FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

スパコン詐欺事件で斉藤元章容疑者 再逮捕

2018年1月26日(金)

‪スパコン、脱税容疑立件へ 前社長、数億円所得隠しか 東京地検‬
‪朝日新聞デジタル ー 2018年1月22日‬
‪https://www.asahi.com/articles/DA3S13324364.html‬


‪スパコン事件:社長3度目逮捕 法人税2億円脱税容疑 ‬
‪毎日新聞 ー 2018年1月24日(水)‬
‪https://mainichi.jp/articles/20180125/k00/00m/040/051000c

 スーパーコンピューターの開発を手がけるベンチャー企業「ペジーコンピューティング」(東京都千代田区)を巡る助成金詐欺事件で、同社の所得を隠し法人税約2億円を脱税したとして、東京地検特捜部は24日、社長の斉藤元章被告(50)=詐欺罪で起訴=を法人税法違反容疑で再逮捕した。斉藤容疑者の逮捕は3度目。

 逮捕容疑は、ペジー社を設立した2010年以降の5年間、斉藤容疑者が役員を務めていた電子部品開発企業「ウルトラメモリ」(同八王子市)などへの外注費を水増しする手口で約8億5000万円の所得を隠し、法人税約2億3100万円を免れたとしている。隠した所得には、国側から受給した助成金が含まれていたという。

 斉藤容疑者は昨年12月5日、「新エネルギー・産業技術総合開発機構」(NEDO)から助成金約4億3100万円をだまし取ったとして詐欺容疑で逮捕された。今月4日には別の助成金をだまし取ったとして詐欺容疑で再逮捕されていた。

 特捜部は24日、2回目に逮捕した事件で、斉藤容疑者と元事業開発部長の鈴木大介被告(47)=同=を約2億2200万円の詐欺罪で追起訴した。斉藤容疑者は社長の辞任届を出している。【飯田憲、平塚雄太】

カーレース損失穴埋めか
 特捜部は、斉藤容疑者が過去に手掛けたカーレース事業で発生した損失の穴埋めに、隠した所得を流用したとみている。レースでは、斉藤容疑者自身がハンドルを握ることもあったという。当時、レース用の車両のメンテナンスを依頼された業者は取材に「(斉藤容疑者は)メンテナンス代を踏み倒したまま、音信不通になった」と証言する。

 関係者によると、斉藤容疑者はカーレースに興味があり、2006年に知人に設立させた会社「EMSマネージメント」に資金を提供し、レーシングチーム運営事業などを展開させていた。自身も「桜井基樹」の名でレースに参加していたという。

 車両のメンテナンスを担当した会社の関係者は「(斉藤容疑者から)本職は米国で医療機器開発の仕事をしていると聞いた。金づかいが派手な印象だった」と振り返る。昨年末に斉藤容疑者が詐欺容疑で逮捕されたことをニュースで知って過去のことを思い出したといい「私も被害者」と憤りをあらわにした。

 別の関係者によると、EMS社はその後、多額の損失を出し、08年にカーレース事業から撤退。社名を変更した後、斉藤容疑者が役員を務めていた「ウルトラメモリ」に負債が引き継がれたという。

 特捜部は、NEDOから助成金を得たペジー社がウルトラ社に支出した外注費の一部は、繰り越されてきたカーレース事業の損失の穴埋めに充てられたとみている。【巽賢司】





関連記事
スポンサーサイト



テーマ:安倍政権 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/4811-f79dbc26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)