FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

北朝鮮の金正恩委員長とアメリカのトランプ大統領が堅い握手!

2018年6月12日(火)

北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)の金正恩国務委員長と
米国(アメリカ合州国)のドナルド・トランプ大統領が、予定通り
シンガポールで直接対話し、戦争では無く平和の枠組みを約束した。

NHK_201806121616_02.jpg

私は、金正恩もトランプも大嫌いだが、この直接対話と合意(共同声明)は
歓迎するところである!

NHKも含めてマスメディアは『共同声明などの正式文書の調印は難しい』
と言うような論評を数日前から振り撒いて米朝会談の価値を下げようと
画策して来た。

これが安倍政権に忖度したものであることは明らかだった。

いや、忖度どころでは無い。 恐れおののいて『ひれ伏した』と云うか
「恭順の意を示した」というべきだろう。

処が、米朝の【共同声明】が発表されたものだから予想外の関係改善の進展に
慌てふためいて、今度はこの共同声明に難癖を付けようと躍起になっている。
やれ具体性が無いだの包括的だのと・・・

実際には、報道人の予想を超えた歴史的かつ画期的な共同声明が出された。

NHK_201806121618_03.jpg

私は、一回で具体的な行程表が出るとは思っていなかったし、
対話だけでも充分な意味があると思っていたので、
共同声明が出されたのは大きな成果だと思う。

何よりも、去年は『一触即発』と言われて意図せぬ戦争に発展しかねない
緊張状態だった米朝の関係が大きく改善され、
戦争回避が確実になっただけでも素晴らしい成果だと思う!

NHK_201806121614_01.jpg


NHKなどが今回の米朝会談の価値を低めようと躍起になっている中で
会談の成果を率直に評価する日本共産党の
志位和夫委員長の談話は簡潔であるが素晴らしい‼️

    ***************

歴史的な米朝首脳会談を心から歓迎する
日本共産党中央委員会 ー 2018年6月12日(火)
http://www.jcp.or.jp/web_policy/2018/06/post-787.html
#日本共産党 #志位和夫

【歴史的な米朝首脳会談を心から歓迎する】
 2018年6月12日  日本共産党幹部会委員長  志位和夫

一、米国のドナルド・トランプ大統領と北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)の金正恩国務委員長が、本日、シンガポールで米朝首脳会談を行った。
 両首脳が署名した共同声明によると、金委員長は「朝鮮半島の完全な非核化への強固で揺るぎない決意」を表明し、トランプ大統領は「北朝鮮に対する安全の保証の提供」を約束し、米朝両国が「平和と繁栄を望む両国民の願いに従って新しい米朝関係を樹立」し、「朝鮮半島に永続的で安定した平和体制を構築」することを宣言した。
 日本共産党は、長年にわたって厳しく敵対してきた米国と北朝鮮が、初の首脳会談を行い、朝鮮半島の非核化と平和体制構築をすすめ、両国関係を敵対から友好へと転換させるために努力することで合意したことに対して、心からの歓迎を表明する。

一、今回の米朝首脳会談は、非核化と平和体制構築に向けたプロセスの開始である。この目標の達成には、両首脳が確認したように、今後も首脳会談を含め交渉を継続し、共同声明の合意を速やかに具体化し、誠実に履行するための真剣で持続的な努力が必要である。そのことを米朝両国に強く期待する。

一、非核化と平和体制構築を実現するためには、米朝両国の努力とともに、関係各国、国際社会の協調したとりくみが必要である。平和を求め、核兵器のない世界を求める諸国民の世論と運動が不可欠である。
 とりわけ、日本政府が、日朝平壌宣言にもとづき、核・ミサイル、拉致、過去の清算など両国間の諸懸案を包括的に解決し、国交正常化のための努力をはかり、開始された平和のプロセスを促進する役割を果たすことを強く求める。拉致問題の解決も、そうした努力のなかに位置づけてこそ道が開けることを強調したい。

一、日本共産党は、北朝鮮問題の「対話による平和的解決」を一貫して主張し、4月上旬には、「朝鮮半島の非核化と北東アジア地域の平和体制構築を一体的・段階的に進める」ことを関係国に要請した。この間の情勢の進展は、わが党の提唱が、関係各国の努力方向とも合致し、情勢を前向きに打開する唯一の道であることを示している。
 南北首脳会談と米朝首脳会談によって開始された平和のプロセスが成功をおさめるならば、世界史の一大転換点となり、地域の情勢を一変させるものとなるだろう。日本共産党はそのために引き続きあらゆる努力を続けるものである。







米朝共同声明~全文和訳~ ‬
‪NHKニュース ー 2018年6月12日(火)‬
‪https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180612/k10011475301000.html‬

アメリカのトランプ大統領と北朝鮮のキム・ジョンウン朝鮮労働党委員長のシンガポールでのサミットにおける共同声明

トランプ大統領とキム委員長は、2018年6月12日に、シンガポールで、史上初めてとなる歴史的なサミットを開催した。

トランプ大統領とキム委員長は、新たな米朝関係や、朝鮮半島における永続的で安定した平和の体制を構築するため、包括的で深く誠実に協議を行った。トランプ大統領は北朝鮮に体制の保証を提供する約束をし、キム委員長は朝鮮半島の完全な非核化について断固として揺るがない決意を確認した。

新たな米朝関係の構築が朝鮮半島のみならず、世界の平和と繁栄に貢献することを信じ、また、両国の信頼関係の構築によって、朝鮮半島の非核化を進めることができることを認識し、トランプ大統領とキム委員長は以下の通り、宣言する。

1・アメリカと北朝鮮は、平和と繁栄に向けた両国国民の願いに基づいて、新しい関係を樹立するために取り組んでいくことを約束する。

2・アメリカと北朝鮮は、朝鮮半島に、永続的で安定した平和の体制を構築するため、共に努力する。

3・2018年4月27日のパンムンジョム宣言を再確認し、北朝鮮は朝鮮半島の完全な非核化に向けて取り組むことを約束する。

4・アメリカと北朝鮮は、朝鮮戦争中の捕虜や・行方不明の兵士の遺骨の回収に取り組むとともに、すでに身元が判明したものについては、返還することを約束する。

史上初となる、アメリカと北朝鮮の首脳会談が、この数十年にわたった緊張と敵対関係を乗り越え、新しい未来を切り開く大きな転換点であることを確認し、トランプ大統領とキム委員長は、この共同声明での内容を、完全かつ迅速に実行に移すことを約束する。

アメリカと北朝鮮は、首脳会談の成果を実行に移すため、可能な限りすみやかに、アメリカのポンペイオ国務長官と北朝鮮の高官による交渉を行うことを約束した。アメリカのトランプ大統領と北朝鮮のキム・ジョンウン朝鮮労働党委員長は、新たな米朝関係の発展と、朝鮮半島と世界の平和や繁栄、そして安全のために、協力していくことを約束する。



関連記事
スポンサーサイト



テーマ:北朝鮮問題 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/4949-64b64a56
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)