FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

もう逃げられない! 加計学園に関し「本件は首相案件」との記録が複数の出処から!

2018年4月13日(金)

もう逃げられないだろう!
「加計学園は首相案件」との趣旨の記録が複数の官庁から出て来た。

今度は農林水産省の職員のフォルダから発見されたと云う。

内容が全く同一であれば、ファイルコピーの同じものが別の部局に有った
と言い逃れするだろうが、ニュースによれば内容は同一では無く記録した職員の
要点の押さえ方で表現が多少異なるにも関わらず「本件は首相案件」の
ポイントは一致している!

複数の部局の異なる職員が記録した別の書類に「本件は首相案件」と有った
からには、確実にそのように発言した証拠となるだろう!

「証拠を示せ!」と豪語していた安倍晋三に対して、
決定的証拠を突き付けたことになる。

しかし、図太い安倍晋三は、又 また『知らぬ存ぜず』で
押し通すことだろう。

なお記事では、
【また、文書を引き継いで保有していた職員の前任者は、聞き取りに対し、
「このような文書を見た記憶はないが、異動の際に渡した資料の中に
含まれていたかもしれない」と話したということです。】
と書いているが、それは有り得ると思う。

膨大な業務引継データは 、USBやDVDなどで引き継ぐだろうから
いちいち中身を確かめている暇は双方に無い。
今回、この事件で精査を命じられて各フォルダの中身を見てみたら
当該のデータに行き着いた ! と云うのが真相だろう!
双方の職員は知らなかったのが本当だろうし、職員に罪は無い!


2018041322102029d.jpg

・・・・・・・・・・

‪農相 省内に残されていた加計文書を公開 | ‬
‪NHKニュース ー 2018年4月13日‬
‪https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180413/k10011401331000.html‬

齋藤農林水産大臣は閣議のあとの記者会見で、加計学園の獣医学部新設をめぐり、愛媛県の担当者が3年前に総理大臣官邸を訪問した際のやり取りを記したとする文書が省内に残されていたとして、文書を公表しました。
公表された文書は平成27年4月3日付けで、加計学園の獣医学部新設をめぐり、文書作成の前日、4月2日に愛媛県や学園の関係者らが総理大臣官邸を訪問した際のやり取りが記されています。

この中では、当時、総理大臣秘書官だった柳瀬経済産業審議官が「本件は、首相案件」などと発言したと記載されています。
また、文書には、総理大臣官邸の訪問に先立ち、当時、内閣府で地方創生推進室を担当していた経済産業省の藤原審議官とも面談し、要請の内容は総理大臣官邸から聞いているという発言などがあったことも記されています。

齋藤農林水産大臣の会見によりますと、この文書は、平成27年5月に獣医師法などを担当する部局に異動した職員が、前任者から引き継ぎましたが、担当業務とは直接関係ないと考えて、行政文書としては管理せずに保有していたということです。

また、文書を引き継いで保有していた職員の前任者は、聞き取りに対し、「このような文書を見た記憶はないが、異動の際に渡した資料の中に含まれていたかもしれない」と話したということです。

一方、今回、農林水産省の調査の対象となった36人の職員のうち、この文書について「見たり聞いたりしたことがある」と答えた職員はほかにはいなかったということです。

齋藤大臣は会見で、「文書が省内にあったことは事実だが、農林水産省が作成したものではなく、内容も所管外の獣医学部の新設に関するものであり、特にコメントすることはない」と述べました。

また、齋藤大臣は、「当時、農林水産省と柳瀬氏の間で何らかのやり取りはあったのか」という質問に対しては、「ありえない」と述べました。



【関連記事】

‪加計問題:農相、愛媛文書を確認 柳瀬氏、苦しい立場に ‬
‪毎日新聞 ー 2018年4月13日 11:47‬
‪https://mainichi.jp/articles/20180413/k00/00e/010/223000c‬

「首相案件」秘書官発言あった 野党証人喚問要求へ
日刊スポーツ ー 2018年4月13日(金)
https://www.nikkansports.com/gene…/news/201804130000244.html

20180413221023975.jpg

20180413221022f6d.jpg




‪加計問題:農相、愛媛文書を確認 柳瀬氏、苦しい立場に ‬
‪毎日新聞 ー 2018年4月13日 11:47‬
‪https://mainichi.jp/articles/20180413/k00/00e/010/223000c‬

 斎藤健農相は13日午前の記者会見で、学校法人「加計学園」の獣医学部新設について、柳瀬唯夫首相秘書官(当時)が2015年4月、学園側に「首相案件」などと発言したことを記載した文書が農林水産省内にあったと発表した。斎藤氏は「文書の中身は愛媛県に聞いてほしい」と記載内容への評価を避けたが、政府内でも文書が見つかったことで、学園側との面会を認めていない柳瀬氏はさらに苦しい立場に追い込まれた。【加藤明子、高橋克哉】

 斎藤氏によると、農水省の課長補佐級の職員1人が文書を持っていた。15年5月の異動時に前任者から受け取り、「農水省の事務とは直接関係ない」と判断して行政文書としてではなく個人的に保有。後任者にも引き継がなかった。前任者は同省の調査に「文書を見た記憶はなく、後任に渡した記憶もない。異動の際に渡した資料の中に含まれていたかもしれない」と答えたという。

 農水省が公表した文書は、愛媛県職員らが15年4月2日に内閣府の藤原豊地方創生推進室次長(当時)、柳瀬氏と個別に面会した翌日の3日に作成された。報道各社が先に報じた文書では作成日が15年4月13日になっていた。面会を踏まえた愛媛県の対応を記した部分も両文書で異なる。

 ただ、藤原、柳瀬両氏の発言を記録した部分は同じで、柳瀬氏が「本件は、首相案件となっている」と述べたことや、安倍晋三首相と加計学園の加計孝太郎理事長の会食で獣医学部新設計画が話題になったことが記されている。

 柳瀬氏は10日に発表したコメントで「記憶の限りでは、愛媛県や今治市の方にお会いしたことはない」と面会を否定。13日も首相官邸で記者団から「記憶の限りというのは変わっていないか」と問われ、「はい、変わりません」と語った。

 菅義偉官房長官は13日午前の記者会見で、柳瀬氏と愛媛県の主張が食い違っていることについて「政府として答える立場にない」と述べた。政府関係者は「文書が首相と直接つながることはないが、文書の信ぴょう性は少し高まった」と漏らした。

 立憲民主党の福山哲郎幹事長は13日午前の党会合で「記憶にないという説得力のない反論をしているのは首相と柳瀬氏だけになった。もはや政権を維持できる状況ではない」と批判した。こうした中、衆院予算委員会の与野党筆頭理事は電話で対応を協議。立憲の逢坂誠二氏が柳瀬氏を早期に証人喚問するよう求めたのに対し、自民党の菅原一秀氏は「もう私の判断の範囲を超えている。党国対と相談する」と述べた。菅氏は10日、内閣府と文部科学、農水、厚生労働各省に調査を指示したが、農水省以外では見つかっていない。



「首相案件」秘書官発言あった 野党証人喚問要求へ
日刊スポーツ ー 2018年4月13日(金)
https://www.nikkansports.com/gene…/news/201804130000244.html

 「加計学園」の獣医学部新設をめぐり、愛媛県と今治市の職員らが15年4月2日に官邸を訪れ、柳瀬唯夫首相秘書官(現・経済産業審議官)と面会した際のやりとりを記したとする県職員作成の「備忘録」について、出席者の1人が12日、共同通信の取材に、面会の際、柳瀬氏から「首相案件」発言があったことを認めた。

 柳瀬氏は「記憶の限りでは会っていない」と、自身の記憶を根拠に面会を否定し、安倍晋三首相は11日、柳瀬氏の発言を「信頼する」と述べた。出席者が面会を認め、「首相案件」発言が事実と証言したことで、柳瀬氏の説明は不可欠になる。文書には「加計ありき」と受け取れる文言も多く、否定する首相は、厳しい立場に追い込まれそうだ。

 柳瀬氏は12日、官邸で来週の首相訪米に備えた勉強会に出席。終了後、自身の国会招致の話が出たか問われ、「しないよ」と苦笑したが、「本当に記憶はないのか」の問いには答えなかった。野党は柳瀬氏の証人喚問は不可避と判断。自民党は、16日に回答する。

 備忘録には首相と加計孝太郎理事長、下村博文元文科相が会食で計画について話したような記述もある。首相は新設計画を昨年1月20日に初めて知ったと主張。文書の内容が事実なら首相答弁の正当性も崩れる。

 与党内では、「もり・かけ」に防衛省と、日替わりで疑惑が浮上する状況に、首相を突き放す声も出てきた。二階派の伊吹文明元衆院議長は、派閥会合で「首相には大変な道義的責任がある」と指摘。首相はこの日、麻生派パーティーで「ご心配をおかけしている。膿(うみ)を出し切り、態勢を立て直してご期待に応えたい」とあいさつしたが、態勢立て直しどころか苦境に立たされている。





関連記事
スポンサーサイト



テーマ:安倍晋三 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/4888-fc758d2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)