FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

北朝鮮・金正恩委員長とアメリカ・トランプ大統領が直接会談へ!

2018年3月10日(土)

北朝鮮の金正恩氏のメッセージを携えて、
先日の北朝鮮との交渉の代表団長であった特使・
鄭義溶(チョンウィヨン)・大統領府国家安保室長が
アメリカのトランプ大統領を訪問し、
政権幹部との予備交渉なしに直接トランプ大統領と面会。

金正恩委員長の会談への『招待メッセージ』を直接トランプ大統領に
伝えたところ、即決で招待を受け入れ会談することが決まったと云う!

歓迎すべきことだ!


20180310215334d13.jpg

アメリカ vs 北朝鮮  初の首脳会談へ
 トランプ氏「5月までに」 金正恩氏の招請受諾
 西日本新聞・夕刊 - 2018年03月09日 13時53分
 https://www.nishinippon.co.jp/nnp/world/article/399987/

20180310215336d31.jpg

圧力一辺倒の対応をしていた安倍晋三政府は置き去り状態!
慌ててトランプと電話会談した後、「評価する」と表明した!
20180310215337749.jpg


日本共産党も北朝鮮とアメリカの直接会談への動向を歓迎!

米朝首脳会談への動きを歓迎する
        2018年3月9日
  日本共産党幹部会委員長 志位和夫
http://www.jcp.or.jp/web_policy/2018/03/post-776.html

一、韓国大統領の特使は、米国のトランプ大統領と面会し、北朝鮮の金正恩委員長が非核化に取り組むとのべているとともに、米朝首脳会談の開催を提案していることを伝えた。韓国特使によると、トランプ大統領は、恒久的な非核化を達成するために、金委員長と5月までに会談するとの意向を表明したとのことである。

 米朝首脳会談への動きを歓迎する。首脳会談が実現し、危機打開、緊張緩和、非核化、平和体制の構築につながることを強く願う。

一、日本政府は、従来の対話否定論をあらため、米朝対話への動きを促進し、成功させる立場にたつべきである。



【関連記事】

⇒ トランプ米国大統領が北朝鮮の金正恩委員長の
 招待を受け入れる形で首脳会談が行われるようだ。
 金正恩委員長から会談を提案した意義は大きい!

     **********

ホワイトハウス報道官 「招待受け入れる」
 NHK NEWS WEB - 2018年3月9日 9時59分
 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180309/k10011357251000.html

 アメリカのホワイトハウスのサンダース報道官はさきほど声明を発表しました。

 この中でサンダース報道官は「トランプ大統領は、韓国のムン大統領らの心のこもった言葉に感謝している。トランプ大統領は、北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)委員長の招待を受け入れる。時期と場所については、今後決定する。北朝鮮の非核化を期待している。

 (以下略)



⇒ アメリカ政府の報道発表を日本経済新聞ワシントン支局・永沢毅氏が
 送信している情報なので、確度は高い!
 記事も解り易く肯定的に書いている。 是非お読みください!
 やはり、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長の申し出を
トランプ米大統領が受け入れ、直接会談に応じると発表した、ようだ!
     **************
米朝首脳5月にも会談 金正恩氏が要請、米政府発表
 日本経済新聞 - 2018/3/9 10:52 (2018/3/9 12:53更新)
‪https://www.nikkei.com/article/DGXMZO27901690Z00C18A3MM0000/‬


トランプ米大統領、金正恩氏と会談へ 韓国発表
 CNN - 2018.03.09 Fri posted at 09:49 JST
 https://www.cnn.co.jp/world/35115874.html





アメリカ vs 北朝鮮  初の首脳会談へ
 トランプ氏「5月までに」 金正恩氏の招請受諾
 西日本新聞・夕刊 - 2018年03月09日 13時53分
 https://www.nishinippon.co.jp/nnp/world/article/399987/

【西日本新聞:ワシントン=田中伸幸】
 トランプ米大統領は8日(日本時間9日午前)、韓国の鄭義溶(チョンウィヨン)・大統領府国家安保室長とホワイトハウスで会談し、北朝鮮の非核化を協議するため、北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長と5月までに会談する意向を表明した。鄭氏が報道陣に明らかにした。鄭氏によると、首脳会談開催は金氏が招請。金氏は核実験やミサイル発射の停止も約束した。米朝首脳が直接会談するのは初めて。朝鮮半島の緊張緩和や非核化の実現へ向け、事態が大きく動く可能性がある。

 トランプ氏は同日、ツイッターで「金氏が核開発の凍結ではなく非核化に言及し、ミサイル発射も停止していることは大きな進展だ。会談が設定される!」と投稿。一方、「合意に達するまで制裁は続ける」とも発信し、北朝鮮が非核化に向けた具体的な行動を取らない限り、北朝鮮への圧力を維持する方針を明確に示した。

 ホワイトハウスのサンダース大統領報道官も同日、声明で「トランプ氏が金氏の会談の招請を受け入れた」と発表。首脳会談の日時や場所は「未定」とした。

 鄭氏は今月5~6日に平壌を訪問し、金氏と会談。鄭氏は会談内容をトランプ政権に説明するため8日にワシントン入りし、ホワイトハウスでトランプ氏ら政権首脳らと会って、金氏の発言を直接伝えた。

 鄭氏によると、金氏は鄭氏との会談で、非核化に取り組む意思を示し「今後、いかなる核実験やミサイル発射も停止する」と発言。定期的な米韓合同軍事演習の継続にも理解を示した。その上で金氏は「トランプ大統領とできるだけ早く会うことに熱意を表明した」という。

 鄭氏は、過去の北朝鮮との対話で核実験停止などの合意に達しても、北朝鮮がその後に合意を破棄してきたことを踏まえ、「米韓や(日本など)友好国は過ちを繰り返さない。北朝鮮の非核化の発言が実行されるまで圧力をかけ続ける」とも述べた。

 トランプ氏が事務レベルの対話ではなく、自身が直接会談に臨むことについて、米政府高官は過去の米政権が高官レベルの対話で北朝鮮の核問題に対処して失敗してきたと指摘。「金氏は北朝鮮で意思決定できる唯一の人物であり、米国で意思決定ができる人物(トランプ氏)が会談の招請を受け入れるのは理にかなっている」と説明した。

=2018/03/09付 西日本新聞夕刊=



     ************

しかし、頑迷な安倍晋三政権はこの期に及んでも
従来通りの口調で喚いており、トランプ政権以上に
柔軟性が無い無能政府であることを露呈している!

政府、北朝鮮ペースを懸念 米朝首脳会談開催方針に
 西日本新聞 - 2018年03月09日 12時39分
 https://www.nishinippon.co.jp/nnp/politics/article/399975/

日本の外務省も情勢の新しい進展に追いついていない!
「展開のスピードがちょっと早い」(外務省幹部)と戸惑いの声が上がった。

・・・・・・・・・・


米朝首脳5月にも会談 金正恩氏が要請、米政府発表
 日本経済新聞 - 2018/3/9 10:52 (2018/3/9 12:53更新)
‪https://www.nikkei.com/article/DGXMZO27901690Z00C18A3MM0000/‬
(適宜改行は引用者による)

【ワシントン=永沢毅】
 米ホワイトハウスは8日、トランプ米大統領が北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長の申し出を受け入れ、直接会談に応じると発表した。
 韓国大統領府によると、トランプ氏は5月までに会談する意向で、金委員長は核・ミサイル実験の凍結を約束した。
米朝首脳会談が実現すれば歴史上初めてとなる。
 朝鮮半島を中心とした東アジア情勢に大きな変化をもたらすとともに、日本の外交・安全保障政策にも影響を及ぼすのは確実だ。
 サンダース米大統領報道官が8日発表した。
同氏によると、首脳会談の場所や日程はこれから詰めるとしている。別の米政府高官は会談時期について「2~3カ月以内の話だ」と述べた。
 これに先立ち、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領特使として北朝鮮を訪れていた鄭義溶(チョン・ウィヨン)大統領府国家安保室長がトランプ氏と面会し、訪朝結果を説明した。
 鄭氏によると、金委員長はトランプ氏とのできるだけ早い時期の会談を熱望していると表明。
 非核化への意欲とともに、核・ミサイル発射実験を凍結すると約束した。
 これまで北朝鮮への脅威になるとして中止を求めてきた米韓合同軍事演習の継続にも理解を示した。
 トランプ氏は「恒久的な非核化を達成するため、5月までに金委員長に会う」と語ったという。
 この後、トランプ氏は8日、ツイッターに「金正恩氏は韓国特使と非核化について協議した。単なる(核実験の)凍結ではない。北朝鮮はミサイル実験もこの期間実施しない」と強調。
「大きな進展だが合意に達するまで制裁は続ける。会談を計画中だ!」と書き込んだ。
 米政府高官は今回の決定を受け、米朝首脳会談が実現したとしても「北朝鮮への『最大限の圧力』は続く」と記者団に説明した。
 トランプ氏と韓国特使の面会にはマティス国防長官、マクマスター大統領補佐官(国家安全保障担当)らが同席した。
 トランプ氏は6日、北朝鮮が非核化に向けた米国との対話に意欲を示したことについて「北朝鮮は真剣だと思う」と一定の評価を示していたが、米朝対話については北朝鮮の出方を見極める考えを示していた。
 ティラーソン米国務長官も8日、米朝交渉開始までは「遠い」と語っていた。
 ただ、韓国は米朝協議の仲介に向けた外交を加速。今月には特使を北朝鮮に派遣し、金正恩氏と4月末の南北首脳会談の開催で合意した。
 その後、訪米した鄭氏は金正恩氏のメッセージをトランプ氏に伝達する役割を果たした。 



トランプ米大統領、金正恩氏と会談へ 韓国発表
 CNN - 2018.03.09 Fri posted at 09:49 JST
 https://www.cnn.co.jp/world/35115874.html

【ワシントン(CNN)】
  米政府と韓国国家安全保障室長は8日、米国のトランプ大統領が、5月までに北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長と会談することで合意したと発表した。

 米ホワイトハウスのサンダース報道官は、
「トランプ大統領は金正恩氏との会談の招きを受け入れる。場所や日時は後日決定する。我々は北朝鮮の非核化に期待する。この間も、全ての制裁と最大限の圧力は継続しなければならない」
 とする声明を発表した。

 これに先立ち韓国の特使団は同日、トランプ大統領と会談し、金委員長からの会談の申し入れを伝えていた。実現すれば、現職の米大統領が北朝鮮の最高実力者と会談するのは初めてとなる。

 米ホワイトハウスで発表を行った韓国の鄭義溶(チョンウィヨン)国家安全保障室長によると、北朝鮮は非核化に貢献する意向を韓国の特使団に伝え、今後の核実験やミサイル実験を自制する意向を表明した。

 金委員長はまた、米韓合同軍事演習が年内に予定通り実施されることについては理解していると韓国特使団に伝えたという。

 「金委員長はできるだけ早期にトランプ大統領と会談したい意向を示した」と鄭室長は話している。





関連記事
スポンサーサイト



テーマ:北朝鮮 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/4854-a5c58d69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)