FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

衆議院選挙 自公与党で2/3超 改憲勢力が8割 立憲民主党は3倍化 !

2017年10月23日(月)

 衆議院選挙の議席がほぼ確定した。

 私は、テレビの開票速報は殆ど見ない。
と云うのは、投票箱の蓋が閉まった時点で、既に結果は決まっているから!
おまけに開票が全然進んでいないのに、各社が開票開始時刻に当確を
出してしまうから。 こういう競争は止めて欲しい!

なので、いつものように【クラシック音楽館】を観ていた。
オルガニスト鈴木雅明さんのドイツ・パイプオルガン紀行。

 一夜明けて結果をみたら、やはり驚いた!

SBSH4094.jpg

 自民・公明 与党だけで 2/3超 
 改憲勢力(自民・公明・希望・維新)が 8割

 一方で憲法9条改正に反対した立憲民主党は3倍化 !
 そのあおりを受けて野党共闘を推進した『ブレナイ』日本共産党は、
解散前の21議席から12議席に後退した。


 しかし、志位和夫共産党委員長や小池晃書記局長は意気軒昂である!


     2017総選挙について志位委員長の会見
      2,017年10月23日午前0時過ぎ

AKAHATA_20171023-Top.jpg

共産 志位委員長「野党共闘分断され 多大な負担強いられた」
 NHK選挙特集 - 2017年10月23日 1時25分
 

【日本共産党・志位委員長】
 共産党の志位委員長は、党本部で記者会見し、
「民進党によって直前に野党共闘が分断され、多大な負担を強いられた。選挙を戦う形が作れていれば、こんなに自民・公明両党の多数を許す結果にはならなかった」と述べました。

 そのうえで、志位氏は、立憲民主党などと候補者を一本化したことについて、
「候補者の取り下げによって、当然、共産党にマイナスはあるが、かなりの選挙区で当選を勝ち取る結果になっており、間違いのない判断で悔いはない。今後の国政選挙などに向けて、相互に推薦し合うような本格的な共闘にぜひ発展させたい」
 と述べました。



共産 小池書記局長「協力した政党でスクラム組みたい」
 NHK選挙特集 - 2017年10月22日 21時55分

 共産党の小池書記局長は民放のラジオ番組で
「立憲民主党が議席を伸ばすことは、安倍政権の憲法を変える動きに対抗する勢力が大きくなるので、うれしいことだ。共産党がもっと伸びなければいけないが、全体として、今の政治を動かす結果になるのではないかと期待を持っている。選挙の結果を受けて、お互い協力した政党で話し合い、今後の国会運営でスクラムを組んでいきたい」
 と述べました。



志位委員長「共闘勢力増は大変うれしい」
共闘健闘、立憲民主躍進
沖縄1区で赤嶺再選、共産比例で11議席

 しんぶん赤旗 - 2017年10月23日(月)
 

  市民と野党が共闘し、安倍自公政権と補完勢力に正面対決する選挙戦となった第48回総選挙は22日、投開票されました。日本共産党(公示前21議席)は23日午前3時現在で、比例代表で11議席となり、小選挙区では「オール沖縄」の枠組みでたたかった赤嶺政賢氏が沖縄1区で勝利して7選を決め、合わせて12議席を獲得しました。



総選挙開票 志位委員長が会見
 しんぶん赤旗 - 2017年10月23日(月)


改憲勢力8割に、国会発議に現実味
9条改正、公明は慎重

 日本経済新聞・電子版 - 2017/10/23 3:05

Nikkei_201710230300-01.jpg



***********

志位委員長「共闘勢力増は大変うれしい」
共闘健闘、立憲民主躍進
沖縄1区で赤嶺再選、共産比例で11議席

 しんぶん赤旗 - 2017年10月23日(月)
 

  市民と野党が共闘し、安倍自公政権と補完勢力に正面対決する選挙戦となった第48回総選挙は22日、投開票されました。日本共産党(公示前21議席)は23日午前3時現在で、比例代表で11議席となり、小選挙区では「オール沖縄」の枠組みでたたかった赤嶺政賢氏が沖縄1区で勝利して7選を決め、合わせて12議席を獲得しました。

 自民党は単独で過半数(233)を超え、公明党と合わせ300議席を超える見通し。一方、市民と野党の本気の共闘でたたかった小選挙区では、野党統一候補が自公連合に競り勝ち、市民連合と7項目の政策合意を結んだ共産、立憲、社民の3党全体としても前進することになりました。その中で、立憲民主党は公示前の15議席を大きく上回る見通しとなりました。

 日本共産党の志位和夫委員長は、午後10時25分ごろのテレビ東京のインタビューで、「市民と野党の共闘勢力全体としては議席を大きく増やしたということは大変うれしいことだと考えています」と表明しました。

 安倍内閣支持率が続落する中でしたが、自民党は、大政党に有利な小選挙区制度の上に、希望の党による野党共闘への逆流持ち込み・分断によって多数を得る形となりました。

 比例代表で日本共産党は、東北ブロック(定数13)の高橋千鶴子氏が6選、北関東ブロック(同19)の塩川鉄也氏が7選、南関東ブロック(同22)の志位委員長が9選、畑野君枝氏が再選、東京ブロック(同17)の笠井亮氏が5選、宮本徹氏が再選をそれぞれ果たしました。北陸信越ブロック(同11)で藤野保史氏、東海ブロック(同21)で本村伸子氏がともに2期目の当選を決めました。近畿ブロック(同28)で穀田恵二氏が9選、宮本岳志氏が4選を果たし、九州・沖縄ブロック(同20)で田村貴昭氏が再選を決めました。

 「オール沖縄」は、1区の赤嶺氏とともに、2区の照屋寛徳氏、3区の玉城デニー氏が当選しました。4区は一部自治体の開票が先延ばしされ、議席が確定しませんでした。

 市民連合と政策合意を結び、共産党が支援した野党統一候補は、北海道3区、同8区、同11区、東京1区、同18区、新潟1区、同3区、同4区、長野1区、高知2区などで勝利しました。

 補完勢力である希望の党は失速し、公示前の57を下回る見通し。

 日本共産党は、安倍政権打倒の大局に立って、全国289小選挙区のうち249での野党候補の一本化のために、67選挙区で候補者を降ろして貢献しました。



改憲勢力8割に、国会発議に現実味
9条改正、公明は慎重

 日本経済新聞・電子版 - 2017/10/23 3:05

 自民、公明両党と憲法改正に前向きな希望の党、日本維新の会を合わせた「改憲勢力」は、国会発議に必要な3分の2(310議席)を大きく上回った。4党の議席は衆院全体の約8割に達しており、発議が現実味を帯びる。ただ9条改正を巡っては公明党が慎重姿勢を崩しておらず、希望の党も一線を画す。今後の改憲議論はなお曲折が予想される。

バラが並ぶボードの前でインタビューに答える安倍首相(22日午後、自民党本部)
画像の拡大
バラが並ぶボードの前でインタビューに答える安倍首相(22日午後、自民党本部)

画像の拡大
 「希望の党も建設的に議論していきたいとの考えを持っている人が多い。希望あるいは維新、他の党派の方々にも賛成してもらえるよう努力したい」。安倍晋三首相(自民党総裁)は22日夜のフジテレビ番組で語った。

 自民は衆院選で憲法改正を訴えた。首相が特にこだわるのは自衛隊の存在の明記だ。首相は憲法学者に根強い自衛隊の違憲論について「そういう論争がある状況に終止符を打ちたい」と改めて力説した。今後、党憲法改正推進本部での議論を加速させる。

 ただ、連立を組む公明は9条に手をつけることには慎重だ。山口那津男代表はNHK番組で「国民の理解が伴わないといけない」と強調した。斉藤鉄夫選挙対策委員長は「野党第1党、第2党も含んだ形で、幅広い合意で提案することが国民投票を成功させるうえでも大事だ」と指摘した。

 改憲勢力は衆院では3分の2を大きく超えるものの、参院ではようやく届く程度。9条改正の実現には、公明党の理解を得るのが不可欠だ。改憲に向けて多数派形成が必要になる状況に変わりはない。

 自民の二階俊博幹事長は22日夜、党本部で「選挙を終えても、運び方は慎重でなければならない」と述べた。自民は希望や維新との連携を探りつつ、公明の態度軟化を引き出したい考えだ。

 当初の想定を覆し、野党では立憲民主が議席を大きく伸ばした。「安全保障法制を前提とした憲法9条の改悪に反対」を掲げ、首相と改憲で協力する余地はほとんどない。立憲民主が野党第1党に躍り出ることで「与党プラス野党第1党」による幅広い合意を演出するのは困難となる。

 希望の小池百合子代表はテレビ朝日番組で、憲法改正について「ようやく国民的議論ができるようになった」と意欲を示した。ただ自衛隊の明記に関しては「種々問題がある」と述べ、慎重な見解を示した。実際の改憲項目や条文づくりは、高いハードルになる見通しだ。

 首相は改憲論議について自らは前面に出ずに党側に委ねる方針。2020年の新憲法施行を念頭に、18年通常国会で国会発議をめざすかどうかについて「時期ありきではない」と述べた。







関連記事
スポンサーサイト



テーマ:衆議院解散・総選挙 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/4711-21ee80e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)