FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

戦争回避の為に画期的な合意だと思うが日本のマスメディアの 見出しは Negative !

2018年1月10日(水)

昨日、朝から夜まで十数時間に渡って繰り広げられた
韓国と北朝鮮の会談は突発的な戦争を回避する為には
『画期的成果』を得たと私は思う。


20180110201320bc1.jpg


しかし、その合意事項を正面に掲げて論評したマスメディアは少なく、
北朝鮮の『思惑』ばかりを勝手に想像してネガティブに描いている。

合意事項を掲載している記事も、その論評の後に配置している。

合意事項(別掲)のポイントを言えば下記である。

1)平昌冬季五輪に北朝鮮は選手団および応援団を参加させる。

2)突発的な戦争を回避する為に軍事当局者の会談を開催する。

3)朝鮮半島の問題は他国の干渉なしに 朝鮮民族で解決する。


20180110201320b73.jpg

これ程明確な合意事項に謂わば『イチャモン』を付ける日本のマスメディアは、
事態解決を望んでいないのでは無いか? と思わざるを得ない!

 ≪南北高官級会談で採択した共同報道文全文≫
韓国聯合通信 ー 2018/01/09 21:53


【板門店聯合ニュース】

韓国と北朝鮮は9日、南北軍事境界線がある板門店の韓国側施設「平和の家」で高官級会談を行い、来月開催の平昌冬季五輪に合わせた北朝鮮代表団の訪韓、軍事当局者会談の開催などに合意する内容の3項目の共同報道文を採択した。

 以下は共同報道文の全文。

 会談で双方は北側代表団の平昌冬季五輪・パラリンピック参加問題と、全民族の念願と期待に応じて南北関係改善に向かうための問題を真摯(しんし)に協議し、以下の通り合意した。

 1.南と北は南側地域で開催される平昌冬季五輪・パラリンピックが成功裏に進められ、民族の地位を高める契機となるよう積極的に協力することにした。

 これと関連し北側は平昌冬季五輪に高官級代表団と民族オリンピック委員会代表団、選手団、応援団、芸術団、観戦団、テコンドー演武団、記者団を派遣し、南側は必要な便宜を保障することにした。

 双方は北側の事前の現地調査に向けた先発隊派遣や北側の平昌五輪参加と関連した実務会談を開催することにした。日程は今後、文書交換の形式で協議することにした。
 

 2.南と北は軍事的緊張状態を緩和して朝鮮半島の平和的環境をつくり、民族の和解と団結を図るため共同で努力することにした。

 南と北は現在の軍事的緊張状態を解消すべきとの見解で一致し、これの解決に向け軍事当局会談を開催することにした。

 南と北は多様な分野で接触と往来、交流と協力を活性化し、民族的和解と団結を図ることにした。

 3.南と北は南北宣言などを尊重し、南北関係を巡る全ての問題についてわが民族が朝鮮半島問題の当事者として対話と交渉を通じて解決していくことにした。

 このため双方は南北関係改善に向けた南北高官級会談とともに各分野の会談も開催することにした。



20180110201319596.jpg


【日本のマスメディアの見出し】

‪南北閣僚級会談:北朝鮮、平昌五輪参加を表明
 ‪毎日新聞 − 2018年1月9日 東京夕刊‬
 ‪https://mainichi.jp/articles/20180109/dde/001/030/062000c



‪南北閣僚級会談:北朝鮮「核」対話を拒否 ‬
‪韓国と軍当局会談合意 ‬

 ‪毎日新聞 − 2018年1月10日(水)‬
‪https://mainichi.jp/articles/20180110/ddn/001/030/010000c‬



‪南北閣僚級会談:日米静観「五輪限定」 圧力の分断警戒 ‬
‪ 毎日新聞 − 2018年1月10日(水)‬
‪https://mainichi.jp/articles/20180110/k00/00m/010/179000c



‪南北会談、北朝鮮ペース 非核化はゼロ回答
‪ 日本経済新聞 − 2018年1月10日(水)
‪https://www.nikkei.com/article/DGXMZO25489400Z00C18A1EA2000/‬



‪北朝鮮の五輪参加、合意 軍事会談開催も 南北協議
 ‪朝日新聞デジタル − 2018年1月10日(水)‬
‪https://www.asahi.com/articles/DA3S13305952.html‬



20180110201318877.jpg




南北 北朝鮮代表団の平昌五輪派遣で合意
=軍事当局者会談開催も ‬

‪韓国聯合通信 − 2018年1月9日‬ 21:21

【板門店聯合ニュース】
韓国と北朝鮮は9日、南北軍事境界線がある板門店の韓国側施設「平和の家」で高官級会談を行い、韓国で来月開催の平昌冬季五輪に合わせた北朝鮮代表団の訪韓、軍事当局者会談の開催で合意する内容の3項目の共同報道文を採択した。

 ただ、韓国側が提案した旧正月(今年は2月16日)に合わせた南北離散家族の再会行事開催に関する内容は盛り込まれなかった。

 南北はこの日午後8時過ぎから最後の会議を開き、会談を終えた。韓国首席代表の趙明均(チョ・ミョンギュン)統一部長官と北朝鮮首席代表を務める対韓国窓口機関・祖国平和統一委員会の李善権(リ・ソングォン)委員長をはじめ双方の代表団全員が出席した。

 午前の全体会議で韓国側は北朝鮮に平昌五輪への代表団の派遣や開会式での南北合同入場、応援団の派遣を要請した。また、南北離散家族の再会行事を旧正月に合わせて開催することを提案、これを話し合うための赤十字会談開催を持ち掛けた。

 これに対し北朝鮮側は高官級や民族オリンピック委員会の代表団、選手団、応援団、芸術団、観戦団、テコンドー団、記者団などの派遣を提案した。離散家族の再会行事については具体的な返答をしなかったとされる。



‪南北閣僚級会談:北朝鮮、平昌五輪参加を表明
 ‪毎日新聞 − 2018年1月9日 東京夕刊‬

【ソウル米村耕一】
韓国と北朝鮮の閣僚級会談が9日午前10時、南北の軍事境界線にある板門店(パンムンジョム)の韓国側施設「平和の家」で始まった。北朝鮮側は平昌(ピョンチャン)冬季五輪(2月)に選手団を派遣すると韓国側に伝えた。韓国側は開会式での南北合同入場を提案した。南北軍事境界線付近での緊張緩和や南北離散家族再会事業についても議題となる可能性がある。

 南北当局者の協議は2015年12月以来約2年ぶりで、昨年5月の文在寅(ムンジェイン)政権発足後は初めて。韓国側首席代表は趙明均(チョミョンギュン)統一相、北朝鮮側は対韓国窓口機関である祖国平和統一委員会(祖平統)の李善権(リソングォン)委員長が務め、それぞれ南北関係と五輪・スポーツ担当者が同席した。祖平統は16年6月に朝鮮労働党の外郭機関から、省庁級の国家機関へと格上げされている。

 会談冒頭、(北朝鮮の)李委員長は「北南関係は凍り付いているが、その下に関係改善を望む民心は流れており、その望みの強さによって今回の会談の場が整えられた」と語った。これに対して、(韓国の) 趙統一相も「重要な議題の一つが冬季五輪への北側代表団の参加だ。北側から貴重なお客様が来てくれるので、五輪が平和の祭典としてすばらしく開催されるだろうと期待している」と応じた。

 北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長は1日の「新年の辞」の演説で、「米本土全域がわれわれの核攻撃の射程圏にあり、核のボタンが私の机の上に常にある」と米国を威嚇する一方、韓国に向けては「平昌五輪への代表団の派遣を含む必要な措置を取る用意がある」と述べて積極的に南北対話を進める姿勢を示した。韓国の文政権はこれに歓迎する意思を表明し、今回の会談の流れができた。

 ただ、北朝鮮は韓国で新政権が誕生した際には南北対話を呼びかけるのが常で、今回も五輪参加問題では実質的な協議に応じる一方、米韓軍事演習の中止も同時に求めるなど従来通りの原則的主張を展開する可能性が高い。







関連記事
スポンサーサイト



テーマ:北朝鮮問題 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/4795-a5f245fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)