FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

阿蘇大噴火! 伊方原発 運転差し止め仮処分決定の新しい視点!

2017年12月14日(木)

 きのうの広島高裁による伊方原発運転差し止めに関して
今日の西日本新聞が詳しく報道していた。

 その記事を読んでみると、広島高裁の野々上友之裁判長は
原子力規制委員会の基準を援用して説得力ある論理を展開している。

 今回の判断が広島高裁・野々上友之の『特殊な判断』では無く
原子力規制委員会が設けた「火山影響評価ガイド」に照らして
危険であり「原発の立地として不適」と断じたと云う訳である。


 「火山影響評価ガイド」では、原発から160kmの範囲にある火山
影響を評価しなければならないとされている。

 その中には、中国・四国地方の多数の火山に加えて九州の
阿蘇山
までが入っていて、9万年前の大噴火の際に伊方地方まで
火砕流が流れてきた可能性があり、噴石や火山灰は多量に
降り注いだことが明らかであるようだ。


 この大噴火により原発が損傷すれば、原発から100kmの広島市にも
大きな被害が出る可能性があり、広島市の原告が被災する可能性が
ある(原告能力が有る)と判断された。

 原告は、「Hibakusha Block NPP」 (被爆者が原発を止めた)
 と書いたプラカードを勝訴を報告する裁判所前で掲げた!
Nikkei_20171213_IkataGenpatsu-01.jpg
     画像は日経新聞(12/13)WEB版より


 当該部分を引用すると 

【原子力規制委員会は新規制基準を受け、火山対策の具体的指針となる「火山影響評価ガイド」を策定。
原発から160キロ内にある火山を対象に、火山活動の可能性や噴火規模を推定し、原発稼働時の安全性を評価するように定めた。
推定できない場合、過去最大の噴火規模に照らし、火砕流などの影響を評価するように確認している。】



 続いて西日本新聞は次のように指摘した(同感である!) 

【九州には阿蘇カルデラから約130キロの九州電力玄海原発、約150キロの九電川内原発がある。両原発の安全性を巡る議論に影響を与えそうだ。】



   今日の西日本新聞のWEB版から
Nishinippon_201712140006_000.jpg
     (阿蘇山からの同心円距離の画像)

SBSH4566.jpg

以下は、この記事を読む前の私の投稿を再掲 ↓ 

 仮処分『判決』=“九州の”阿蘇山の大噴火による影響
 を他の原発にも適用すれば、
 九州電力・川内原発(鹿児島県),玄海原発(佐賀県)も
 当然の事ながら一層危険極まりないと云うことになる!
 『火山の噴火』まで広げれば日本の殆どの原発が
 噴火の危機からは免れないと云う話しになる!


      *************


   今日の西日本新聞の記事から

火山リスク厳格適用 伊方原発差し止め
 規制委判断「不合理」 高裁指摘 玄海、川内に波及も

 西日本新聞 - 2017年12月14日 06時00分
 

 四国電力伊方原発3号機(愛媛県伊方町)の運転差し止めを命じた13日の広島高裁の決定は、地震や津波の影響ではなく、火山のリスクを重視した点が特徴だ。
 伊方原発から約130キロの熊本県・阿蘇カルデラの約9万年前の破局的噴火による火砕流に言及し、伊方原発は「立地に適さない」と踏み込んだ。
 九州には阿蘇カルデラから約130キロの九州電力玄海原発、約150キロの九電川内原発がある。両原発の安全性を巡る議論に影響を与えそうだ。


IMG_3904.jpg

 原子力規制委員会は新規制基準を受け、火山対策の具体的指針となる「火山影響評価ガイド」を策定。
 原発から160キロ内にある火山を対象に、火山活動の可能性や噴火規模を推定し、原発稼働時の安全性を評価するように定めた。
 推定できない場合、過去最大の噴火規模に照らし、火砕流などの影響を評価するように確認している。


IMG_3897.jpg

 ガイドに基づき、四国電力は42の火山に関して伊方原発への影響を調べた。阿蘇カルデラは、前回の破局的噴火後の活動やマグマだまりの状況を検討し、「破局的噴火直前の状態ではない」と判断。原発は火山と十分に離れており、火砕流が起きても敷地内には流入せず、「影響を及ぼす可能性はない」と結論づけた。

 この想定を基に、規制委も「伊方原発の立地は適当」としたが、高裁は「火砕流が原発敷地に到達した可能性が小さいとはいえない」として、規制委の判断を「不合理」と指摘。火山噴火の影響を重視した。


IMG_3898.jpg

 鹿児島大の井村隆介准教授(地質学)は「福島第1原発事故が起きるまで、原発の安全性の議論は基準地震動や活断層が中心だった。火山については今も十分に議論されておらず、安全対策は付け焼き刃。火山ガイドを厳密に適用すれば、運転できない原発がほかにも出てくる」と分析した。

 阿蘇カルデラは九州の中心にあり、既に稼働中の川内原発や、九電が来年3月に再稼働を目指す玄海原発のいずれも160キロ以内に位置する。約9万年前の破局的噴火では、火山灰が日本全域に飛び、火砕流の堆積物は九州や中国地方にも広く分布したとされる。


IMG_3893.jpg

 武蔵野学院大の島村英紀特任教授(地球物理学)は「九州はほかにも霧島、桜島、雲仙岳などの活火山が集中し、川内や玄海はさらにリスクが高い」と指摘。火砕流は火山ガスや水蒸気を含み、時速200キロ近い速さで瀬戸内海も越えて広がる恐れがあるといい、「そもそも160キロ以内という想定自体が甘い」と強調した。


IMG_3894.jpg

SBSH4552.jpg

SBSH4561.jpg

SBSH4551.jpg







伊方原発決定「歴史的な転換点」 一報にどよめく支援者
 西日本新聞 - 2017年12月13日 19時13分
 

 「歴史的転換点だ」。四国電力伊方原発3号機の運転を差し止めた13日の広島高裁決定に、仮処分を申し立てた住民や詰め掛けた支援者ら約110人からはどよめきが上がり、すぐに「やった」「涙が出そう」と喜びの歓声に変わった。四国電の担当者は「残念だ」と厳しい表情を浮かべた。

 午後1時半ごろ、住民側弁護団の河合弘之弁護士がこわばった顔で裁判所を飛び出し、決定文を掲げながら「勝った」と声を張り上げた。原発運転禁止を求める訴訟は全国で敗訴が相次ぐ。河合弁護士が「流れを変えた」と言葉に力を込めると、大きな拍手が湧いた。



SBSH4569.jpg

SBSH4568.jpg







関連記事
スポンサーサイト



テーマ:原発再稼働 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/4768-72205e3f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)