FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

金正恩委員長とトランプ大統領の初の米朝会談が6月12日で確定?!

2018年6月2日(土)

今度こそ米朝会談の日程は揺るがないで欲しい!

トランプ米大統領は1日、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長との
米朝首脳会談を予定通り6月12日にシンガポールで開催すると表明した。

トランプ大統領は、記者にぶら下がりに、米朝会談は最初で最後
と云う訳ではなく、今後も何度も会談する可能性があると話したと言う。

米朝首脳会談「1度かぎりとは言っていない」 トランプ大統領 ‬
‪NHKニュース ー 2018年6月2日(土)‬ 11時09分

それは歓迎すべき方向性だと思う。

6月12日に予定されている会談は、長い交渉過程の入り口に過ぎないと
認識していることは将来に期待が持てると私は思う!

昨日、金委員長の最側近と直接交渉して決まったとのことらしいので
会談の成功を期待したい!

トランプ大統領も「朝鮮半島の非核化」と云う言葉を使用しており、
当然のことながら、韓国から米軍の核兵器や関連施設も撤去されるべきだ!

北朝鮮の核兵器・核施設撤去だけでは片手落ちと云う話し。

「 朝鮮半島の非核化」と言っており「非核兵器化」ではないので、
「原発廃炉」も対象になり得ると私は考えているのだが・・・
韓国の原発は老朽化しているものが多くて相当危険!
韓国で福島原発のような事故が起こったら東アジア全域が放射能汚染される。

日本の原発も他人のことを言えるものでは無いが・・・



米朝首脳会談:トランプ大統領、12日開催を表明
毎日新聞 ー 2018年6月2日(土)‬

【ワシントン高本耕太】
トランプ米大統領は1日、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長との米朝首脳会談を、当初の予定通り6月12日にシンガポールで開催すると表明した。金委員長の最側近とされる金英哲党副委員長とホワイトハウスで会談後、記者団に語った。トランプ氏は「6月12日は新たな関係の始まりになるだろう」と指摘。「対北朝鮮制裁を解除する日を楽しみにしている」とも語った。

<米朝首脳会談>側近訪米、体制保証感触探る
<北朝鮮>非核化に最長10年 米専門家「核搬出は危険」

 トランプ氏は金副委員長から受け取った金正恩氏からの親書について「非常に良い手紙だった」と述べ、好意的な内容だったとの認識を示した。「北朝鮮は(非核化の)意思を持っている」とも語った。

 北朝鮮最高幹部による米首都訪問は、2000年の趙明禄国防委員会第1副委員長(当時)以来18年ぶり。金副委員長は金委員長からの親書をトランプ氏に直接手渡した。



6月12日に米朝首脳会談 トランプ大統領が表明‬
‪日本経済新聞 ー 2018年6月2日(土)‬

【ワシントン=永沢毅】
トランプ米大統領は1日、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長と当初の予定通り6月12日にシンガポールで会談すると発表した。北朝鮮の非核化で具体的な進展があるかが最大の焦点。朝鮮半島を含む東アジアの安全保障情勢の大きな転換点となる可能性がある。‬



・・・・・・・・・



‪米朝首脳会談「1度かぎりとは言っていない」 トランプ大統領
‪NHKニュース ー 2018年6月2日(土)‬ 11時09分

アメリカのトランプ大統領は、北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長との米朝首脳会談を今月12日に開催すると発表したうえで、「会談はプロセスの一部だ」と強調し、非核化の実現のためには会談を複数回開催する必要があるという見通しを示しました。
トランプ大統領は1日、ホワイトハウスで北朝鮮のキム・ヨンチョル朝鮮労働党副委員長と面会し、キム・ジョンウン委員長からの書簡を受け取ったあと、記者団に対し、史上初となる米朝首脳会談を当初の予定どおり、今月12日にシンガポールで開催すると明らかにしました。

そのうえでトランプ大統領は「首脳会談はプロセスの一部だ。われわれはそのプロセスを始めることになる。会談は1度かぎりだとは言っていない」と強調し、会談は非核化に向けたプロセスの始まりであり、複数回、開催する必要があるという見通しを示しました。

また、「会談で何かに署名するようなことはないだろう」と述べ、12日の会談では合意文書の署名には至らない可能性を示唆する一方、「最終的にはとても前向きな結果に終わると思う」と述べて、非核化の実現に自信を示しました。

トランプ大統領としては、史上初の米朝首脳会談の開催をみずからの成果として内外にアピールするため、まずは交渉の席につくことを優先したと見られますが、会談では、非核化の実現に向けて、双方の立場の隔たりを埋めて具体的な道筋を示せるかが焦点となります。
北朝鮮高官と米大統領の面会は18年ぶり北朝鮮高官と米大統領の面会は18年ぶり
トランプ大統領にキム・ジョンウン朝鮮労働党委員長の書簡を手渡したキム・ヨンチョル副委員長は、2010年に相次いで起きた韓国の哨戒艦沈没事件やヨンピョン島砲撃に深く関わったとされ、制裁の対象となっていますが、今回はホワイトハウスで異例の厚遇を受けました。

ホワイトハウスでは、車で到着したキム副委員長をまず、ケリー大統領首席補佐官や、CIA=中央情報局で北朝鮮に関する情報分析に当たっている「朝鮮ミッションセンター」を率いるアンドリュー・キム氏が出迎えました。

このあとキム副委員長は、大統領執務室でトランプ大統領と面会して、直接、書簡を手渡し、ポンペイオ国務長官も同席しました。

面会はおよそ1時間20分にわたり、キム副委員長が書簡について説明したほか、米朝首脳会談に向けて意見を交わしたということです。

北朝鮮の指導部レベルの高官がホワイトハウスでアメリカの大統領と面会するのは18年ぶりです。

面会の様子はメディアに公開されませんでしたが、終了後、トランプ大統領はキム副委員長と一緒に執務室から出て、報道陣の前で談笑したり、握手を交わしたりしたほか、ポンペイオ国務長官も交えて記念撮影を行い、大統領みずからキム副委員長を見送りました。

一方で、北朝鮮に対し強硬な発言をして、北朝鮮から非難されたペンス副大統領やボルトン大統領補佐官の姿は見られず、トランプ大統領が北朝鮮に配慮して同席させなかった可能性もあります。

こうした背景には、米朝首脳会談の実現に向けて北朝鮮を刺激することは避け、関係を構築しようというトランプ大統領の強い意欲がうかがえます。これに対し、CNNテレビなどアメリカメディアの間からは、「北朝鮮のスパイ機関の元トップ」である制裁対象者を大統領執務室に入れるのは適切でないという批判も出ています。




関連記事
スポンサーサイト



テーマ:北朝鮮問題 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/4938-8d8f4f68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「体制保証」の言葉は意味を理解して使われているのか?

朝鮮民主主義人民共和国(以下,北朝鮮)の非核化をめぐって,同国の「体制保証」云々についての議論や報道がなされている.(英語では“guarantee of the regime’s survival”,反対語は“regime change”のようだ.)例として,末尾に2つの記事を挙げる. 可能な解釈は,「軍事行動などで政権転覆を計らないという約束」という意味と思われるが,もしそうなら「体...

  • 2018/06/03(日)08:29:15 |
  • ペガサス・ミラー