FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

名古屋市の中学校での社会教育講演内容に文部科学省がイチャモン

2018年3月16日(金)

名古屋市立の中学校での前川喜平・前文部科学事務次官の講演会の
内容について、文部科学省から名古屋市教育委員会に
内容や聴衆の反応を詳しく報告するようにとの威圧的な
メールが送られてきたと云う。

そのメールには、前川喜平さんの人格を貶めるような内容が書かれていた。

名古屋市教育委員会は、毅然とした態度で簡潔に返信。

暗に、文科省のメールの非常識を批判するような内容。
もちろん、直接批判している訳ではない。

その教育委員会の回答に怒り狂ったのか、再び同じことを
厳しく問うメールを文部科学省から送り付けてきた。

教育委員会は、これにもソツなく返信。

この対応に賞賛の声が上がる一方で、教育基本法違反の
文部科学省への批判が、あちこちで挙がり、国会でも問題となった!

今回の名古屋市教育委員会の『神対応』は、良かったが、
このような問い合わせをする事で、今後 前川喜平氏への講演を
依頼することを尻込みすることになるであろう事を当然
文部科学省は見込んでいる訳で、謂わば脅迫である!

安倍晋三による右翼的国家権力の暴走が文部科学省も変節させた!

前川喜平氏の防波堤が無くなったものだからやりたい放題になっている!

教育基本法の精神からしても到底許せるものではない!

・・・・・・・・・・

前川喜平氏授業の報告要請、文科省が名古屋市教委に
日刊スポーツ (共同)ー 2018年3月15日(木)
https://www.nikkansports.com/general/news/201803150000818.html


前川前事務次官への圧力問題
 文科省をはねつけた市教委の神対応に称賛の声〈dot.〉
AERA dot. (アエラドット) ー 2018年3月16日
https://dot.asahi.com/dot/2018031600071.html


‪前川講師問題:文科省とのメール公開 名古屋市教委 ‬
‪毎日新聞 ー 2018年3月16日(金)‬ 20時34分
‪https://mainichi.jp/articles/20180317/k00/00m/040/121000c‬

上の記事の見出しは『メール公開』となっているが、
この記事にはメール本文は掲載されていない。
しかし、A4サイズで22ページにも及ぶ膨大なものだったと云う。
さすがに、そんなに分量のあるものを掲載できないか?
・・・・・・・・・・


‪前川講師問題:文科省と名古屋市教委のメール 主な内容 ‬
‪毎日新聞 ー 2018年3月16日(金) 20時51分
‪https://mainichi.jp/articles/20180317/k00/00m/040/133000c‬

こちらには、重要部分のメール遣り取りが掲載されている。
文部科学省の問い合わせは恐ろしい内容!






前川喜平氏授業の報告要請、文科省が名古屋市教委に
日刊スポーツ (共同)ー 2018年3月15日(木)
https://www.nikkansports.com/general/news/201803150000818.html

 文部科学省の前川喜平前事務次官が名古屋市の公立中に講師として招かれた際の授業内容や録音について、同省が市教育委員会に報告を要請していたことが15日、分かった。国が個別の授業に絡み、講師の言動に関わる内容を細かく調べるのは異例で、批判の声も上がりそうだ。

 文科省によると、2月に前川氏がこの中学の校長に招かれ、授業で講義した。文科省は今月1日、市教委に対し、授業の内容や前川氏に講師を依頼した経緯などについてメールで尋ねた。同時に授業内容の録音データもあれば提出するよう要請した。

 市教委は、録音データは提出せず、授業内容や講師依頼の概略をまとめ報告。これに対し、文科省は前川氏が同省の組織的天下り問題に主体的に関わり処分を受けたことを事前に十分確認できていなかったのではないかなどと指摘したという。

 文科省の担当者は「事実関係を確認しただけで、授業の内容に口を出したわけではない。問題はなかった」としている。
(共同)




前川前事務次官への圧力問題
 文科省をはねつけた市教委の神対応に称賛の声〈dot.〉
AERA dot. (アエラドット) ー 2018年3月16日
https://dot.asahi.com/dot/2018031600071.html

 監督官庁からのメールでここまで強い調子の文言が並ぶと、市教委の役人がひるんでもおかしくない。ところが、そうはならなかった。
 天下り問題については「文科省ひいては国家公務員全体の問題であると認識」、出会い系バーには「バー云々については、良心的な目的であったことが報道されてい」ると反論。謝礼は交通費込みで5万円と通常の金額であったことを伝え、録音データの提供は「ご提供は差し控えさせていただきます」と拒否した。動員についても、学校内外の参加者人数を報告したうえで、「一切ありません」と回答した。
 また、「事前又は事後に保護者から意見や反応等はなかったのか」との質問には、「事前、事後とも、ポジティブな反応ばかり」と、バッサリ斬り捨てた。
 反省の色をみせなかったことに腹が立ったのか、同省は6日朝8時、再び市教委に質問のメールを送りつけた。今度は締切を翌日の7日正午に設定し、「必要に応じてこれ以外にも改めて質問をさせて頂く可能性」や「書面にて又は直接ご確認をさせて頂く可能性があります」と、“脅し”とも思える文言を並べた。
 だが、このメールも不発に終わる。同省は、2回目の質問でも、前川氏が天下り問題で「省全体の責任者」となり「本人自らの非違行為を理由として停職相当」の処分を受けたことを説明し、「校長はこの事実をご認識されていたのでしょうか」と詰問したが、市教委は「辞任されたこと以上のことは知りません」と、またもやゼロ回答。保護者や生徒の感想についても「ネガティブな反応はまったくなかったのか」と重ねて質問を浴びせてきたが、市教委は「まったくございません」と、2回目のカウンターパンチを浴びせた。
 監督官庁からの嫌がらせとしか思えない調査に、市教委が役人の矜持でキチンと反論したことに「教育の独立を守った」(別の野党関係者)と称賛の声も出ている。官邸ばかりを見て仕事をしている現在の霞が関官僚にとっては、信じられない反応だったに違いない。
(AERA dot.編集部・西岡千史)

 


‪前川講師問題:文科省とのメール公開 名古屋市教委 ‬
‪毎日新聞 ー 2018年3月16日(金)‬ 20時34分
‪https://mainichi.jp/articles/20180317/k00/00m/040/121000c‬

 文部科学省の前川喜平・前事務次官が名古屋市立八王子中の授業で講師を務めた経緯の報告と録音データの提供を文科省が市教育委員会に求めた問題で、市教委は16日、文科省とのメールのやりとりを公開し、記者会見して内容を説明した。文科省のメールは、天下り問題で次官を辞した前川氏の経歴などに触れ、講師を頼んだ理由を繰り返し聞くもので、市教委は「講師に適格ではないと文科省が考えている」と受け取れる文面だったと明かした。

 文科省からの質問と追加質問、市教委からそれぞれへの返信のメール計4本などA4判22ページが公開された。

 市教委によると前川氏は2月16日、八王子中の総合学習の公開授業で講演した。文科省から3月1日に最初のメールが届いた。15項目にわたり、前川氏を招いた経緯や目的、保護者の反応などを尋ね、録音データの提供も求めるものだった。前川氏が次官を辞職した経歴に加え、「いわゆる出会い系バーの店を利用」と言及し、「道徳教育が行われる学校の場」に前川氏を招いた理由を「具体的かつ詳細に」示すよう求めた。

 授業の狙いについて、市教委は「前川さんの中学生時代、文科省時代、退官後の生き方をキャリアの参考にしてほしかった」との旨を3月5日夕に返信すると、追加質問が翌朝に届いた。再び経歴などを持ち出し「前川氏が、停職相当となった事実を校長は認識していたのか」と問うた。

 八王子中の上井(うわい)靖校長は、前川氏を選んだ理由を再三問われたことから「そこを詳しく知りたいんだと感じた」と会見で述べた。また、「3年ほど前に聞いた前川氏の講演が非常に分かりやすく、聞き手にも考えさせる内容だった」ことから講師に選んだと説明した。

 同席した市教委の藤井昌也指導室長によると、個別の授業内容について文科省からの問い合わせは異例。追加質問がすぐに届いたことで「あまりに早くて驚いた。すごい関心を持っている」と感じたという。一方で「我々は多様な観点を大切にしており、人選が間違っていたとは考えていない。今回のことが外部から人を招く障壁にならないように注意していきたい」と述べた。

 録音データは前川氏の許諾がなかったため、文科省には渡していないという。

 河村たかし市長も16日、報道陣の取材に応じ、「ちょっとやり過ぎだと思う。『国の言うことを聞け』ということでしょう。教育委員会も(文科省に)ちょっとは反発して、対応を議論してもらわんといかん」と文科省を批判した。
【三上剛輝、山衛守剛】



‪前川講師問題:文科省と名古屋市教委のメール 主な内容 ‬
‪毎日新聞 ー 2018年3月16日(金)20時51分
‪https://mainichi.jp/articles/20180317/k00/00m/040/133000c‬


名古屋市教育委員会が公開した文書のコピー。
文部科学省は前川氏が「出会い系バーの店を利用した」などとする報道内容を記載し、市教委に前川氏を講師にした理由などを質問している
=名古屋市役所で2018年3月16日、三上剛輝撮影

 文部科学省の前川喜平・前事務次官が講師を務めた授業について、文科省と名古屋市教委がやりとりしたメールの主な内容は次の通り。


 ■3月1日夕(文科省→市教委)

<前川氏の適格性>

前川氏は文科事務次官という立場にいたが、天下り問題により辞職し、停職相当とされた経緯があります。報道などにより在任中にいわゆる出会い系バーの店を利用したことなどが公になっています。道徳教育が行われる学校の場に、また教育課程に位置づけられた授業において、どのような判断で依頼されたのか。

<保護者、生徒の反応>

前川氏の公開授業を行うことについて、事前または事後に保護者や生徒から意見や反応等はなかったのか。

<録音データ>

今回の前川氏の講演による授業について講演録や録音データ等があれば、ご提供ください。

■3月5日夕(市教委→文科省)

<前川氏の適格性>

天下り問題は文科省ひいては国家公務員全体の問題であると認識しています。バーうんぬんは良心的な目的であったことが報道されています。いずれも講演を依頼する障害になるとは考えませんでした。

<保護者、生徒の反応>

ポジティブな反応ばかりいただいている。

<録音データ>

まとめたものはあります。録画したものはありますが、前川さんから許可はいただいておらず、ご提供は差し控えさせていただきます。

■3月6日朝(文科省→市教委)

<前川氏の適格性>

前川氏は本人自らの非違行為を理由として停職相当とされたが、校長はこの事実をご認識されていたのでしょうか。道徳教育を行う学校において授業を行ったことについて、改めて校長の見解をご教示ください。

<保護者、生徒の反応>

ネガティブな反応は全くなかったと理解してよろしいでしょうか。

<録音データ>

全て公開で開催されたものと理解しており、録画記録を外部に提出することについて本人の許可が必要とされる理由をご教示ください。「まとめたもの」はご提供いただけないでしょうか。

■3月7日昼(市教委→文科省)

<前川氏の適格性>

辞任された以上のことは知りません。今回の授業は(総合的な学習の時間であり)道徳ではありません。

<保護者、生徒の反応>

まったくございません。

<録音データ>

まとめたものは前川さんのご了解をいただいておりますのでお見せできます。



関連記事
スポンサーサイト



テーマ:安倍政権 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/4860-01ba0ea4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)