FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

「憲法第9条は平和に貢献」78% 朝日新聞世論調査

今日(2007年5月2日)付けの朝日新聞(紙版)を昼休みに行き付けのランチハウスで見ていたら、憲法特集を大きな紙面を割いてやっていた。
「憲法改正」論議に触れたものでもあるが、こういう時期だけに編集者と取材チームにエールを送りたい。

 そういえば、最近のNHKも今年2月の「焼け跡から生まれた憲法草案」(教育TV)また先日4月29日の「日本国憲法 誕生」(総合TV)で、日本国憲法が決して占領軍の押し付けではないことを詳しく論証していたが、今夜(5月2日午後10時半)も1時間枠に拡大した「そのとき歴史が動いた 憲法9条 平和への闘争」と題した番組を放送するようである。ここをクリック
 宣伝スポットによれば、これまでの番組で憲法成立過程を描いてきたが、今夜は番組にふさわしく、朝鮮戦争や安保闘争で日本国憲法が鍛えられてゆく1960年前後の改憲派・護憲派の相克を描くらしい。

 今夜も注目である!

 さて、冒頭の朝日記事によれば、(ここをクリックWeb版ではグラフが無い)

憲法第9条が日本の平和に「役立ってきた」
 評価する人が78%を占めた。という(昨年は74%)

憲法改正が「必要」と思う人は58%にのぼるが、
 改正が必要な理由を聞くと
 「新しい権利や制度を盛り込む」が8割に達する。
 自衛隊を「自衛軍に変えるべきだ」は18%にとどまり、
自民党がめざしている改憲の方向と民意との開きが目につく。

憲法改正が「必要」が58%に対し、
     「必要ない」は27%。

一方、9条を「変える方がよい」は33%で、
      「変えない方がよい」の49%

「自衛隊を自衛軍に変える」ことへの支持は18%で、
        「自衛隊のままでよい」が70%にのぼった。

憲法改正が「必要」と答えた人に、その理由を三つの選択肢から選んでもらうと、
 84%の人が「新しい権利や制度を盛り込む」を挙げた。
 「自分たちの手で新しい憲法を作りたい」は7%
 「9条に問題がある」は6%で、改正の理由としては少ない。

憲法改正が「必要ない」理由では、
 「9条が変えられる恐れがある」が39%で最も多く、
 次いで「国民に定着」33%
 「自由と権利を保障」25%
改憲が必要と思う人とは対照的に、9条を強く意識する人が多い。

安倍政権のもとでの憲法改正に
「賛成」は40%、「反対」は42%で二分された。

*******************************************
今日も御覧頂きありがとうございます。
「憲法を暮らしにいかそう」と思われる方はクリックを!

*******************************************

「憲法第9条は平和に貢献」78% 朝日新聞世論調査(朝日新聞) - goo ニュース

*****************************
【そのとき歴史が動いた 憲法9条 平和への闘争】番組紹介:NHK
日本国憲法施行から60年。この間、「戦争放棄、戦力不保持」を定めた第九条の理念と、今や世界有数の軍備を持つにいたった現実について様々な議論が行われてきた。
冷戦下、吉田政権は独立をめぐるアメリカとの駆け引きの中で、再軍備要求を受け入れる。しかし、それは九条との矛盾を生み、その結果、2つの勢力が形成される。
憲法で軍備を認めるよう九条改正をめざす「改憲勢力」、そして、九条の平和主義を守ろうとする「護憲勢力」。
この対立は、岸内閣が進める日米安保条約の改定をめぐり過熱する。岸は不平等な内容を改正して世論の支持を得て、その後、改憲を進める構想を抱いていた。
しかし、護憲勢力は、安保改正は日本を戦争に巻き込むことにつながると反発。この訴えは、核実験や駐留米軍に対する反戦運動の高まりのなか、国民の戦争への不安に火をつけ、戦後最大の国民運動に発展する。
結局、新安保条約は成立するが、その直後に岸は退陣。その後組閣した池田首相は「憲法改正は今考えていない」と発言。改憲・護憲論争は収束し、この改憲に対する姿勢はその後の内閣にも引き継がれていく。
番組では、憲法九条をめぐり改憲・護憲論争が火花を散らせた、憲法施行から安保闘争までを描く。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

憲法9条「変えない方がよい」67% 朝日新聞世論調査

憲法9条「変えない方がよい」67% 朝日新聞世論調査
9条を「変えない方がよい」は67%で、「変える方がよい」の24%を大きく上回った。

「これからの日本の平和や東アジアの安定」に9条が「役立つ」と考える人は70%にのぼり、そうした評価が9条維持の世論につながっている。
調査方法: 2010年4月17、18の両日、コンピューターで無作為に作成した番号に電話をかける「朝日RDD」方式で、全国の有権者を対象に調査した。世帯用と判明した番号は3457件、有効回答は2083人。回答率60%。

歴史は、着実に動いていることを感じます。

歴史を動かしている力は何か? 平和と繁栄を願う働く人々です。

多くの人たちの労働の成果から儲けを上げて、メシを食べる、そういう人たちが国民をだまして、9条を変え、消費税を上げ、その中で儲けようとする。 そんな時代は、徐々に過去としたい。

つぎの変化は、日米密約付き安保条約の破棄、九条を世界の九条への変化ではないでしょうか?

その動きは、もう始まっています。

  • 2010/05/03(月) 17:41:25 |
  • URL |
  • sasaki.nobuhiko #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

言論の自由さま

朝日が偏向している訳ではなく、讀賣の調査結果でも同様の結果が出ています。
http://blog.goo.ne.jp/junsky/e/9af717b8830aef4e78593e7343bba611" target=_blank>http://blog.goo.ne.jp/junsky/e/9af717b8830aef4e78593e7343bba611

「一概に信用できるものではない」ということは解りますが、これは国家権力に都合の良いように改竄されてきたという歴史を見てのこと。

国家権力に都合の悪いような改竄は行なえないと思います。
そうであれば、憲法を守りたいという比率はもっと高いかも知れません。

大体、改正を望む人たちの中には、憲法9条での戦力の不保持をもっと明確にして欲しいという『善意の』意見や、国民の生活や環境に関する改正希望もある訳で、「改悪」を望んでいる人の比率といったら、もっと少なくなるでしょう。

そういう意味では、恣意的な設問で世論を誘導する傾向は確かにあります。

表に出た数値を鵜呑みにせず、設問の構成も良く斟酌して、結果を分析するべきでしょう。

と言う訳で、このブログで讀賣や産経や朝日の世論調査を紹介することは、間違いとは思いません。

  • 2007/05/04(金) 23:46:15 |
  • URL |
  • JUNSKY(開設者) #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

TBできません

たしかな野党を 様

何度かそちらにTBしてみましたが通りません。
他のcocologサイトも同様です。

cocolog と gooの相性が悪いようです。

  • 2007/05/04(金) 02:19:04 |
  • URL |
  • JUNSKY(開設者) #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

Unknown

先ほど古い数字と文面で失礼した。

正確には
「メディアへの信頼度」で68%ではなく、50%の人が信用していないとの事。

下記を参照して欲しい。

TBS 筑紫哲也のNEWS23で世論調査捏造疑惑
http://www.wafu.ne.jp/~gori/diary3/200511251243.html" target=_blank>http://www.wafu.ne.jp/~gori/diary3/200511251243.html

以上

  • 2007/05/03(木) 09:14:16 |
  • URL |
  • 言論の自由 #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

Unknown

今回の朝日の世論調査のサンプル数が明確でないのに、一概に、これらの数値を信用するのはいかがなモノか・・・??

通常世論調査は公開されておらず、数値は自由に加工できるので、68%の人は信用していないと言う統計もでている。

「朝日は大手だから信用できる」と言う神話は完全に崩壊している。

マスコミの捏造問題は、今に始まった事でもないので、驚くに値しないが、冷静に物事を見つめる視点が必要である。

  • 2007/05/03(木) 09:04:19 |
  • URL |
  • 言論の自由 #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

TBありがとうございます

見たいな、と思いつつ、事務所に鍵を閉めに。
他の人たちが会議をしていましたので。
結局はメールの点検などで遅くまでいて、TBに気付きました。
ありがとうございます。

  • 2007/05/03(木) 01:14:08 |
  • URL |
  • ひとみ #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/485-db9918b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)