FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

米軍F16戦闘機 青森県・小川原湖湖に ほぼ満タンの燃料タンク2個を投棄! 

2018年2月21日(水)

 また、米軍機が『日本領土内』で大事故を起こした!

 きのうの朝8時40分頃に、青森県の米軍三沢基地を飛び立ったばかりの
F16戦闘機がエンジン火災を起こし、『米兵と機体の安全のため』
離陸直後でほぼ満タンの燃料タンク2個を青森県・小川原湖に投棄した。

 西日本新聞によれば、燃料タンクは単体で200kgで1400リッターの
燃料が搭載可能だと云う。
すなわち最大で、2800リッターのジェット燃料が小川原湖を汚染した訳!
タンクの重量も含めば、およそ3トンもの危険物質が上空から降ってきた
と云う危険極まりない話しである!

 おまけに、小川原湖では『シジミ漁の漁船』4、5隻が操業していたと云う!

 中国が尖閣諸島水域の『領海近く』まで偵察に来ても
こういう事故が起こる訳でまないのに安倍晋三は喚き散らすが
米軍に対しては国民へのアリバイ作り的に一応抗議するだけ!


 本日の西日本新聞の紙面から

SBSH5075.jpg

SBSH5079.jpg

米戦闘機が燃料タンク投棄、青森 エンジン火災で湖に
 西日本新聞 - 2018年02月20日10時23分 (更新 02月20日 14時32分)
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/395576/
 

 20日午前8時40分ごろ、青森県の米軍三沢基地所属のF16戦闘機が離陸直後にエンジン火災を起こし、基地近くにある小川原湖(同県東北町)に燃料タンク2個を投棄した。同機は離陸の3分後に三沢基地に引き返して着陸した。米軍から連絡があり、小野寺五典防衛相が閣議後の記者会見で明らかにした。東北防衛局三沢防衛事務所によると、けが人や被害は確認されていない。

 小川原湖の地元漁師によると、燃料タンクとみられる物体は、シジミ漁をしていた船から約400メートルの距離に落下。付近では4、5隻が操業し、15メートルほどの水しぶきが上がった。



SBSH5077.jpg

SBSH5078.jpg

政府、米に再発防止を要求 F16タンク投棄で、湖全面禁漁
 西日本新聞 - 2018年02月20日15時54分 (更新 02月21日 01時09分)
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/395655/
 

 政府は20日、米軍三沢基地(青森県三沢市)所属のF16戦闘機が近くの小川原湖(同県東北町)に燃料タンクを投棄したことに関し、安全管理の徹底と原因究明、再発防止を講じるよう米側に申し入れた。菅義偉官房長官が記者会見で明らかにした。安倍晋三首相も衆院予算委員会で「運用に当たって地域住民の安全確保は大前提だ。米側に対して安全管理の徹底と原因究明、再発防止を強く求める」と述べた。

 地元漁師によると、燃料タンクとみられる物体はシジミ漁の船から200~400メートルの距離に落下したという。小川原湖漁業協同組合は燃料の油回収までの間、湖での漁の全面的見合わせを決めた。




SBSH5073.jpg

米軍にF16飛行停止要請、町長 タンク投棄で国に漁業補償も
 西日本新聞 - 2018年02月21日 11時56分
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/395889/
 

 米軍三沢基地(青森県三沢市)所属のF16戦闘機が同県東北町の小川原湖に燃料タンク2個を投棄したことを受け、蛯名鉱治東北町長は21日、エンジントラブルの原因が究明されるまで、F16戦闘機の飛行を停止するよう米軍側に申し入れたことを明らかにした。

 町長によると、米軍三沢基地のスコット・ジョーブ司令官と20日に面会した際に申し入れた。蛯名町長は「町には漁師が多い。一歩間違えれば大惨事だった」と不快感を表明した。

 町は21日、対策会議を開き、小川原湖で漁をする漁業者に補償するよう国などに求めることや、漁業者の生活を守る方策を検討することを決めた。



【関連記事】

米戦闘機が燃料タンク投棄、青森 エンジン火災で湖に、けが人なし
 河北新報 - 2018年02月20日火曜日
http://www.kahoku.co.jp/naigainews/201802/2018022001001445.html


米軍にF16飛行停止要請、町長 タンク投棄で国に漁業補償も
 河北新報 - 2018年02月21日水曜日
http://www.kahoku.co.jp/naigainews/201802/2018022101001248.html


<米軍機タンク投棄>基地司令官、三沢市に陳謝 首長ら再発防止を要請
 河北新報 - 2018年02月21日水曜日
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201802/20180221_23025.html


<米軍機タンク投棄>100隻操業「寒けした」 油流出で禁漁
 河北新報 - 2018年02月21日水曜日
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201802/20180221_23011.html
 

 米軍三沢基地(三沢市)に所属するF16戦闘機の燃料タンクが落とされた小川原湖(青森県東北町)では20日、約100隻の漁船がシジミ漁をしていた。落下による水柱を見た漁師からは驚きの声が上がった。漁協は当面、流出した油の影響で湖内を禁漁にした。

 「雪が舞い上がり、最初は竜巻だと思った。
水柱だったので、小さな噴火にも見えた」


 シジミ漁をしていた山田正彦さん(52)に聞こえた戦闘機のごう音は、普段より少し大きかった。その直後、約400メートル離れた場所に高さ約15メートル、幅約10メートルの水柱が立っているのを確認した。水柱から100~200メートル付近では5隻ほどの漁船が操業していたが、どの船も異変には気付いていないようだったという。

 水柱が立った場所に近づくと、湖面の氷に直径約15メートルの穴が空いていた。近くには迷彩柄のプラスチックや金属片のようなものが散乱。小川原湖で1992年4月にあった米軍戦闘機の部品落下が思い浮かんだ。

 山田さんは「(戦闘機の)部品だと理解したら寒けがした。とんでもないほど近い距離。冗談じゃない」と動揺を隠さない。

 全国有数の好漁場に燃料タンクの油が流出した影響も大きい。小川原湖漁協は20日午後、緊急役員会で湖内での禁漁を決めた。期間は米軍がタンクと油を回収し、水産物の安全性を確認するまで。
 小川原湖は2016年度のワカサギとシラウオの漁獲量が全国1位。同じく3位のシジミは冬期間、高値で取引されるだけに経済的な痛手だ。

 漁協の浜田正隆組合長(76)は「運よく人災はなかったが、非常に遺憾だ。組合員の安全のため、米軍は小川原湖の上空を飛行しないでほしい」と語った。







     ******************

米戦闘機が燃料タンク投棄、青森 エンジン火災で湖に、けが人なし
 河北新報 - 2018年02月20日火曜日
http://www.kahoku.co.jp/naigainews/201802/2018022001001445.html
 

 米軍三沢基地(青森県三沢市)所属のF16戦闘機が同県東北町の小川原湖に燃料タンク2個を投棄したことを受け、蛯名鉱治東北町長は21日、エンジントラブルの原因が究明されるまで、F16戦闘機の飛行を停止するよう米軍側に申し入れたことを明らかにした。
 町長によると、米軍三沢基地のスコット・ジョーブ司令官と20日に面会した際に申し入れた。蛯名町長は「町には漁師が多い。一歩間違えれば大惨事だった」と不快感を表明した。
 町は21日、対策会議を開き、小川原湖で漁をする漁業者に補償するよう国などに求めることや、漁業者の生活を守る方策を検討することを決めた。



米軍にF16飛行停止要請、町長 タンク投棄で国に漁業補償も
 河北新報 - 2018年02月21日水曜日
http://www.kahoku.co.jp/naigainews/201802/2018022101001248.html
 

 米軍三沢基地(青森県三沢市)所属のF16戦闘機が同県東北町の小川原湖に燃料タンク2個を投棄したことを受け、蛯名鉱治東北町長は21日、エンジントラブルの原因が究明されるまで、F16戦闘機の飛行を停止するよう米軍側に申し入れたことを明らかにした。
 町長によると、米軍三沢基地のスコット・ジョーブ司令官と20日に面会した際に申し入れた。蛯名町長は「町には漁師が多い。一歩間違えれば大惨事だった」と不快感を表明した。
 町は21日、対策会議を開き、小川原湖で漁をする漁業者に補償するよう国などに求めることや、漁業者の生活を守る方策を検討することを決めた。



<米軍機タンク投棄>基地司令官、三沢市に陳謝 首長ら再発防止を要請
 河北新報 - 2018年02月21日水曜日
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201802/20180221_23025.html
 

 米軍三沢基地のF16戦闘機が小川原湖(青森県東北町)に燃料タンクを投棄したことを受け、同基地のR・スコット・ジョーブ司令官は20日、同県三沢市役所を訪れ「地域住民に不安を与え、遺憾に思う」と陳謝した。
 対応した米田光一郎副市長らによると、ジョーブ司令官は(1)マニュアルに従い燃料タンクを投棄(2)離陸前点検では問題なし(3)原因は調査中-と説明し、「エンジンそのものではなく、ソフト面に原因があったのではないか」と話した。
 三沢市と三沢基地周辺町内連合会は、タンクの早急な回収や原因究明、飛行訓練の一層の安全管理体制確保などを要請した。青森県東北町の蛯名鉱治町長は「現場では多数の漁師が操業しており、一歩間違えば重大事態。再発防止に万全を期してほしい」と要請する文書を司令官に渡した。
 県も同日、米軍三沢基地司令官、外相、防衛相と東北防衛局長の4者に、原因究明と現状復旧などを文書で要請した。三村申吾知事は「油などの影響を早急に調査してほしい。漁業などに被害があれば対応を考える」と述べた。



関連記事
スポンサーサイト



テーマ:沖縄米軍基地問題 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/4837-a6041c28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)