FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

戦車攻撃型ヘリ【AH64D】墜落事故 製品不良の可能性も!

2018年2月8日(木)

 きのうの当方のブログ記事で
陸自ヘリ墜落事故 今の時点で『整備不良』と決めつけるのは性急では?
  と書いたが、その考えは間違いでは無かったようだ。

SBSH4997.jpg
       (今日の西日本新聞より)

世界各地でのAH64シリーズの事故は2008年以降、今回が40件目
AH64Dに絡み、死者を出すなどした「重大事故」が2013年以降、計15件発生



現場の2キロ圏金属片が散乱 陸自ヘリ墜落
 西日本新聞 - 2018年02月08日 06時29分更新


   脱落して500mも離れた水路で発見された 「メインローター」
Main-Roter_Nishinippon_201802070012.jpg
       (昨日の西日本新聞より)

 「メインローター・ヘッド」等の主要部品を新品に交換後の試験飛行で
「メインローター」が外れて急速に飛行不能になり墜落したことは、
ドライブレコーダーにたまたま記録された映像でも判明している。

 「メインローター・ヘッド」から「メインローター」が外れたと思われていた。 
AH64D_Accident_NHK-201802070421-1.jpg
  (メインローター・ヘッド部: 画像は、NHK NEWS WEB より)

 ところが、今朝のNHKニュースなどでは、水路に落下していた「メインローター」
の根元に「メインローター」を接続するための「メインローター・ヘッド」の一部が
破損して残存していたことを報道していた。

AH64D_Accident_NHK-201802080407-1.jpg
   (画像は、NHK NEWS WEB より)

 また、「メインローター・ヘッド」の主要部分は、民家に墜落した本体部分近くで
破断した状態で見付かったとのこと。

AH64D_Accident_NHK-201802080407-2.jpg
   (画像は、NHK NEWS WEB より)

 と、云うことは、交換したばかりの新品の「メインローター・ヘッド」の一部が
『製品不良』で、破断した可能性が出てきたと云うことである。
 「メインローター」の内2本は墜落現場に、1本は500mも離れた水路に
残りの1本は発見されていない、と云うことなので、「メインローター・ヘッド」
そのものが、部分破断したと思われる。

   脱落して 500mも離れた水路で発見された 「メインローター」
     手前の方が「メインローター・ヘッド」側と思われる。
Main-Roter_20180206.jpg
     日本共産党・参議院議員の仁比 聡平さん撮影の写真!
     2018年2月6日午後8時頃 facebook に UP!

     ****************** 

 また、同様の事故が米国で過去に発生しているとの情報が
今日の西日本新聞に掲載されていた。 
(下記)

同種ヘリが米で類似事故 陸自機墜落
 西日本新聞 - 2018年02月08日 06時28分更新


 これによると「AH64」は、この10年ほどで40件もの事故が発生しているとのこと

 世界各地でのAH64の事故は2008年以降、今回が40件目
2016年12月に米テキサス州の海岸で発生し、乗組員2人が死亡した墜落事故は、佐賀の事故機と同じAH64Dだったとみられ、やはり飛行中にメインローターが分離したとの目撃情報が寄せられたという。
 米陸軍によるとAH64Dに絡み、死者を出すなどした「重大事故」が2013年以降、計15件発生している。 
 そうした事例を教訓に的確に機体整備を行っていたかどうかなども、原因究明の焦点となりそうだ。


SBSH4998.jpg
SBSH5000.jpg
   (今日の西日本新聞の掲載記事より)


 きのうも書いたように整備士に一方的に責任を押し付けるのではなく
事故原因を徹底的に精査するべきだ!


*****************

【関連記事】

自衛隊ヘリ墜落
 回転翼を機体につなぐ部品が飛行中に破損か

 NHK NEWS WEB - 2018年2月8日 4時07分

AH64D_Accident_NHK-201802080407-3.jpg
   (画像は、NHK NEWS WEB より)

墜落ヘリのメインローター部品を現場で発見
 NHK NEWS WEB - 2018年2月7日 16時45分


飛行と機体整備の記録など調べ原因究明へ 防衛省
 NHK NEWS WEB - 2018年2月7日 4時34分

AH64D_Accident_NHK-201802070434-1.jpg
   (画像は、NHK NEWS WEB より)


飛行中にメインローターが脱落し墜落か
 NHK NEWS WEB - 2018年2月7日 4時21分

AH64D_Accident_NHK-201802070421-2.jpg
   (画像は、NHK NEWS WEB より)




同種ヘリが米で類似事故 陸自機墜落
 西日本新聞 - 2018年02月08日 06時28分更新
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/392423/
 

【ワシントン田中伸幸】佐賀県神埼市の住宅に墜落した陸上自衛隊の攻撃ヘリコプターと同種の「AH64」は、米国をはじめ世界各地で運用され、2008年以降、少なくとも墜落など40件の事故報告がある。 今回墜落したAH64Dの事故機は、メインローター(主回転翼)が機体から分離して落下した可能性が指摘されているが、米国でも似たような事故が過去に発生。そうした事例を教訓に的確に機体整備を行っていたかどうかなども、原因究明の焦点となりそうだ。

 米ボーイング社開発のAH64にはD、Eなど複数の型があり、1984年以降、米陸軍のほか日本などアジアや英国など欧州、中東、アフリカ諸国で計約2200機が導入されている。

 航空機の事故情報などを掲載する国際的な民間ウェブサイト「アビエーション・セーフティー・ネットワーク」によると、世界各地でのAH64の事故は08年以降、今回が40件目。16年12月に米テキサス州の海岸で発生し、乗組員2人が死亡した墜落事故は、佐賀の事故機と同じAH64Dだったとみられ、やはり飛行中にメインローターが分離したとの目撃情報が寄せられたという。米陸軍によるとAH64Dに絡み、死者や200万ドル(約2億2千万円)以上の損害を出すなどした「重大事故」が13年以降、計15件発生している。

 米陸軍関連の研究所が昨秋公表した陸軍所属の軍用機事故に関する報告書によると、AH64の10万飛行時間当たりの、死傷者が出るなどした事故の発生率は3・26。単純比較はできないが、事故が頻発している米海兵隊の輸送機MV22オスプレイの重大事故発生率の3・27とほぼ同レベルだ。

 ただ、国防総省系の研究所でオスプレイの性能分析を担当したレックス・リボロ氏によると、軍用ヘリの事故発生率は1~4で「AH64が突出して高いとは言えない」と指摘する。

 小野寺五典防衛相は7日の衆院予算委員会で、海外でのAH64の事故情報を把握しているとした上で「機体に構造上の不具合があったとの報告は承知をしていない。もしそのような不具合があれば、自衛隊で十分把握されていると思っている」との認識を示した。

=2018/02/08付 西日本新聞朝刊=



現場の2キロ圏金属片が散乱 陸自ヘリ墜落
 西日本新聞 - 2018年02月08日 06時29分更新
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/392424/
 

 民家に墜落した陸上自衛隊ヘリコプターは、住宅地の上空を飛行。機体の部品は墜落現場の東側約2キロ、南北1キロの範囲に広く散乱し、多くの人々が深刻な被害に遭いかねなかった状況を浮き彫りにした。

 主回転翼4枚のうち、1枚((1))は現場から南東約500メートルの水路で発見。長さが約7メートルあり、陸自は7日夕、隊員6人がかりで水から引き揚げた。落下地点の半径150メートル以内には工場や民家、コンビニがある。

 近くの60代男性は「あんな大きな金属の塊が飛んできたのか」と驚いた様子。男性は事故当時は自宅の外にいたという。「誰にもぶつからなくて、本当に良かった」と話した。

 現場の東200~300メートルの田畑からは1メートル近い迷彩柄の金属片((2)(3))が多数見つかった。地面に深くめり込み、落下の激しさを物語る。同東約500メートル付近では、小さな金属片やケーブルなど((4))が無数に散らばっていた。

=2018/02/08付 西日本新聞朝刊=




自衛隊ヘリ墜落
 回転翼を機体につなぐ部品が飛行中に破損か

 NHK NEWS WEB - 2018年2月8日 4時07分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180208/k10011319971000.html
 

佐賀県の住宅に陸上自衛隊のヘリコプターが墜落した事故で、回転翼を機体につなぎ止めるための部品が破損した状態で回転翼に付いたままになっていたことが自衛隊への取材でわかりました。この部品は直前の整備で交換されたばかりで、自衛隊は整備の状況などを詳しく調べることにしています。

今月5日、佐賀県神埼市の住宅に陸上自衛隊のヘリコプターが墜落して炎上し、乗っていた隊員2人が死亡、当時住宅にいた小学生の女の子が足を打撲するけがをしました。

事故機の部品や破片は、墜落現場の東側の東西およそ2キロ、南北およそ1キロの範囲に散乱していて、自衛隊が回収し分析を進めています。

このうち、墜落現場から東におよそ500メートル離れた場所で回収されたメインローターという大きな回転翼を確認した結果、機体につなぎ止めるための部品の一部が破損した状態で回転翼の根元に付いたままになっていたことがわかりました。この部品は「メインローターヘッド」と呼ばれるもので、直前の整備で交換されたばかりでした。

自衛隊は、この部品が何らかの原因で飛行中に破損した可能性もあると見て、整備の状況や部品を納入した際の記録などを詳しく調べることにしています。




墜落ヘリのメインローター部品を現場で発見
 NHK NEWS WEB - 2018年2月7日 16時45分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180207/k10011319321000.html
 

佐賀県の住宅に陸上自衛隊のヘリコプターが墜落した事故で、プロペラのように回転するメインローターを機体につなぎ止める部品が墜落現場で見つかりました。この部品は直前の整備で交換されたばかりで、ローターが飛行中に脱落したという目撃情報もあることから、自衛隊は部品の破損状況を詳しく調べることにしています。

5日、佐賀県神埼市の住宅に陸上自衛隊のヘリコプターが墜落した事故では乗員2人が死亡し、当時、住宅にいて逃げ出した小学生の女の子が足を打撲するけがをしました。

事故機の部品や破片は、墜落現場の東側の東西およそ2キロ、南北およそ1キロの範囲に散乱し、自衛隊は7日も160人余りの体制で捜索し、墜落現場とその周辺で回収を進めました。

自衛隊によりますと、これまでの捜索で、プロペラのように回転する4枚のメインローターを機体につなぎ止める「メインローターヘッド」と呼ばれる部品が墜落現場で見つかったということです。
この部品は飛行直前の整備で交換されたばかりで、事故機のメインローターが飛行中に脱落したという目撃情報もあることから、自衛隊は部品の破損状況を詳しく調べることにしています。




飛行と機体整備の記録など調べ原因究明へ 防衛省
 NHK NEWS WEB - 2018年2月7日 4時34分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180207/k10011318311000.html
 

5日、陸上自衛隊のヘリコプターが住宅に墜落して隊員2人が死亡した事故で、防衛省は、現場の状況などから飛行中に複数の部品が落下した可能性があると見て、回収したフライトレコーダーを解析するとともに、機体の整備の記録も調べて原因を究明することにしています。

5日夕方、陸上自衛隊のAH64戦闘ヘリコプター1機が佐賀県神埼市の住宅に墜落して炎上し、乗っていた機長の齊藤謙一2等陸佐(43)と、副操縦士の高山啓希1等陸曹(26)が死亡しました。

事故機からは、6日、飛行データや音声を記録したフライトレコーダーが回収され、防衛省は今後、損傷の程度によって国内か海外の専門会社に持ち込んで解析することにしています。

事故機は定期整備を行った直後で、今回はメインローターという大きな回転翼4枚を、機体につなぎ止める部品も交換したことがわかっていますが、墜落現場から南東におよそ500メートルの場所で、このうちの1枚と見られる回転翼が見つかりました。

現場付近では、ほかにも多くの機体の破片が散乱していて、防衛省は飛行中に複数の部品が落下した可能性があると見て、当時の飛行状況とともに、機体の整備の記録も調べて原因を究明することにしています。




飛行中にメインローターが脱落し墜落か
 NHK NEWS WEB - 2018年2月7日 4時21分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180207/k10011318271000.html
 

佐賀県の住宅に陸上自衛隊のヘリコプターが墜落した事故で、プロペラのように回転するメインローターと見られる部品が、墜落現場から離れた場所に落下しているのが見つかりました。メインローターを失うとヘリコプターは飛行できなくなるため、警察と自衛隊は、飛行中にローターが脱落し、墜落した可能性もあると見て調べています。

5日、佐賀県神埼市の住宅に陸上自衛隊のヘリコプターが墜落した事故では、乗員2人が死亡し、当時住宅にいて逃げ出した小学生の女の子が足を打撲するけがをしました。

この事故で、墜落現場から東におよそ500メートル離れた場所に、プロペラのように回転するメインローターと見られる部品が落下しているのが見つかりました。

ヘリコプターはメインローターの回転が止まると、上空に浮いていることができなくなります。

メインローターと見られる部品が墜落現場から離れた場所で見つかっていることから、警察と自衛隊は、飛行中にローターが脱落し、墜落した可能性もあると見て調べています。






関連記事
スポンサーサイト



テーマ:自衛隊/JSDF - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/4824-e256e37f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)