FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

佐川宣寿・前国税庁長官の証人喚問で疑惑は深まるばかり!

2018年3月27日(火)

 佐川宣寿・前国税庁長官の証人喚問が、
今日の午前中参議院予算委員会で
午後からは衆議院予算委員会で実施された!

SBSH5582.jpg
  (こちらは、きのうの西日本新聞紙面)

 前川喜平・前文部科学事務次官は、官僚を辞めたのだから
自由に証言するよう励ましてもいたが・・・

SBSH5587.jpg


 アホ大臣に呼び捨てにされた上、責任を擦り付けられ
プライドを粉々にされた佐川氏が踏ん切りをつけて
事実を証言するか、刑事訴追云々で言葉を濁すかに
注目されていたが、結局権力に屈した態度に終始した!

 全てを自らの責任として受け入れる答弁を見ていて
哀れ(あわれ)に見えたのは私だけでは無かったと思う。

 森友優遇事件が起こった当時の迫田理財局長から
佐川理財局長は、この件について全く引継を受けていなかった
とのこと。

佐川氏、森友土地取引「迫田から一切引き継ぎない」
 日刊スポーツ - 2018年3月27日15時52分


 引き継がれてもいない前任者と総理夫妻の罪を被って、
全部受け入れるとは、将来の仕事が『保障』されても
人格を否定されたままで「どうなの?」と思わざるを得ない!

佐川宣寿氏、鼻で笑う場面も… 共産・小池氏の質問に対して〈証人喚問〉
 HuffPost - 2018年3月27日

HuffPost_20180327-01_Sagawa.jpg
  参院予算委員会の証人喚問で答弁する佐川宣寿前国税庁長官
  =27日午前、国会内 撮影日:2018年03月27日


 自民党は3月25日(日)に党大会を開催したが、
この問題を受けて党内がぎくしゃくし、改憲提案も
中途半端で、安倍晋三の思惑通りに行かないかも!

SBSH5583.jpg





 

佐川氏、森友土地取引「迫田から一切引き継ぎない」
 日刊スポーツ - 2018年3月27日15時52分
 

 森友学園への国有地売却に関する財務省の文書改ざん問題をめぐり、佐川宣寿・前国税庁長官(60)の証人喚問が27日午後2時、衆院の予算委員会で行われた。

 立憲民主党の逢坂誠二氏から、森友学園問題に絡む多くの事案は、前任の理財局長だった迫田英典元国税庁長官の時代に起こったことであり、引き継ぎはなかったかと質問が飛んだ。

 佐川氏は「なぜ(土地に関して)適正取引をしたのに改ざんしたか、そこが核心。前任の迫田さんと、いつ引き継ぎしたのか」と聞かれると「本件に関しては迫田からは一切、引き継ぎを受けていない」と鍛えた。

 「17年2月から、事が大きくなって大きくなって勉強したのか」と聞かれると、佐川氏は「勉強という言葉が適切でなかったかもしれないが(森友学園問題に絡むのは)2月の報道が初めてだった」と答えた。

 さらに「迫田氏の時代に行われた案件、当事者でもないのに証人喚問を受けるのに理不尽利だと感じることはないか」と問われると、佐川氏は「私どもが公務員だった時は、そこ(のポジション)についたら職責を果たすのが本分。国有財産を担当する部局として、一生懸命話を聞き、資料を読みご答弁するのが私の仕事。書き換えがありましたら、それは私の責任」と、公務員としての本分で取り組んだことを重ねて強調した。

 さらに「佐川さんも被害者のよう気がしてならない。事案発生が自分の時じゃない、引き継ぎを受けていない、それれ後から話を聞いて答弁し、今、喚問を受けている…なぜ?」と質問が飛ぶと、佐川氏は「それはその時、理財局長として答弁を求められれば自分の仕事。書き換えが起こったら、それは私の責任」と答えた。



佐川宣寿氏、鼻で笑う場面も… 共産・小池氏の質問に対して〈証人喚問〉
 HuffPost - 2018年3月27日 12時52分
 

学校法人「森友学園」との国有地取引をめぐる決裁文書改ざん問題で、佐川宣寿・前国税庁長官への証人喚問が3月27日午前、参院予算委員会で始まった。

【関連記事】〈3分でわかる〉佐川宣寿氏の証人喚問が終わったので、気になるポイントをまとめました

共産党の小池晃・書記局長は、2017年の2月〜3月にかけて佐川氏がおこなった国会答弁の根拠を追及。「改ざん前の決裁文書に基づく答弁か」と確認した。

これに対し佐川氏は「書き換えがいつあったのか、どう認識していたのかについては刑事訴追のおそれがあるので答弁を控える」と証言しなかった。

途中、小池氏の発言を受けて、佐川氏が鼻で笑う場面があった。一方で、小池氏から厳しい質問が続き、ここまで淡々と答えてきた佐川氏が初めて補佐人(弁護士)と相談する場面もあった。

以下、小池氏と佐川氏のやりとり。

■小池氏、佐川氏に国会答弁の根拠を尋問するが...

小池氏:証人にお伺いします。あなたの昨年2月から3月にかけての答弁。あなたが「現場における個別案件」と述べた意味での「現場」ですね。すなわち、近畿財務局と理財局の記録に基づいて答弁を行われたんですね。

佐川氏:私の答弁の資料は、理財局と近畿財務局の間で連絡を行なってきたものと私は理解しておりました。

小池氏:ということは、それは改ざん前の文書に基づくということですね。

佐川:文書の書き換えがいつあったのか、私がそれをどう認識してるのかということについては刑事訴追の恐れがあるので、答弁を差し控えさせていただきたい。

小池氏:それはおかしいですよ。改ざんについての質問をしているのではない。答弁の根拠は、その当時は改ざん前の文章でしょ。それしかないんでしょ。それをもとにしたんじゃないですか。なんでこんなことが認められないんですか。

佐川氏:今のご質問ですと、要するに決裁文書がいつ書き換えられたのかという問題と結びつく話だと私は思うんです。そういう意味では、私自身が捜査の対象になってるということでございますので、その点につきましては刑事訴追の恐れがありますので答弁を差し控えさせていただきたい。

小池氏:私が聞いてるのは、昨年2月から3月にかけての質問(答弁)の根拠は一体なんだったのかということを聞いているのであって、(昨年)4月4日に(決裁文書を)改ざんしたんだってことは、財務省は認めるわけなんですよ。理財局の文書は。だから2月から3月はまだ改ざんされてないんですよ。

太田局長(太田充・理財局長)、その当時の決裁文書を前提に答弁書を作るのは基本だと答弁しているんですね。ということは、あなたの昨年2月から3月にかけての答弁は、まさにその当時の決裁文書を前提に行ったんですねと。私は当たり前のこと聞いているですよ。なんかそれ以外にあるんですか。

佐川氏:太田理財局長の答弁、財務省の調査に基づいてお答えしてるんだと思いますが、それは本当に私自身が、今のご質問ですと、その書き変えられた決裁文書そのものが、いつ私が認識して、書き換えがおこなわれたのかとか、そういうことに直結する問題ですので、そういう意味では私が捜査の対象でございますので答弁を控えさせていただきたい。

■小池氏「決裁文書と正反対のことを答えた」と追及

小池氏:罪に問われる、要するに自分か訴追おそれがあるから答えないんじゃなくて、都合の悪いことは答えないないっていうだけの話じゃないですか。こんなことをやっていたら、逆に偽証罪で、本人の身分に関わらない証言拒否として、告発しなくちゃいけなくなる。これを拒否するなら。

具体的に聞きますが、私は昨年3月1日〜2日、2日がかりでこの場で証人に質問しました。鴻池議員の事務所の資料を基に、平成27年1月9日に、「財務局が森友学園を訪問したという事実はあるか」と、都合6回聞いている。6回聞いて、証人はこれを否定したんですよ。

しかし、改ざん前の文章には「平成27年1月9日、近畿財務局が森友学園を訪問し、国の貸付額を伝える」とはっきり書いてある。丁寧さを欠いた(答弁)どころか、決裁文書に書いてあることと正反対のことをこの場で答えた。何でそんなことをされたんですか。

佐川氏:補佐人に助言を求めます。

(佐川氏、ここで初めて補佐人と相談)

佐川氏:大変失礼をいたしました。やはりその件は、私自身がその書き換えの経緯、いつ書き換えたとか、そういうことの時期に関わる話でございますので、そこはお答えを差し控えさせていただきます。

小池氏:委員長、これでは証人喚問の意味がありません。これはね拒否するんだったら、これ以上聞いたって意味ないじゃないですか。私は改ざんについて聞いてるんじゃないんですよ。実際に国会の答弁をどういう根拠でやったか聞いてるんです。これで進めるわけにはいきません。

金子委員長:速記を止めてください。

(与野党の理事が協議)

佐川氏:補佐人に助言を求めます。

金子委員長:速記を止めてください。

(佐川氏、補佐人と相談)

佐川氏:失礼いたしました。今の委員のご質問は、やはりその(昨年)1月9日の今の委員のご質問があった、その、訪問したとかしないとか、お話でございましたけれども、まさに委員は決裁文書の書き換え前の文書に書いてある話と違うじゃないかという話でございまして。

私自身はその決裁文書に書いてある事実を、決裁前ですね、書き換え前の決裁文書に書いてある事実を、いつ知ったかということそのものは、やはり私自身がその決裁文書にどういうふうに関わったか、いつ認識したのか、経緯はどうかという、まさにそういう問題そのものでございますので。

従いまして、私はいま告発をされている身でございまして、刑事訴追のおそれがあるので答弁を差し控えさせていただきます。

小池氏:私は改ざんが誰の指示で行われたのか、何のために行われたのかという質問をしているのではありません。改ざん前の決裁文書をもとに答弁をしたのでしょと事実を確認している。

私が質問をした時点では、改ざん前の文書しかないわけじゃないですか。それをもとに答弁したんでしょと。なんで当たり前のことが答えられないんですか。

佐川氏:お答えします。今の話は、財務省の(太田)理財局長がどういう答弁をしているというご指摘があって、その上でのご質問だろうと思いますが、私自身は理財局の調査について存知ませんし、私自身が(昨年)1月9日についてお答えするのは、決裁前の文書をいつみたかということにそのまま結びつく話でありますので、答弁を控えさせていただいております。

■首相官邸との答弁の調整はあったのか

小池氏:(昨年)2月〜3月にかけて、あなたは何を根拠に答弁をしたんですか。

佐川氏:先ほどから申しますように、質問通告があり、各原課(部署)が答弁書をつくり、答弁書をつくっていたというのが実態でございます。

小池氏:各原課の答弁書は決裁文書を基本に作られているでしょ。

佐川氏:その答弁が本当に決裁文書をもってつくったのか、どういう資料をもとにつくったのか、それは各原課がどういうファクトを確認しながら作ったのかというのは、私自身は答弁書を読んだ後、答弁を申し上げているのでございます。

小池氏:こんな無責任な話がありますか。いったい何を根拠につくったのかわかりませんと。そこでも部下に責任を押し付けるという議論になっちゃいますよ。

さらに聞きますが、私は予算委員会でこの問題を質問した時は、総理に対する質問として通告をしております。ところが、局長が出てきてね、代わりの答弁をされることが度々あったわけです。

結局、この間の予算委員会での質問について私は全部、内閣官房にも質問通告をしております。当然、あなたの答弁内容は首相官邸とも調整してるということになるんじゃないですか。

佐川氏:先ほども申しましたが、理財局が書かなくてはいけないと答弁は理財局で書いて、それを大臣なり総理にお渡しするということでございますので、調整とかっていうことじゃなくて、そういう個別の案件については理財局が総理ように少し簡単にしたものをお届けするというのは実態だったと思います。

■佐川氏、鼻で笑う

小池氏:実務的な中身じゃないんですよ。極めて政治的な中身の質問なんですよ。これをね、官邸と調整しないで答弁書を作るなんてありえない話じゃないですか。総理と食い違ったらどうするんですか。ぜんぶ理財局でやっちゃうわけですか。そんな無責任な説明が成り立つわけないじゃないですか。

佐川氏:あのー、何月何日に、現場で、職員と業者とか、相手方と会ったとか会わないとか極めて実務的な話でございまして。そういうものを総理官邸と調整するっていうことは、通常は考えられないわけでございます。

小池氏:実務的な問題以外にもたくさん質問してるんです。特に昭恵夫人との関わりですね。そして先ほど証人は「答弁にあたって経過は勉強した。一連の書類を読み込んだ。絶えず携行していた」と。ということは決裁文書の中身をよく把握していたはず。先ほど、そうおっしゃったんだから。「一生懸命勉強した」と。

そういう中で安倍昭恵さんの名前が、当時の決裁文書に出てきたわけですね。いつ知ったかは言えないっていうならいいですよ。見た時、いつですか?

(委員会室から笑い声)




関連記事
スポンサーサイト



テーマ:安倍政権 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/4871-af79aeb8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)