FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

次々と先手を打つ 金正恩委員長!

2018年5月13日(日)

北朝鮮の金正恩委員長は 次々と先手を打って来ています。

大方の マスメディアでは、金正恩氏の『思惑』強調している
ようですが、私は真面目に受け取っています。

核実験場を破壊し、その過程を米英露中のメディアに公開する!
と云う積極的な行動です。

残念ながら安倍晋三の広報機関となっている日本のメディアは
参加できないようですが、自業自得と云う処でしょうか?

このニュースの前には、北朝鮮で拘束されていた韓国系米国人3人を
解放し、日本経由で米国に帰還したとのこと。

北朝鮮の積極的な行動に対してアメリカは具体的な対応を示していません。
(『口約束』のようなものを小出しにしていますが何も実行していません)

勿論、日本は『蚊帳の外』状態。

『拉致問題』に関しても金正恩氏から「日本は何故直接言ってこないのか?」
との趣旨を韓国のムンジェイン大統領に問うていたと云う暴露話も。
結局、安倍政権は『拉致問題』についての交渉をアメリカと韓国に丸投げで
自らは何の行動も起こしていない事がバレてしまいました!


20180513201909995.jpg
北朝鮮核実験場23~25日に廃棄 坑道を爆破 海外メディアに公開へ
日本経済新聞 - 2018年5月13日(日) 1時21分
http://mx4.nikkei.com/?4_--_97169_--_97475_--_7

【ソウル=恩地洋介】
北朝鮮外務省は12日、北東部の豊渓里(プンゲリ)核実験場を5月23日から25日の間に廃棄する予定だと発表した。坑道を爆破し、入り口を完全に封鎖した後、地上にあるすべての観測施設や研究所などの構造物を撤去。警備員や研究員も撤収させ実験場の周辺を「完全封鎖」する。日程は天候を考慮するという。朝鮮中央通信が伝えた。

 透明性を確保するため、外国メディアの現地取材を認めると明らかにした。対象は中国、ロシア、米国、英国、韓国の5カ国で日本は含まれていない。北朝鮮外務省は、「周辺国および国際社会との緊密な連携と対話を積極的に行う」と述べている。

 金正恩(キム・ジョンウン)委員長は4月27日の南北首脳会談で、核実験場を5月に廃棄し、そのもようを米韓の専門家や報道機関に公開すると明らかにしていた。




北朝鮮 核実験場「23~25日に廃棄」 坑道爆破を公開
毎日新聞 - 2018年5月12日 23時42分(最終更新 5月13日 04時29分)
‪https://mainichi.jp/articles/20180513/k00/00m/030/096000c‬

【ソウル渋江千春】
朝鮮中央通信によると、北朝鮮外務省は12日、北東部豊渓里(プンゲリ)の核実験場の廃棄を23日から25日に行う予定と発表した。実験場のすべての坑道を爆破して崩落させ入り口を完全に閉鎖、地上のすべての観測設備や研究所などの施設を撤去し、実験場周辺を完全閉鎖するという。

 北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長は4月27日の南北首脳会談で、核実験場を5月中に閉鎖し、その過程を米韓の専門家らに公開する意向を明らかにしていた。

 また、「廃棄を透明性を持って示すため」(北朝鮮外務省)、米英中露と韓国のメディアに現地取材を認めるという。日程は「天候条件を考慮して行う」(同)としている。

 米紙ワシントン・ポスト(電子版)は10日、核実験場で複数の小さな施設が撤去されたと報じた。4月19日と5月7日に撮影された衛星写真を比較したもので、過去2週間で五つか六つの建物が撤去されたとの専門家の分析を紹介。韓国の聯合ニュースも3日、核実験場の坑道のうちの一つで坑内に引き込まれていた電線が取り除かれ、入り口付近で作業員が出入りする様子が衛星写真などで確認されたと伝えていた。

 北朝鮮外務省の発表は、6月に開催が予定される初の米朝首脳会談に向け、北朝鮮側が積極的に非核化に向けた動きを進める意思があることをアピールする狙いがあるとみられる。




米朝:体制保証網羅の包括案提示か ソウル外交筋情報
毎日新聞 - 2018年5月12日 22時19分(最終更新 5月12日 22時36分)
‪https://mainichi.jp/articles/20180513/k00/00m/030/079000c‬
 

【ワシントン高本耕太、ソウル渋江千春】
 ポンペオ米国務長官は11日、「北朝鮮が早期の非核化を目指し、思い切った行動をとれば、繁栄のために協力する用意がある」と述べた。6月にシンガポールで開催される米朝首脳会談を前に、核放棄の「見返り」に言及し、非核化の具体的措置などで北朝鮮側の譲歩を引き出す狙いがある。一方、韓国紙の朝鮮日報は12日、ソウルの外交消息筋の話として、ポンペオ氏が訪朝時、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長に対し、制裁緩和や経済支援、体制保証を網羅した「包括的パッケージ」を提示したと報じた。「見返り」を巡って米朝間で具体的なやりとりが進んでいる可能性もある。

 ポンペオ氏はワシントンで開いた韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相との共同記者会見で語った。北朝鮮の非核化に関し「厳格な検証プログラムが必要だ」として国際機関による査察受け入れの重要性を指摘。一方で、9日に訪朝し金委員長と会談したことについて、「良い会話、内容のある会話ができた」と繰り返し、「米朝両国の目標について、理解を共有していると確信している」とも述べた。




「なぜ日本は直接言ってこないのか」金委員長 拉致問題で発言
‪FNN.jpプライムオンライン ー 2018年5月10日‬(木) 15時56分
‪https://www.fnn.jp/posts/00391688CX‬

 4月27日の南北首脳会談で、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長に日本人の拉致問題を提起した際、金委員長が「なぜ、日本は直接言ってこないのか」と語っていたことが、FNNの取材で明らかになった。

政府関係者によると、南北会談で文大統領から、日本が拉致問題の解決を求めていることを伝えると、金委員長は「韓国やアメリカなど、周りばかりが言ってきているが、なぜ日本は、直接言ってこないのか」と語ったという。

拉致問題に関する金委員長の発言が明らかになるのは、これが初めて。

この発言は韓国側から伝えられたもので、政府は、金委員長の発言の真意を慎重に見極めることにしている。

政府は、近く行われる見通しの米朝首脳会談のあと、年内の日朝首脳会談を目指して調整を本格化させる考えだが、金委員長の発言を受け、拉致問題についても水面下の交渉が進む可能性がある。




関連記事
スポンサーサイト



テーマ:北朝鮮問題 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/4918-51096cc7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Jアラート訓練は防災ではなく「招災」

Jアラート訓練の準備に不参加を伝える次の文書を、今日明日中に地域のコミセンに届けました。(関連情報 日刊ゲンダイ記事.右の写真も) ----------- xx校区振興会会長 御中 Jアラート訓練について 総務省消防庁によると、Jアラートとは「弾道ミサイル情報、緊急地震速報、津波警報など、対処に時間的余裕のない事態に関する情報を携帯電話等に配信される緊急速報メール、市町村...

  • 2018/05/14(月)17:09:19 |
  • ペガサス・ミラー