FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

【民主主義社会と報道の自由】 福岡市東区 なみきスクエア にて

2017年11月11日(土)

今日は、近くで開催された下記のイベントに参加!

20171111184319f88.jpg

100名近い参加者で会場の 『なみきスクエア 視聴覚室』は、
補助椅子を出すほどの満杯。

NHKの問題点を中心に現在のマスメディア報道の偏向を学びました。

講師のホロコースト研究者澤田愛子さんの話では、現在の日本の状況は、
ナチスが独裁至る前夜の状況に酷似しているとのことでした。

2017111118432134e.jpg


【民主主義社会と報道の自由】
福岡市東区 なみきスクエア 視聴覚室にて
NHKを考える福岡の会 – 2017年11月11日(土)14:00 〜
澤田 愛子 生命倫理・ホロコースト研究者

この会場を小さな公民館の二階かと思ってたら、
こんな立派な建物でビックリした。

公共放送であるNHKがとんでもない。
なんとかしなきゃならないと思って講演をお引き受けした。

大学のレジュメのような資料10枚になってしまったが、
自らの勉強も兼ねて作成しお配りしている。

若い人は新聞も読まないしテレビも見ない。
殆どの情報はスマホ。
籾井問題も全く知らない。籾井って誰?と云う反応。

敢えてテレビの中で何を信頼しますか?と訊くと
殆どがNHKと答える。

若い層で無い層でも新聞報道記事は読まれていない。
そう云う層の情報源はテレビ。

【加計学園問題】
結局、設立認可の方向。
設置審議会の会長は立教大学・学長。
加計孝太郎は立教大卒。
最高裁判事の国民審査に掛けられた判事の東大以外の
判事は唯一立教大卒。

【座間事件問題】
自民党はこの事件に乗じて、Twitter規制に乗り出した。
NETは、結構批判の自由があった。
一方ではフェイクニュースもあり、
ネトウヨによる根拠のない誹謗中傷もある。
メディアが萎縮し、真実や事実を伝え無くなった。
その中でSNSには真相に迫る処があった。
SNSの言論規制まで始めたら日本の言論はおしまいです!

この国のファシズムは進行して言論の自由は首の皮一枚でしか無い!

【自民党圧勝について】
1.小選挙区制度。
2.投票率の低さ。有権者の半分しか投票しない。
3.創価学会の票。 これが無ければ自民党は半減。

『圧勝』を民意として、野党の質問時間を減らす!

司法の独立も形骸化。

此処までは前振り。

此処からが本論。

民主主義を守る砦は報道の自由。
これが無くなれば、民主主義は崩壊。
正確な情報の提供と権力の監視が使命。

朝日新聞も凋落している。批判や怒りが無い。
朝日の幹部が安倍晋三と会食。
他の報道機関も同様。

消費税の軽減税率を狙って権力にゴマスリ。

大新聞はダメ。

まともなのは、東京新聞、神奈川新聞、河北新報、
沖縄の二紙、そして赤旗 程度。

民主主義国では、政府への怖れも政府からの恩恵も無し!

朝日新聞記者がセクハラをしたと云う報道も公安が尾行してリークした情報であるに違い無い。

放送法第2条第3条は、報道の自由に関して重要だが、
NHKは完全に違反している。

放送局の許認可権限を国家権力である総務省が握っている。
5年ごとの免許更新があり、放送局はそれを怖れている。
高市総務大臣発言以降、ビビっちゃってどうにもならない。

選挙報道が少なくなって来ている。

『公正報道』に関する総務省からの通達。

安倍晋三は、国民には横柄だが、
トランプには平身低頭・卑屈で恥ずかしい状態。

ペコペコ・ペコペコしている。

東京在住の米国人が、反トランプデモをやったが、
日本人のレイシストが星条旗を掲げてこれに反対した。

百田尚樹とか高須氏とかが、ホロコーストは無かった、南京大虐殺は無かったとか言っている。
高須クリニックの高須氏は米国の美容整形学会から追放された。

報道の自由の国際ランキング

民主党政権時代は、11位だった。
安倍政権ではドンドン下がり、72位。

【籾井会長問題】
経営委員会が百田尚樹、長谷川、籾井など安倍晋三のお友達を集めた。

数多くの問題行動や発言を紹介(略)
反籾井運動の状況。

此処までで1時間経過(15:00)






20171112144152895.jpg

【民主主義社会と報道の自由】
福岡市東区 なみきスクエア視聴覚室にて
つづき
2017年11月11日 15:00 〜

【戦争と女性への暴力:番組改変問題】

【安保法制報道】
NHKは、報道はしたが、政府の言い分を説明することに終始。
抗議デモの報道を抑制
民放は比較的健闘した。

安倍晋三のベッタリ記者
NHK・岩田明子

フリーの山口元TBS記者・伊藤詩織さん準レイプ事件。
官邸ぐるみで山口を無罪にした。

産経新聞の阿比留記者。

【加計学園問題でNHKは大本営発表を繰り返し】
岩田明子を中心とする政治部と小池英夫報道局長の横暴はNHK会長よりも強い。
社会部報道などの報道も政治部のチェックを受けることになっている。
NHK予算が国会論議となっていることが影響している。

クローズアップ現代プラスが、加計学園への政権が関与した証拠をスクープ。 上田会長はこの報道を支持。
社会部担当のこの報道を官邸は知らなかった。

NHKでも、頑張っている人は居るのでそう云う人々を応援する必要がある。

【原発報道の偏向】(略)

【 NHK行動指針】自体はまともだが、行動ではこの指針に違反している。

問題はNHKばかりでは無い。

「報道ステーション」も「ニュース23」も随分トーンが落ちた。

私はナチズムを研究しているが、当時のドイツ社会と今の日本社会は極めて似て来ている。
当時のドイツ人も何が起こっているかは知らなかった。

ホロコーストを起こしたナチスの時代と今の日本の報道状況は酷似している。

野党の力が弱すぎる今、国民が声を上げる他は無い。

NHK報道は真実では無い! と云うことを拡げて行かなければならない!

今、団結して声を上げて報道をまともにしてゆくこと無しには日本は終わる!

ちょっと予定時間を超えましたが、以上で終わります。
詳しくはレジュメをお読みください。

・・・・・・・

澤田愛子さんの著書紹介
【夜の記憶 − 日本人が聴いたホロコースト生還者の証言】
創元社 刊



2017111214414623d.jpg

【民主主義社会と報道の自由】
福岡市東区 なみきスクエア 視聴覚室にて
つづき(Q&A)
2017年11月11日 15:35 〜

Nさん:質問と言うより感想(略)
A:憲法を 護る、平和 と言うことを言い難くなった?

Q:国会前で大きな集会(4万人)が有っても NHKも民放も 全く報道しない。
岩田明子さんを罷免しようと言うがどうするか?
A :Change.org と云うネット署名も有る。
デモの報道では朝日新聞でさえ小さい記事だけ。
憲法を護ろうと云う運動なのに何故遠慮しなければならないか?
多くの人がSNSで拡げて行く必要がある。
新聞社に電話したり投稿したりしていたがハードルは高い!
こう云う集会を何度も開いて多くの人に知らせて行く必要がある。

Q:本多勝一氏に憧れていたが。
辺野古の座り込みに参加したが、路上留置場みたいな所に放り込まれたが 、一切報道しない。 名護警察署で不当逮捕が起こったが一切伝えない。
A:去年の10月に高江で座り込みをして同じ目に遭った。
機動隊の人垣と装甲車に取り囲まれたが、水一滴も与えないし、排気ガスで呼吸困難に陥った。
その後、そう云うやり方に抗議した山城さんを逮捕した。
まともなことをやっている行動を全く報道しない。

Q:司法の癒着について
A:海保が抗議カヌーを敢えて転覆させ殺人未遂みたいなことをしても取り上げない。
翁長知事が命懸けで反対しているのに、最高裁は証拠書類を殆ど審査せずに判決。
原発も次々に再稼働を認める判決が出ている。
籠池夫妻が3ヶ月以上拘束されている。
釈放すると安倍晋三に不利なことを喋るし、マスメディアが殺到するから、口封じで拘束している。非道扱い。

Q:受信料裁判の件 百田尚樹発言を契機に支払い拒否しているが、裁判でNHKが勝てば強制徴収になる可能性があるが
A:最高裁で争われていることは知っている。
最高裁の傾向を見ているとそう云う判決になると予想される。
アメリカはトランプは無茶苦茶だが、司法も報道は独立している。
日本は司法も報道も崩れており恐ろしい状況。

Q:サンデーモーニングは如何ですか?
A:比較的健闘しているが、岡本とか大屋とかは問題。
比較的良い番組は声を上げて守ってゆかなければならない。
望月記者は護らなければならない。

Q:NHKも8月には良い番組を10本ほど流した。
聞けばNHK社会部の若い人々が造ったと云う。
A:私も全く同感です。
視聴者が応援する メッセージが制作者を励ますので、
NHKに対して声を寄せる必要もある。

以上。

主催者より:
会場が半分も埋まらないのではと思っていたが、
こんなに多くの人々に参加していただいた。
(視聴覚室に溢れる100名程参加されていました)

ここの大ホールを埋められるような行動を起こしたい。

どうもありがとうございました。

事務局より

資料を60部作成しましたが足りずに申し訳ありませんでした。
事前郵送ぶんにはカンパも沢山いただきました。



関連記事
スポンサーサイト



テーマ:報道・マスコミ - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/4731-e251b59e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)