FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

財務省の福田淳一事務次官のセクハラ犠牲者はテレビ朝日の女性記者 次官は辞任!

2018年4月19日(木)

今日の未明、0時からテレビ朝日が記者会見を行い、
財務省の福田淳一事務次官のセクハラ事件の犠牲者は
同局の女性記者であることを公表した!

このニュースは、前日・4月18日の【報道ステーション】で
概要を報道し、上記の記者会見が告知された!

【「テレ朝社員がセクハラ被害」報ステ放送 財務次官問題
朝日新聞 ー 2018年4月18日23時21分】

一部引用
 同社によると、女性社員は1年半ほど前から数回、次官と取材目的で会食。そのたびにセクハラ発言があったため、身を守るために会話を録音した。女性社員はセクハラの事実を報道すべきだと上司に相談したが、難しいと言われたため、週刊新潮に連絡。取材を受け、録音の一部も提供したという。

 篠塚局長は「社員からセクハラ情報があったにもかかわらず、適切な対応ができなかったことに関しては深く反省しております。また、当社社員が取材活動で得た情報を第三者に渡したことは報道機関として不適切な行為であり、遺憾に思っています」と述べた。



記者会見直後にWEB記事を確認したところ、日刊スポーツが
最も早く記者会見の内容を掲載していた。

【検索した範囲では日刊スポーツWEB版が最も掲載が速かった!
2018年4月19日1時00分AM 時点で】

日刊スポーツは、テレビ朝日の記者会見関連で数本のWEB記事を掲載!

テレ朝女性社員決断「セクハラ曖昧にしてならない」
日刊スポーツ ー 4月19日(木) 0時12分
https://www.nikkansports.com/…/ni…/news/201804190000006.html
@nikkansportsさんから

一部引用
 辞任に追い込まれた財務省の福田淳一事務次官のセクハラ問題について、テレビ朝日は19日午前0時から緊急の記者会見を行った。東京都港区のテレビ朝日本社で会見した篠塚浩取締役報道局長は、「先ほど福田氏は財務事務次官を辞任する旨を発表し、その記者会見の場で週刊新潮が指摘したセクハラ行う為を否定しておられますが、当社社員に対するセクハラ行為があったことは事実であると考えております」と話した。



セクハラ被害受けテレ朝が会見「事実と考えている」
日刊スポーツ ー 2018年4月19日(木) 0時13分
https://www.nikkansports.com/…/ni…/news/201804190000002.html

一部引用
 福田氏は18日の報道陣の取材に対し、「あーんな発言をしたことはありません」とあらためて疑惑を否定。裁判で争う姿勢を示していた。テレビ朝日の発表で、被害を受けた女性記者とその時の録音が実在することが明らかになった。福田氏の主張と対立しており、福田氏は、今回のテレビ朝日の会見を受け、再度説明する機会が必要になりそうだ。

 テレビ朝日は同日夜の「報道ステーション」の番組終了間際、社内調査の結果、福田氏に取材した同社の女性記者が福田氏からセクハラ被害を受け、その様子を録音していたことが分かったと報じた。



テレ朝女性社員は精神的ショックも報道すべきと主張
日刊スポーツ [2018年4月19日0時19分]
https://www.nikkansports.com/…/ni…/news/201804190000013.html

一部引用
 社内調査の過程で、セクハラ疑惑があったことを明かし、福田氏の発言内容を確認できたという。
 同局の篠塚浩報道局長は「セクハラを受けた当該社員は聞き取りに対して、女性社員は精神的に大きなショックを受けているが、事実を明らかにしたいとしている」と明かした。
 篠塚氏によると、社員は1年前から福田氏を会食していたことを明かし、社員は「後日、放送すべきではないか」と上司に報告したが、社内では女性が、セクハラの二次被害になることを懸念して、報道に踏み切れなかった実情を明かした。
 篠塚氏は当初、報道できなかったことについて「適切に対応ができなかったことを、深く反省している」と話した。
 福田事務次官による同社の社員を傷つける数々の行為と、その後の対応について、財務省に正式に抗議する予定だと明らかにした。



テレ朝女性社員、身を守るために会話の録音開始
日刊スポーツ ー 2018年4月19日(木) 0時43分
https://www.nikkansports.com/…/ni…/news/201804190000020.html

一部引用
 テレビ朝日によると、女性社員は1年半ほど前から数回、取材目的で福田氏と1対1で会食をしたという。そのたびにセクハラ発言があったことから、自らの身を守るために、会話の録音を始めたという。その中で今月4日、福田氏から連絡を受け、取材のために1対1で食事をした際にもセクハラ発言があり、途中から録音を始めたという。
 その旨を上司に「報道すべきでは」と相談したところ、「本人が特定され、二次被害が起こる恐れがある」などの理由で「報道は難しい」との判断がなされたという。
 またこの日の福田氏の会見を受け、女性社員は「とても残念。財務省には捜査を続けて事実を明らかにすることを求めています。すべての女性が働きやすい社会になるように心から願っています」と話しているとのこと。



➡️ 最も報道が早い日刊スポーツによる 財務次官のセクハラ被害者に関する
テレビ朝日の記者会見におけるマス・メディアとの一問一答
・・・・・・・・・・
音声提供の謝礼「全くありません」/テレ朝一問一答
日刊スポーツ [2018年4月19日0時59分]

 辞任に追い込まれた財務省の福田淳一事務次官のセクハラ問題について、テレビ朝日は19日午前0時から緊急の記者会見を行った。
 東京都港区のテレビ朝日本社で会見した篠塚浩取締役報道局長は、「先ほど福田氏は財務事務次官を辞任する旨を発表し、その記者会見の場で週刊新潮が指摘したセクハラ行為を否定しておられますが、当社社員に対するセクハラ行為があったことは事実であると考えております」と話した。
 以下、一問一答。
  ◇   ◇
 -社内調査はいつから
 テレ朝 本人からの申し出があったのは今週月曜日。いろんなうわさが飛び交っているのは分かっていたので、聞き取りを始めました。相談会で当該社員から申し出がありました。
 -なぜこのタイミングで会見を
 テレ朝 月曜日の遅くに申し出があり、その後調査をして参りました。週内に何らかの形で公表しようとしておりました。そのタイミングで福田次官のあのような会見があったものですから、当社の見解を早めにお伝えしなければと思いまして、会見をしました。
 -「音声データの前後関係がおかしいと」福田氏は言っている
 テレ朝 週刊新潮に提供しているのは音声の一部。全体を見ればそうではないことが分かります。
 -財務省の調査協力には応じるか
 テレ朝 これから先、慎重に検討していきたい。
 -「女性社員から相談を受けたとき、適切な対応をすべきだった」とあるが、適切な対応とは
 テレ朝 相談を受けたときにどういう対応ができたかは今お答えするのは難しいですが、さまざまあったと思います。報道するなり、抗議するなり。検討する必要があったと思います。
 -週刊新潮への音声の提供に関して謝礼は
 テレ朝 全くありません。



NHK EWS WEB より

‪「女性社員が財務次官のセクハラ被害」テレビ朝日 ‬
‪NHKニュース ー 2018年4月19日(木)‬ 0時42分
‪https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180419/k10011409081000.html‬

財務省の福田淳一事務次官が女性記者へのセクハラ発言の報道で辞任を表明したことに関連してテレビ朝日が記者会見を開きました。この中で篠塚浩報道局長は「セクハラを受けたとされる記者の中に当社の社員が含まれ、調査の結果、セクハラ被害があったと判断した」と発表しました。
「取材情報を第三者に渡したことは不適切」
また「社員からセクハラの情報があったにもかかわらず、適切な対応ができなかったことは深く反省している。また社員が取材活動で得た情報を第三者に渡したことは報道機関として不適切な行為で遺憾に思っている」という認識を示しました。
「2次被害の心配から自社で報道せず」
篠塚報道局長は女性社員については「1年半ほど前から、取材目的で福田氏と数回、会食をした。そのたびにセクハラ発言があり、みずからの身を守るために録音を始めた」と述べました。

そして「今月4日に呼び出しを受け、1対1での飲食の機会があったが、その際にもセクハラ発言があり、途中から録音をした。後日、上司にセクハラの事実を報じるべきではないかと相談したが上司は『本人が特定され、2次被害が心配される』ことを理由に『報道は難しい』と伝えた」と述べ、自社での報道を見送った経緯を明らかにしました。

そのうえで「この社員は、財務事務次官という社会的に責任の重い立場にある人物の不適切な行為が表に出なければセクハラ被害が黙認されてしまう、という強い思いから週刊新潮に連絡し、取材を受けた」と述べました。
「財務省に正式に抗議する」
また「福田次官はセクハラ行為を否定しているが、セクハラ行為は事実であると考えており、財務省に正式に抗議する予定だ」と明らかにしました。
セクハラ認めず次官辞任は残念 女性社員
さらに「社員は、セクハラの事実を認めないまま福田事務次官が辞意を表明したことをとても残念に思っている。財務省は調査を続けて事実を明らかにしてほしい、と話している」ことを明らかにしました。




以下は、今日の西日本新聞の紙面と被害者も上記の事務次官の辞任も
明らかになる前の日刊スポーツの『写メ』および
日刊スポーツの記事へのリンクと私のコメント。



先ずは、今日・4月19日の西日本新聞紙面から

20180419160642a61.jpg


2018041916064357b.jpg


20180419160645972.jpg


2018041916042595f.jpg


以下は、4月18日付けの日刊スポーツの紙面
まだ福田財務次官の辞任も、被害者がテレビ朝日女性記者であることも
明らかになっていない時点のもの!

201804191604295f9.jpg


201804191604328bb.jpg


2018041916043087c.jpg

テレ朝女性社員決断「セクハラ曖昧にしてならない」
日刊スポーツ ー 4月19日(木) 0時12分
https://www.nikkansports.com/…/ni…/news/201804190000006.html
@nikkansportsさんから

 辞任に追い込まれた財務省の福田淳一事務次官のセクハラ問題について、テレビ朝日は19日午前0時から緊急の記者会見を行った。東京都港区のテレビ朝日本社で会見した篠塚浩取締役報道局長は、「先ほど福田氏は財務事務次官を辞任する旨を発表し、その記者会見の場で週刊新潮が指摘したセクハラ行為を否定しておられますが、当社社員に対するセクハラ行為があったことは事実であると考えております」と話した。
 当該の女性社員は精神的に大きなショックを受け、セクハラ行為について事実を曖昧にしてはならないとの思いを持っているという。テレビ朝日は、「福田氏による当社社員を傷つける数々の行為と、その後の対応について、財務省に対して正式に抗議する予定です」としている。
 テレビ朝日は同日夜の「報道ステーション」の番組終了間際、社内調査の結果、福田氏に取材した同社の女性記者が福田氏からセクハラ被害を受け、その様子を録音していたことが分かったと報じた。
 福田氏は18日の報道陣の取材に対し、「あーんな発言をしたことはありません」とあらためて疑惑を否定。裁判で争う姿勢を示していた。テレビ朝日の発表で、被害を受けた女性記者とその時の録音が実在することが明らかになった。福田氏の主張と対立しており、福田氏は、今回のテレビ朝日の会見を受け、再度説明する機会が必要になりそうだ。
 テレビ朝日の緊急記者会見の案内は、テレビ朝日から18日午後10時半過ぎに発信され、「(セクハラ問題について)緊急にご説明いたしたく、ご参集くださいますようお願いいたします。急なご案内となり誠に申し訳ありません」との内容だった。



セクハラ被害受けテレ朝が会見「事実と考えている」
日刊スポーツ ー 2018年4月19日(木) 0時13分
https://www.nikkansports.com/…/ni…/news/201804190000002.html

 テレビ朝日は18日、財務省の福田淳一事務次官からセクハラ被害を受けていたのは、同社の女性記者だったと明らかにし、19日午前0時から同局内で記者会見した。
 社内調査の過程で、セクハラ疑惑があったことを明かし、福田氏の発言内容を確認できたという。
 同局の篠塚浩報道局長は「セクハラを受けた当該社員は聞き取りに対して、女性社員は精神的に大きなショックを受けているが、事実を明らかにしたいとしている」と明かした。
 篠塚氏によると、社員は1年前から福田氏を会食していたことを明かし、社員は「後日、放送すべきではないか」と上司に報告したが、社内では女性が、セクハラの二次被害になることを懸念して、報道に踏み切れなかった実情を明かした。
 篠塚氏は当初、報道できなかったことについて「適切に対応ができなかったことを、深く反省している」と話した。
 福田事務次官による同社の社員を傷つける数々の行為と、その後の対応について、財務省に正式に抗議する予定だと明らかにした。



テレ朝女性社員は精神的ショックも報道すべきと主張
日刊スポーツ [2018年4月19日0時19分]
https://www.nikkansports.com/…/ni…/news/201804190000013.html

 同局の篠塚浩報道局長は「セクハラを受けた当該社員は聞き取りに対して、女性社員は精神的に大きなショックを受けているが、事実を明らかにしたいとしている」と明かした。
 篠塚氏によると、社員は1年前から福田氏を会食していたことを明かし、社員は「後日、放送すべきではないか」と上司に報告したが、社内では女性が、セクハラの二次被害になることを懸念して、報道に踏み切れなかった実情を明かした。
 篠塚氏は当初、報道できなかったことについて「適切に対応ができなかったことを、深く反省している」と話した。
 福田事務次官による同社の社員を傷つける数々の行為と、その後の対応について、財務省に正式に抗議する予定だと明らかにした。



テレ朝女性社員、身を守るために会話の録音開始
日刊スポーツ ー 2018年4月19日(木) 0時43分
https://www.nikkansports.com/…/ni…/news/201804190000020.html

 辞任に追い込まれた財務省の福田淳一事務次官のセクハラ問題について、テレビ朝日は19日午前0時から緊急の記者会見を行った。東京都港区のテレビ朝日本社で会見した篠塚浩取締役報道局長は、「先ほど福田氏は財務事務次官を辞任する旨を発表し、その記者会見の場で週刊新潮が指摘したセクハラ行為を否定しておられますが、当社社員に対するセクハラ行為があったことは事実であると考えております」と話した。
 当該の女性社員は精神的に大きなショックを受け、セクハラ行為について事実を曖昧にしてはならないとの思いを持っているという。テレビ朝日は、「福田氏による当社社員を傷つける数々の行為と、その後の対応について、財務省に対して正式に抗議する予定です」としている。
 テレビ朝日によると、女性社員は1年半ほど前から数回、取材目的で福田氏と1対1で会食をしたという。そのたびにセクハラ発言があったことから、自らの身を守るために、会話の録音を始めたという。その中で今月4日、福田氏から連絡を受け、取材のために1対1で食事をした際にもセクハラ発言があり、途中から録音を始めたという。
 その旨を上司に「報道すべきでは」と相談したところ、「本人が特定され、二次被害が起こる恐れがある」などの理由で「報道は難しい」との判断がなされたという。
 またこの日の福田氏の会見を受け、女性社員は「とても残念。財務省には捜査を続けて事実を明らかにすることを求めています。すべての女性が働きやすい社会になるように心から願っています」と話しているとのこと。
 テレビ朝日は同日夜の「報道ステーション」の番組終了間際、社内調査の結果、福田氏に取材した同社の女性記者が福田氏からセクハラ被害を受け、その様子を録音していたことが分かったと報じた。
 福田氏は18日の報道陣の取材に対し、「あーんな発言をしたことはありません」とあらためて疑惑を否定。裁判で争う姿勢を示していた。テレビ朝日の発表で、被害を受けた女性記者とその時の録音が実在することが明らかになった。福田氏の主張と対立しており、福田氏は、今回のテレビ朝日の会見を受け、再度説明する機会が必要になりそうだ。
 テレビ朝日の緊急記者会見の案内は、テレビ朝日から18日午後10時半過ぎに発信され、「(セクハラ問題について)緊急にご説明いたしたく、ご参集くださいますようお願いいたします。急なご案内となり誠に申し訳ありません」との内容だった。





関連記事
スポンサーサイト



テーマ:安倍政権 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/4894-2e4f3db1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)