FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

安倍暴走政治を止めるために #比例は共産党 #選挙区は立憲共闘候補 へ!

2017年10月21日(土)

明日は、いよいよ衆議院選挙の最終投票日です!

しかし、台風の影響で、全国的に悪天候が予報されています。

この数日のWEBニュースによると、立憲民主党への無党派層の支持は
ますます拡がっていて、全員当選の可能性が取り沙汰されているばかりか
比例の候補者が足りなくなる可能性まで上がっています。


20171021202516239.jpg
比例区に異変アリ 立憲民主党に無党派殺到し全員当選も
日刊ゲンダイ ー 2017年10月21日
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/215963/1

#比例は共産党 と皆さんが拡げて頂ければ立憲野党の
候補者不足は防げます!

よろしくお願いします。

20171015203659422.jpg


#選挙区は立憲共闘候補 をよろしくお願い申し上げます!

2017101520365771f.jpg





比例区での候補者不足は、2005年の小泉・郵政選挙
2009年の政権交代選挙で起こっている経験済みの事態。
今回も立憲民主党の候補者不足が起こるのではないか?
と懸念されている!
立憲野党の応援をしていた方は、
#比例は共産党
に投票すれば、大事な議席が自民党など
改憲勢力に渡るのを防げます❣️

・・・・・・・・・・

大躍進の枝野立憲民主党「比例で候補者不足がおきる」という噂はデマ?〈dot.〉
2017/10/20(金) 11:44配信 AERA dot.

「立憲民主党をつくったのは、枝野幸男ではありません。私の背中を押した“あなた”の政党、それが立憲民主党です」

 投票日が近づくにつれ、立憲民主の勢いは増している。各メディアの情勢調査などによると、北海道、北陸信越、東海、四国ブロックでは比例単独候補も含めて全員当選の可能性も出てきた。

 枝野氏にすれば“うれしい誤算”だろう。ところが、これが思わぬ事態を招いた。

 ツイッターなどのSNSでは、立憲民主が当選者数を増やすとの報道を受け、「立憲民主党は比例候補を少ししか出していないので、ほとんどが死に票になってしまいます」といった投稿が広まった。なかには、特定の政党への投票を呼びかけるものもある。

 公職選挙法では、比例で候補者不足となった場合、与野党に関係なく次の順位の政党に配分される。2009年の政権交代選挙では、民主党(当時)が小選挙区で大量当選し、近畿ブロックで2名不足した。05年の郵政選挙でも、比例東京ブロックで自民党の候補者が1名不足し、社民党に議席が渡った。ツイッターでの呼びかけはこういった過去の事例をふまえてのことだ。


・・・・・・・・・

比例区に異変アリ 立憲民主党に無党派殺到し全員当選も
日刊ゲンダイ ー 2017年10月21日

 いよいよ2日後に迫った10月22日の総選挙。「自民無風」「希望失速」「立憲躍進」――となっている選挙情勢。最終盤になって、さらに立憲民主党が勢いを強めている。「比例区」であっと驚く議席を奪う可能性が出てきた。

 朝日新聞が17、18日に実施した世論調査に自民党が衝撃を受けている。
「比例区の投票先はどこか」と政党名を挙げて聞いた結果は、
自民は34%と2週間前(3、4日)の35%とほとんど変わらなかったが、
立憲民主党が7%から13%へ倍増しているのだ。

朝日新聞の調査は、9月26、27日も行われている。
自民は32%→35%→34%、
希望も13%→12%→11%と、
ほとんど数字が動いていない。
要するに、これ以上、支持が広がらない頭打ち状態。
なのに、立憲民主党だけがグングン数字を伸ばしているのだ。

「まだ投票先を決めていない」有権者は、
29%→27%→23%と少しずつ減っている。
無党派が立憲に流れているのは間違いない。
いざ投票となったら、まだ23%いる「投票先を決めていない」
無党派が雪崩を打って立憲に「比例票」を投じておかしくない。
23%の半分が上乗せされるだけでも、立憲は24%となる。

■野党第一党なら絶大な影響力

 定数176の比例の議席によって選挙結果もガラリと変わってくる。
立憲民主党は、比例だけで40議席を大きく超える可能性が高い。

 泉氏は、「立憲は比例区で予想以上に得票し、
北海道ブロック(定数8)と東北ブロック(定数13)では
候補者が足りなくなり、東海ブロック(定数21)は選挙区で2人勝てば、
重複を含めた比例候補6人全員が当選する可能性があります」と予測している。

 政治評論家の本澤二郎氏が言う。

「立憲民主党は選挙区に63人、比例単独を15人擁立しています。たとえ選挙区で負けても、次々に比例復活し、結果的にほぼ全員当選という事態もあり得ます。もし、立憲が50議席以上を奪って野党第1党になれば、選挙後にも絶大な影響力を発揮することになります。国会運営は政権与党と野党第1党の話し合いによって決めるのが暗黙のルールです。改憲にしても、『野党第1党の理解を得る必要がある』というのが、自民党議員のマジョリティーです」

 立憲民主党が、比例区で議席を奪い、ほぼ「全員当選」という選挙結果になったら、安倍首相も好き勝手はやれなくなる。






関連記事
スポンサーサイト



テーマ:日本共産党 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/4709-258d7c4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)