FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

ジェームス三木氏講演会 (連載3回目)

<話はCIAに及ぶ。スパイ物TVドラマを見ているよう・・・>

 CIAは、戦争そのものはしないが、暗殺、クーデター、謀略などあらゆることをやっている。
 CIAのエージェントは、米国に留学した学生などを言葉巧みに引き込んでゆくのが常套手段。
 自民党や、官僚、企業中枢はもとより、マスコミ、野党にも潜り込んでいる。

 このエージェントが政府に絶えず戦争政策を推進させている。
戦争しないと軍産複合体が儲からないからだ。


 国と政府は別のもの。これを混乱して使っている傾向が増えている。
イラク戦争は、アメリカという国が行なっているのではない。
ブッシュ政権が行なっているのである。

 CIAの前身の占領軍・情報部が、日本人の性向を調べる「ある実験」をした。
「アメリカでは、母の日にカーネーションを贈ります」という放送をラジオで流したところ、瞬く間にカーネーションを送る風習が日本全国に広がった。
 これで、アメリカ情報部は、日本人は操作し易いと判断した。

 人間は、平和を好むが、勇ましいのも大好き。
戦争までは行かなくても格闘技に興奮してK1などでは「殺せ!殺せ!」と叫んでいる。
そういう『好戦的な』性向の現われが、イジメなどに発露する場合もある。

 TV番組も「戦いもの」か「愛情もの」が二本柱。

 若者の中には「日本に軍隊がないのは恰好悪い」という考えも広がっている。

 そういう、『平和を愛する心』と『好戦的な心』の相克が「神」を必要とした。決して神が人間を創ったのではない。人間が神を必要としたのだ。

 私(ジェームス三木氏)は、ここから、人間は「性欲」「食欲」「神」の3要素で成り立っていると考える。「性欲」は種族保存本能、「食欲」は自己保存本能と言い換えても良い。また「性欲」は平和志向を「食欲」は好戦志向とも言い換えられる。「神」は、規範であったり道徳であったりする。
 誰でも、程度の差はあれ、この3要素を持っていおり、それらの三角形は、それぞれ形が異なるが、内角の和は全て180度であり、そう考えれば共通する基盤があり、理解できるはずである。

批判はすれども、敵対する必要はない。
<どうも、この辺は「定式化」しすぎのきらいはあるが・・・>


この連載を最初から読む    【連載第2回】へ    【連載第4回】へ

*******************************************
今日も御覧頂きありがとうございます。
「憲法を暮らしにいかそう」と思われる方はクリックを!

*******************************************
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/492-6905ee43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)