FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

国際競争力 中国が大幅に順位上げ 日本は大幅後退

 今朝の「朝ズバッ!」でも、取上げていたが、国際経営開発研究所が10日発表した2007年版の国・地域別の国際競争力ランキングでは、1位のアメリカは別格として、
上位には、スイス、ルクセンブルグ、オランダ、オーストリアなど、欧州の国土の小さい国が上位に連なっていた。
上位20位を列挙していたが、そこには、日本は無く、欄外に書いてあった。
昨年の17位から、大幅落ちの24位。

ランキンググラフは、ここをクリック。 (但し、PDFファイルに付き注意)

 アメリカ追随で、外交よりも軍事一辺倒で、いわゆる“先進国”の中で唯一継続して軍事費を増やし、社会福祉を削ってきた結果がこれだ。
 独立国とは到底思えないアメリカ一辺倒の政府の無能な政策が、国際ランキングも大幅に低下させる羽目になった。

 国土の小さい日本も、アメリカの呪縛から離脱し、欧州の小国に学べば、もっと良い国に成長できるだろうに。
 日本の見かけの“経済力”は、リストラや非正規雇用による欧州に比べて極めて低い労働コスト(労働分配率)に依拠しており、このため国民の力(購買力や文化・芸術、創造力等など)が低下していることが、このランキング大幅低下の原因ではないかと思う。

 その不祥事続発の無能な安倍内閣が、任期中に(人気ランキングはすでに低下しているが)憲法を「戦争の出来る憲法」に変えようとしている。
 改憲の露払いとなる「国民投票法」=改憲手続き法案を、近々参議院でも強行採決しようとしている。

 何としても、阻止しなければ!

国際競争力ランキング
今年度のランキングは、ここをクリック(PDF)
昨年度のランキングは、ここをクリック

*******************************************
今日も御覧頂きありがとうございます。
ランキング・クリックに御協力お願いします。

*******************************************

*******************************
国際競争力、日本は中国に抜かれ24位に転落
2007年5月10日(木)01:36   讀賣Web版

 【ロンドン=中村宏之】スイスに本拠を置く国際経営開発研究所(IMD)が10日発表した2007年版の国・地域別の国際競争力ランキングで、日本は昨年の16位から24位に順位を下げた。

 高成長を続ける中国は昨年の18位から15位に上昇し、初めて日本を上回った。

 首位は06年と同様に米国で、シンガポール、香港と続いた。
*******************************

国際経営開発研究所のリンク (英語)


国際競争力トップは米国、中国が大幅に順位上げ日本は後退=報告書(ロイター) - goo ニュース
日本の経済競争力、24位に後退 中国に抜かれる(朝日新聞) - goo ニュース
国際競争力、日本は中国に抜かれ24位に転落(読売新聞) - goo ニュース
*******************************


World Competitiveness

The 2007 edition of IMD’s World Competitiveness Yearbook highlight a big shake-up in economic and business power. Emerging nations are quickly catching up in competitiveness. New companies and new brands are appearing all over the world. They now contest the long-standing competitive supremacy of industrialized nations. “This could lead to an increase in protectionist measures in Europe and the US”, says Professor Stéphane Garelli, Director of IMD’s World Competitiveness Center.

Of the 55 countries ranked by IMD, the US still ranks No. 1 in 2007, closely followed by Singapore and Hong Kong. However, 40 economies are now increasing or maintaining their competitiveness compared to the US - in other words, “closing the gap”. Only 15 are losing ground. For the first time, the ranking indicates not only the competitive position of nations in 2007 but also their ability to catch up with the leader (the US). These trends are based on past competitive performance, drawn from the world’s most comprehensive database on world competitiveness built up over two decades by IMD. Click here to download the "Competitiveness in Perspective" chart.

China, Russia, India, the Slovak Republic, Estonia, Sweden, Austria, Australia, Denmark, Switzerland and Hong Kong have displayed a strong improvement in their competitiveness performance in recent years. Says Professor Garelli: "This does not imply that all of these nations are already at the top of the competitiveness league. However, they are catching up quickly. Such strong performances will obviously impact future rankings.

"On the other hand, Indonesia, Italy, Argentina, Brazil, Mexico, Turkey, the Philippines and France have tended to lose ground compared to the top league. Despite some real and specific competitive advantages, these nations will, sooner or later, lose their standing in world competitiveness if they do not improve their overall performance.

"Economic and business power is shifting to new countries: China, Russia and India have together stacked up more than $1,700bn in foreign currency reserves. Local companies from South-East Asia, India, China, Russia and the Gulf countries are buying industrial assets the world over.

"In all likelihood, industrialized nations will find it hard to tolerate such a power shift. They will not accept the loss of some of their “business jewels” to newcomers without a fight. We shall thus face a year of rising protectionist measures. An increase in the number of complaints filed at the WTO for unfair practices can be expected.

"But the new faces of protectionism will be subtler than in the past: corporate governance, environmental protection, intellectual property or social rights are the new key words. In 2007 and beyond, economic relations will be more tense than ever as emerging markets turn into emerging powers and challenge the established order for competitiveness," warns Professor Garelli.

Professor Garelli is a world expert on competitiveness. He is the director of, and pioneered the World Competitiveness Center, which produces and publishes the annual IMD World Competitiveness Yearbook. He teaches in the Breakthrough Program for Senior Executives (BPSE) and the Orchestrating Winning Performance (OWP) program.

*******************************************
Thank you for your visiting.
Please click here!

*******************************************
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/495-cdf8a83f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)