FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

平昌五輪を誘導路にして韓国と北朝鮮が公式交流の道が再開! 

2018年1月9日(火)

さまざまな困難を克服して、話し合いの窓口が開かれ、
北朝鮮の冬季五輪参加が正式に決まったことを歓迎する!

今後もこの窓口を活かして『突発的戦争』に至らないように
交渉を続けてほしい!

今の段階では戦争阻止が第一命題であり、
拉致被害者の問題や従軍慰安婦の問題は
次の課題(Next Stage)だと思う。

日本政府は、北朝鮮と韓国の話し合いにネガティブな
メッセージを送ったり、介入したりしてはならない!


     ***********

韓国代表「非核化対話など必要」 
北朝鮮は反応示さず=南北会談

 聯合ニュース - 2018/1/9(火) 15:13配信

YONHAP NEWS_20180109-01
   会談を前に握手を交わす、韓国の趙明均統一相(右)と
   北朝鮮の祖国平和統一委員会の李善権委員長
      =板門店で9日、AP

【板門店聯合ニュース】
 韓国と北朝鮮は9日、南北軍事境界線がある板門店の韓国側施設「平和の家」で高官級会談を行い、韓国首席代表の趙明均(チョ・ミョンギュン)統一部長官は全体会議の冒頭、朝鮮半島で互いに緊張を高める行為を中止するとともに「速やかに非核化など平和定着のための対話を再開する必要がある」と述べた。韓国代表団の千海成(チョン・へソン)統一部次官が伝えた。

 これに対する北朝鮮の反応について、千氏は「特別な言及や反応はなく、耳を傾けている様子だった」と説明した。

 北朝鮮が制裁の緩和や南北経済協力事業・開城工業団地の操業再開などに言及したかとの質問には「明示的に話さなかった」と伝えた。




北朝鮮、平昌五輪参加を正式表明 2年ぶり南北会談で韓国に
 西日本新聞 - 2018年01月09日 14時26分
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/world/article/385078/
 

【ソウル共同】
 韓国と北朝鮮は9日、南北軍事境界線上の板門店の韓国側施設「平和の家」で、2年1カ月ぶりとなる南北当局間会談を開いた。韓国代表団は、北朝鮮が韓国・平昌冬季五輪に参加すると正式に表明したと明らかにした。首席代表は閣僚級で、南北会談は韓国の文在寅大統領の政権発足後では初めて。文氏は北朝鮮の五輪参加を実現させ緊張緩和につなげたい考えで、会談の行方は朝鮮半島情勢に大きく影響する。
(以下略) 



南北閣僚級会談
北朝鮮、平昌五輪参加を表明

 毎日新聞 - 2018年1月9日 東京夕刊
https://mainichi.jp/articles/20180109/dde/001/030/062000c
 

【ソウル米村耕一】
 韓国と北朝鮮の閣僚級会談が9日午前10時、南北の軍事境界線にある板門店(パンムンジョム)の韓国側施設「平和の家」で始まった。北朝鮮側は平昌(ピョンチャン)冬季五輪(2月)に選手団を派遣すると韓国側に伝えた。韓国側は開会式での南北合同入場を提案した。南北軍事境界線付近での緊張緩和や南北離散家族再会事業についても議題となる可能性がある。
(以下略) 



**************

【関連記事】

韓国代表団、北朝鮮に平昌冬季五輪の合同入場行進と
合同応援を要請

 西日本新聞 - 2018年01月09日 14時27分
https://www.nishinippon.co.jp/flash/f_kyushu/article/385131/



北朝鮮、非核化対話などの提案には反応せず 南北会談
 北朝鮮、非核化対話などの提案には反応せず 南北会談

 西日本新聞 - 2018年01月09日 14時29分
https://www.nishinippon.co.jp/flash/f_kyushu/article/385132/



南北閣僚級会談
北朝鮮、平昌五輪参加を表明

 毎日新聞 - 2018年1月9日 東京夕刊
https://mainichi.jp/articles/20180109/dde/001/030/062000c


南北閣僚級会談
代表、ベテラン同士 韓国・会談通VS北朝鮮・強硬派

 毎日新聞 - 2018年1月9日 東京夕刊
https://mainichi.jp/articles/20180109/dde/007/030/022000c
 

【北京・共同】
9日の南北会談には、韓国から趙明均(チョミョンギュン)統一相、北朝鮮から対韓国窓口機関、祖国平和統一委員会の李善権(リソングォン)委員長がそれぞれ首席代表として出席。両者とも南北交渉の経験が豊富なベテランで、硬軟自在の駆け引きを繰り広げそうだ。

 趙氏は、統一省内で北朝鮮との折衝経験が「最も多い会談通」(聯合ニュース)。同省の官僚として、開城(ケソン)工業団地など南北の経済協力事業に長く携わった。2007年の盧武鉉(ノムヒョン)大統領と金正日(キムジョンイル)総書記による南北首脳会談に同席し、首脳宣言の文言調整にも関わった。

 一方の李氏は朝鮮人民軍出身。00年代半ばから主に南北の軍事会談で代表を務めてきた。
(以下略) 





関連記事
スポンサーサイト



テーマ:北朝鮮問題 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/4794-b034c914
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)