FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

日本共産党が衆議院選挙の結果を次に活かす方針を採択!

2017年12月5日(火)

日本共産党の『第3回中央委員会総会』が開催され、
衆議院選挙の結果を次に活かす方針を採択されたとのこと!

何よりも新しい提案は(今ごろ?の感はありますが;笑)
【JCPサポーター】制 を採用し自発的運動を拡げてもらう
と言う点だろうと思います。

また、今も日本共産党のWebページから主な記事は無料で読めますが
  【しんぶん赤旗 WEBページ】

一般紙電子版と同様の『しんぶん赤旗』の全体像に相当するものを
有料の『赤旗電子版』として発行されることになったようです。
詳細の方向性は今後検討するとのこと。

以下の『YouTube』で、志位委員長の記者会見の模様が見られます。

【3中総を終えて 志位委員長が会見:37分ほど】


  2017年12月3日、第3回中央委員会総会終えて 
  志位委員長が会見 「共闘の時代」にふさわしい党づくりを

志位委員長の結語から一部引用

「しんぶん赤旗」電子版、「JCPサポーター」制度について

 「しんぶん赤旗」日刊紙の電子版、「JCPサポーター」(仮称)制度は、大歓迎されています。
昨日、千葉県のある女性からメールをいただきました。
この女性は電話やメールで、ぜひ「サポーター」制度をつくってほしいという熱烈な要望を寄せてくれていた方です。
「サポーター制度ができれば、できることを何でもやりたい」というような意見を寄せていただいた方なのですが、昨日のメールには、このように書いてありました。

 「本日の総会に取り上げていただけますこと、嬉(うれ)しく思います。お電話もメールも無駄ではなかった、と噛(か)みしめております。前向きな議決がなされることを願ってやみません。追伸。我が家も今月から赤旗日曜版を紙でとらせていただくことにしました」

 たいへんにうれしいメールであります。

ぜひよいスタートを切れるようにしたいと考えております。



次は、【JCPサポーター制度】についての小池晃書記局長の会見


   【JCPサポーター制度について:13分ほど】

13分ほどの記者会見の中で9分ちょっと前から
【JCPサポーター制度】についての方向性を説明されてます。

 特に『目新しい』取り組みは無いかも。常識で考えられる範囲(笑)

 SNSの基本は【LINE】を使用する方向。
 2018年1月中にはUPさせたい。
 熱烈な支持者を増やすことはもちろん
 無党派層・若い人々も対象としたい。

 若い人々の SNSの活用率は、LINEが60%を超え最多なので
 LINEをプラットフォームにする予定。



JCPサポーターの制度発足1月末めど
 小池氏 “双方向”“日常的に”

 しんぶん赤旗 - 2017年12月5日(火)
 

 日本共産党の小池晃書記局長は4日の会見で、3中総で発足を提起した「JCP(日本共産党)サポーター」制度(仮称)について問われ、「共産党を熱烈に応援したいという人もちょっと力になりたいという人も、それぞれの関わり方で共産党と共に未来を開いていくようなものにしたい」と述べ、1月末をめどにスタートすると説明しました。

 小池氏は、同制度の発足は「市民と野党の共闘を通じて新たに共産党を応援し始めた方々が圧倒的にネットやSNSを通じてつながってきた方々で、しかも、その方々が候補者個人だけでなく共産党そのものを応援するような新たな流れが起きていることを踏まえたものだ」と発言。ネットやSNSで党が日常的に市民・国民と結びついて力を合わせて選挙戦などをたたかう制度としたいと話しました。

 具体的には、党のホームページにサポーターのページを開設して会員登録をしたり、LINE(ライン)などで結び付き、会員にはネットやSNSでの発信、対話での協力、条件に応じで選挙活動への協力や募金を呼びかけていくことに加え、「会員の意見や知恵を寄せていただくような双方向型の交流も計画していきたい」と表明。さらに「節々でサポーターに集まってもらうイベントなども計画していきたい」と現段階での構想を披露しました。



第3回中央委員会総会
 志位委員長の幹部会報告

 しんぶん赤旗 - 2017年12月2日

   (長いです。 YouTube なら2時間弱)


関連記事
スポンサーサイト



テーマ:日本共産党 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/4757-c26dbf1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)