FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

北朝鮮問題、首相「日米で最大限の圧力」 トランプ氏と一致 各紙報道

2017年11月6日(月)

マスメディアの鳴り物入りで昨日初めて来日し、安倍晋三とゴルフ遊山と
楽しんだドナルド・トランプが、翌日の今日は安倍晋三とランチ会談と
その後の公式日米首脳会談を行ったようだ!

そこで出されたメッセージは、北朝鮮に対して
「日米で最大限の圧力」 を掛けることで
安倍晋三とドナルド・トランプが一致 したと云うことらしい。

日本にとって危険極まりない選択肢をトランプと一緒に公表した訳で、
却って北朝鮮に悪意のメッセージを送ることになった。

トランプは、戦争は向こう(韓国と日本)で起こる、 米国本土に被害は無い!
と以前公言しているようでもあり、戦争政策も辞さない構え。

今や、国防相や国務省の方が冷静な対応を求めているほど。

アメリカでも支持率低迷のトランプに従属することしか安倍晋三の頭には
無いかのようだ !


志位和夫・日本共産党委員長のTwitter 投稿から

 日米首脳会談後の会見で、両首脳は、北朝鮮への対応で、対話を拒否し、
米国の軍事力行使を容認することで、「100%一致した」と、従来の立場を
繰り返すだけ。 外交的解決の方策については一切語らず。
 両首脳が一番知恵を絞るべき問題で、新しいものが何もでてこない。
「危険な無策」というほかない。
2017年11月6日(月)17:25




     ***************

北朝鮮問題、首相「日米で最大限の圧力」 トランプ氏と一致‬
‪ 日本経済新聞 - 2017年11月6日(月)

‪‬

‪日米首脳会談:北朝鮮圧力を最大限に 共同記者会見

 ‪毎日新聞 - 2017年11月6日(月)‬



対北朝鮮、最大限の圧力=トランプ氏「対日貿易を是正」―日米首脳会談
 時事通信 - 2017年11月06日(月) 19:57

‪‬
     ***************



北朝鮮問題、首相「日米で最大限の圧力」 トランプ氏と一致‬
‪ 日本経済新聞 - 2017年11月6日(月)
 ‬

 安倍晋三首相は6日午後、トランプ米大統領との首脳会談後、そろって共同記者会見に臨んだ。首相は北朝鮮問題について「対話のための対話では全く意味がない。いまは最大限の圧力をかけるときだ」と訴えた。「北朝鮮から政策を変えるので話し合いたいという状況をつくることが大事だ」と指摘。「そうした考え方についてはトランプ大統領と完全に一致した」と語った。

日米首脳 北朝鮮に最大限の圧力を

 安倍首相は6日、トランプ米大統領との会談後の共同記者会見で「北朝鮮とは対話のための対話では意味がない。いまは最大限の圧力をかける時だ」と述べた。その上で北朝鮮に対する独自の追加制裁措置に踏み切る考えを示した。

 トランプ氏も北朝鮮に厳しい言葉を並べた。トランプ氏は、北朝鮮の核・ミサイル開発について「文明世界と国際平和の安定に対する脅威だ。我々は傍観することはしない。戦略的忍耐の時代は終わった」と表明した。その上で「米国は北朝鮮の脅威に対して日本国民と連帯している。強くて自由な国家が、常に国民を圧迫する独裁者に勝つことを歴史は何度も証明してきた」と力説した。

 首相は「日本は『全ての選択肢がテーブルの上にある』とのトランプ大統領の立場を、一貫して支持している」と語った。併せて、北朝鮮の35団体・個人の資産凍結を7日に決定する方針も発表。日米首脳会談では「北朝鮮の最新情勢を分析し、今後のとるべき方策について完全に見解が一致した。日米が100%共にあることを力強く確認した」と強調した。

 首相は「トランプ大統領とは、中国が北朝鮮に圧力を強化していることを歓迎した。中国がさらに大きな役割を果たしていくことが重要だという認識で一致した」とも語った。日米韓3カ国の連携の重要性を確認したことも明らかにした。

 共同記者会見に先立ってトランプ氏は拉致被害者の家族と面会した。首相は会見でトランプ氏に謝意を表明。「すべての拉致被害者の家族が、自身の手で肉親を抱きしめるその日まで、私の使命は終わらない」と訴えた。「問題の解決に向け、全力で取り組んでいく決意を新たにした」と語った。

 トランプ氏は拉致問題について「いかなる子どもも、そのような残酷な目に遭うべきではない。いかなる親も40年もの間の心痛に耐えなければならないということがあってはならない」と述べた。




‪日米首脳会談:北朝鮮圧力を最大限に 共同記者会見

 ‪毎日新聞 - 2017年11月6日(月)‬

 安倍晋三首相とトランプ米大統領は6日、東京・元赤坂の迎賓館で会談した。終了後の共同記者会見で首相は2日間にわたる一連の行事について「2人で日米同盟の揺るぎない絆を世界に向かって示すことができた」と評価。トランプ氏も「両国の指導者がこれほど密接な関係だったことはない」と述べた。

 会談で両首脳は、核・ミサイル開発を続ける北朝鮮に対し「今は対話ではなく最大限の圧力をかけるときであり、北朝鮮に政策を変えさせるため、国際社会と連携し、圧力を最大限まで高めていく」との見解で一致。韓国を含む3カ国の協力をさらに進めると確認した。両首脳は中国が圧力を強めていることを歓迎した。

 首相は、北朝鮮への日本独自の追加制裁として、35団体・個人の資産を凍結する方針をトランプ氏に説明。政府は7日に閣議決定する。トランプ氏は会見で「戦略的忍耐の時代は終わった」と述べ、オバマ前政権の対北朝鮮政策と一線を画した。

 貿易問題を巡っては、麻生太郎副総理兼財務相とペンス副大統領による日米経済対話を深化させる方針を確認。首相は会見で「2国間の貿易だけでなく、アジア太平洋地域に広がる貿易・投資の高い基準作りを主導する」と表明。「日米でこの地域に公正で実効ある経済秩序を作り上げる努力を重ねる」と述べた。

 一方、トランプ氏は会見で「米国は日本との経済関係を改善したい。公平で自由で互恵的な貿易関係を築いていきたい」と表明。そのうえで「慢性的な貿易の不均衡を是正し、日本に対する貿易赤字を減らしていかなければならない」と強調した。




対北朝鮮、最大限の圧力=トランプ氏「対日貿易を是正」―日米首脳会談
 時事通信 - 2017年11月06日(月) 19:57
 

 安倍晋三首相は6日午後、東京・元赤坂の迎賓館で米国のトランプ大統領と会談し、核・ミサイル開発を続ける北朝鮮に対し、圧力を最大限まで高めることで一致した。大統領は通商政策で対日貿易赤字の是正に言及。両首脳は中国を念頭にインド太平洋戦略を推進していくことでも合意した。

 首脳会談はワーキングランチ約70分、実務形式が約35分の計1時間45分。日本側は河野太郎外相、谷内正太郎国家安全保障局長ら、米側からティラーソン国務長官、マクマスター大統領補佐官らが出席。実務の会談には、麻生太郎副総理兼財務相らも加わった。

 首相は会談後の共同記者会見で、北朝鮮情勢が緊迫する中での大統領来日を「歴史的な訪問」と位置付け、「日米同盟の揺るぎない絆を世界に示すことができた」と強調。北朝鮮対応をめぐり「今後取るべき方策について完全に(大統領と)見解の一致を見た」と指摘した。両首脳は、日米が主導して北朝鮮への圧力強化に向けて中国やロシアなどへ働き掛けていくことを確認した。

 大統領は会見で「(北朝鮮に対する)戦略的忍耐の時代は終わった。日本国民と団結し、北朝鮮の脅威に立ち向かっていく」と語った。首相は北朝鮮に対する追加的な独自制裁措置に踏み切ると表明。日本政府は35団体・個人の資産凍結を7日に決定する。米政府が近く判断する北朝鮮のテロ支援国再指定について、会談で米側から説明があった。両首脳は、北朝鮮による拉致問題の解決に日米が協力して取り組むことを申し合わせた。

 会談では通商政策も協議した。大統領は「日米の貿易不均衡を是正していかないといけない」と強調。日本側の説明によると、大統領は日米自由貿易協定(FTA)交渉には触れなかった。両首脳は2国間の貿易問題について、麻生氏とペンス米副大統領をトップとする日米経済対話で協議を継続することで一致した。



関連記事
スポンサーサイト



テーマ:北朝鮮問題 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/4726-6ebc1df5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)