FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

JFK 暗殺関連最後の非公開記録 公開へ! しかし一部非公開!

2017年10月27日(金)

 1963年11月の衛星放送テレビ中継の最初の実験放送で流れたのが
「アメリカ合衆国・ケネディ大統領暗殺」 のニュースだった!

 このニュース生中継を我が家のテレビで見たことを印象的に覚えている!

 当時の資料は徐々に公開され既に九割以上が公開されていた
そうですが、最後の非公開資料の封印が解かれ、全ての極秘資料も
今日、公開されることになっていた。

 そのことは、トランプ大統領も了承し、Twitter で、はしゃいでいたほどだ。

JFK暗殺文書
 トランプ氏「興味深いぞ」 26日公開へ

 毎日新聞 - 2017年10月26日 07時44分


 別の毎日新聞のニュースでは、全て公開されるような雰囲気だった。

JFK暗殺、機密公開 最後の文書、トランプ氏が容認 識者の話
 毎日新聞 - 2017年10月27日



 しかし、日経新聞などによれば、CIAの要請によって、なお一部が非公開と
されたとのこと。
 それをトランプ大統領は、追認してしまったとのこと。

ケネディ暗殺文書、全面公開見送り 180日以内に再検討
 日本経済新聞 - 2017/10/27 8:35

Nikkei_20171027_JFK-01.jpg
 

(一部引用)
 トランプ米大統領は26日、1963年のジョン・F・ケネディ大統領の暗殺事件に関する非公開の機密文書約2800件を公開すると発表した。同事件を巡っては情報機関や外国政府の関与などを疑う「陰謀論」が絶えず、文書の全面公開を求める声が根強かったが、トランプ氏は米中央情報局(CIA)などが公開延期を求めた一部文書の公表は見送った。

 暗殺事件に関する文書は同日夜、米国立公文書館のウェブサイトで公開された。誰でも検索・閲覧できる。今後、内容の分析が進むとみられる。



JFK資料公開、一部延期 来春までに判断 CIAなどの申し立て受け
 朝日新聞 - 2017年10月27日16時30分


     ***************

今回公開された文書のある Web ページ
JFK Assassination Records - 2017 Additional Documents Release

NATIONAL ARCHIVES - 2017/10/27







JFK暗殺文書
 トランプ氏「興味深いぞ」 26日公開へ

 毎日新聞(共同) - 2017年10月26日 07時44分
 

 トランプ米大統領は25日、1963年のジョン・F・ケネディ大統領暗殺に関して、これまで非公開だった機密文書が26日に公開されるとツイッターで明らかにした。「長い間、楽しみにされていたJFKファイルの公開は明日だ。すごく興味深いぞ!」と書き込んだ。

 92年の法律は、ケネディ暗殺に関し中央情報局(CIA)や連邦捜査局(FBI)など米政府機関が作成した非公開資料を25年以内に公開するよう義務付け、その期限が26日になっている。 



JFK暗殺、機密公開 最後の文書、トランプ氏が容認 識者の話
 毎日新聞 - 2017年10月27日
 

注目は「キューバ」有無
 国際ジャーナリスト・春名幹男元名大教授


 オズワルド容疑者はソ連(当時)に居住歴があり、同国の国家保安委員会(KGB)と一定の関係があったとみられる。このため米中央情報局(CIA)が疑ったのがKGBの関与だった。だが、オズワルドは少し変わった男でソ連側も手を焼いていた節がある。KGBが彼を暗殺に使った可能性は低いと思われる。

 マフィアや軍需産業界、ジョンソン副大統領(当時)の関与など陰謀説が浮上したが、根拠に乏しい。大統領選でトランプ陣営の顧問を務めたロジャー・ストーン氏は著書でジョンソン犯行説を唱えており、同氏が公開をトランプ氏に進言したと報道されている。

 注目はキューバとの関係を示す文書があるかどうか。オズワルドは事件前にメキシコへ行き、現地のキューバ大使館を訪れている。米国ではカストロ首相(当時)暗殺計画が進行中だったとされ、キューバ側が計画阻止のためにケネディ大統領を暗殺させたという説が出ている。文書が公開されなかったのはCIAが抵抗していたからだろう。文書公開容認には、トランプ氏とCIAの関係が良好でないことが背景にあるかもしれない。【聞き手・岩佐淳士】


透明性をアピールか
 津田塾大(米国政治)・西川賢(まさる)教授


 1960年代には公民権運動やベトナム戦争、キューバ危機、人種暴動などが相次いで起こり、対外的な緊張と社会の混乱が目立った。米社会の旧弊のような人種差別を改めようとする理想の面と、混迷を深めた面が併存しており、混乱と矛盾に満ちた時代だった。この時代にケネディ元大統領(JFK)と(黒人の地位改善を訴えた)キング牧師は変革と希望という60年代の「正」の部分を象徴する存在だった。その二人が夢半ばで暗殺され、60年代の「正」の部分が終わりを告げ、時代の暗い雰囲気が強調されるようになってしまった。

 92年に「JFK暗殺関連資料管理法」が制定され、公開期限を迎えた。この法律では安全保障や情報活動、外交活動、国内法の執行を考慮し、公開する「公益」よりも「害」の方が大きいと判断した場合、大統領判断で情報公開を延期できる。

 トランプ大統領が公開を検討してきたのは、積極的な情報公開で政権の透明性をアピールする狙いがあるからではないか。仮に全面的な公開に踏み切らなかった場合、陰謀論めいた臆測に火が付いて、痛くもない腹を探られたかもしれない。【聞き手・大前仁】 




ケネディ暗殺文書、全面公開見送り 180日以内に再検討
 日本経済新聞 - 2017/10/27 8:35
 

 【ワシントン=川合智之】トランプ米大統領は26日、1963年のジョン・F・ケネディ大統領の暗殺事件に関する非公開の機密文書約2800件を公開すると発表した。同事件を巡っては情報機関や外国政府の関与などを疑う「陰謀論」が絶えず、文書の全面公開を求める声が根強かったが、トランプ氏は米中央情報局(CIA)などが公開延期を求めた一部文書の公表は見送った。

トランプ米大統領はケネディ大統領暗殺に関する機密文書のうち2800件の公開を許可した=AP
画像の拡大
トランプ米大統領はケネディ大統領暗殺に関する機密文書のうち2800件の公開を許可した=AP
26日に米国立公文書館が公開したケネディ暗殺に関する機密文書の一部
画像の拡大
26日に米国立公文書館が公開したケネディ暗殺に関する機密文書の一部
 暗殺事件に関する文書は同日夜、米国立公文書館のウェブサイトで公開された。誰でも検索・閲覧できる。今後、内容の分析が進むとみられる。

 文書は92年制定の法律で、施行25年後にあたる今月26日までの公表を義務づけられていた。安全保障上の理由で公開が不適切な文書は大統領の判断で公表を見送ることができ、今回はCIAや米連邦捜査局(FBI)などが一部文書の公開延期を求めたという。

 サンダース大統領報道官は声明で「大統領は前例のない透明性を政府機関に求めた」としており、今回、非公開とした文書についても180日以内に公開の是非を検討する。

 暗殺事件に関する文書は合計500万ページ超にのぼる。88%の文書が国立公文書館で公開済みだが、11%は一部が黒塗りで、残る1%が全面非公開となっていた。

 ケネディ氏は63年11月、米テキサス州ダラスでパレード中に狙撃され、46歳の若さで死亡した。事件の調査委員会は元海兵隊員リー・オズワルド容疑者の単独犯行と断定したが、容疑者の旧ソ連亡命歴や、事件2日後に射殺されたことなどを巡り、単独犯説を疑問視する声も根強い。 

 

今回公開された文書のある Web ページ
JFK Assassination Records - 2017 Additional Documents Release

NATIONAL ARCHIVES - 2017/10/27
 

The National Archives is releasing documents previously withheld in accordance with the JFK Assassination Records Collection Act. The vast majority of the Collection (88%) has been open in full and released to the public since the late 1990s. The records at issue are documents previously identified as assassination records, but withheld in full or withheld in part. Learn more

These releases include FBI, CIA, and other agency documents (both formerly withheld in part and formerly withheld in full) identified by the Assassination Records Review Board as assassination records. The releases to date are as follows:

July 24, 2017: 3,810 documents (read press release)
October 26, 2017: 2,891 documents (read press release)

Accessing the Release Files

To view or download a released file, follow the link in the “File Number” column. You can also download the full spreadsheet with metadata about all the documents. The files are sorted by NARA Release Date, with the most recent files appearing first. The previous withholding status (i.e., formerly withheld in part or formerly withheld in full) is identified in the “Formerly Withheld Status” column. 




関連記事
スポンサーサイト



テーマ:アメリカ合衆国 - ジャンル:海外情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/4715-771ee708
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)