人、安否不明者は4県で25人となった。広島県では14日、尾道市で安否不明だった60代の女性の遺体が見つかったほか、広島市や呉市でも新たに死亡が確認された。
【松本光樹、遠藤浩二】




関連記事
スポンサーサイト



テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/4984-01ea74bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)