FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

【立憲民主党】とやらがどうにか立ち上がり 共産・社民は歓迎!

2017年10月2日(月)

【立憲民主党】とやらがどうにか立ち上がったが遅きに失する!

201710031825498a5.jpg


『希望の党』から甘い言葉を掛けられてその気になり事実上
民進党を解体に導いた前原誠司・前代表の責任は重い。
いわば『HONEY TRAP』に引っ掛かった体(てい)

『希望の党』の戦略は、民進党を解体すると言う謀略的なものだった。
その戦術として 『希望の党』との合流を提案し、前原誠司に甘い言葉を掛けた。

前原誠司は、その甘い囁きにスッカリやられてしまって合流を決意!
民進党の両院議員総会では、前原誠司の自信満々の大きな声での演説に
何故か感激し満場一致で一体としての合流を決めてしまった。
こちらはいわば『宗教的陶酔感』に取り込まれたと云う感じ。

小池百合子が、どれだけの規模で合流してくるかは掴んでいなかった
かも知れないが、このままでは民進党に乗っ取られると考えて、
理念と政策の一致を求める『踏み絵』を踏ませる暴挙に出た。
その理念は大旨、「安保法制の容認」「憲法改正を認める」と云う
安倍政権の重要事項を認めさせるものだった。
政党として入党者の資質を審査するのはある意味で当然だが、それが
民進党解体そして野党共闘破壊にあったとすれば悪質である。

そして、その戦略は大成功し、民進党も野党共闘も9月末に瓦解した。

それを良しとしない民進党の一部の人々が『希望の党』からではなく、
無所属で出るかどうか悩んでいた。

共産党も社民党も、こう言う人たちも連携の対象とすることを発表した。

そして、漸くそういう人たちの受け皿として、【立憲民主党】を立ち上げた
と言うことであった。

201710031825520fd.jpg


 しかし、今日の記者会見での質疑応答では、以下のようなやりとりも

Q:この選挙戦でどの程度の候補を擁立するつもりか、
  野党共闘の枠組みは継続してゆくか?
A:今具他的に何人擁立と言える状態ではない。
  幅広い市民運動と連携すると云うのが民進党だったし、
  市民連合の皆さんとは連携したいが
  他の党と何かをすると云う考えでは無い。 



 まだ、腹が固まっていないようである。

 共産党も社民党も、この新党【立憲民主党】の発足を歓迎し、
市民運動と伴に連携を図って行きたいという考えを表明した。

あす以降の展開に注目したい。

【関連記事】

立憲民主党
 結党会見詳報(1)「安倍政権の暴走に歯止めを」

 毎日新聞 - 2017年10月2日

 結党会見詳報(2)~(8)は、毎日新聞の公式サイトより御覧ください。

衆院選、3極固まる 民進の左派が「立憲民主党」
小池氏「過半数擁立めざす」
 日経新聞 - 2017/10/2 23:22


民進 枝野代表代行 「立憲民主党」結成を表明
 NHK NEWS WEB - 2017年 10月2日 17時07分


「一緒に戦う人を」枝野氏、結集呼び掛け
 毎日新聞 - 2017年10月2日 21時00分


民進の東京4人衆が希望合流せず、枝野新党に合流へ
 日刊スポーツ - 2017年10月2日20時54分


     ****************

10月3日追記

枝野氏が「立憲民主党」 民進リベラル系参加
 朝日新聞 - 2017年10月3日05時00分


立憲民主党の設立届け出
辻元、近藤氏も参加表明

 47 NEWS(共同) - 2017/10/3 11:19
 

 衆院選(10日公示―22日投開票)に向けて枝野幸男元官房長官が結成を表明した新党「立憲民主党」が3日午前、東京都選挙管理委員会に設立を届け出た。
 民進党からは、新たに辻元清美元国土交通副大臣と近藤昭一元環境副大臣が参加する意向を示した。 






本日、午後5時から記者会見中
NHK ニュース リアルタイム映像表示
 (なお、上記リンクはリアルタイムのみ有効で、事後は見られないようです)

冒頭発言は写真撮影タイムも含めて約8分間。(実質5~6分か)
その後質疑応答。(NHK中継は約30分:全体で40分程度)

なお、下記はブログ執筆者によるリアルタイム筆記であり、
細かい部分は書けていないし、
多少の記録間違いや誤変換があるかも知れません。

Q:立憲民主党の略称は? A:「民主党」とします。
Q:希望の党に行ってしまったが、戻って来たいという人はどうするか?
A:多くは一緒に考え行動してきた方なので幅広く受け入れたい。
Q:「立憲民主党」とした考えは?
A:立憲主義と民主主義について詳しく説明。私の一存で命名した。
  民進党で活動し、選挙の準備も進めてきたので、協力頂ける
  と思っている。
Q:『希望の党』前原・小池に言いたい事
A:『希望の党』の理念・政策は私たちが積み上げていたものと違う。
  過去のプロセスについて何も言うつもりは無い。
Q:両院議員総会で理念は解っていたはずだが、騙されたという感触は?
A:残念ながら方向性が違うと云うことが解った。
  前原代表の決意表明ではリベラル排除などの話は無かった。
Q:目指している政策が違うと云うことですが・・・
  (質問の趣旨があまり良くない)
A:希望の党の具体的政策は明らかになっていない。
  小池代表のお話しとか、調整過程をみると相容れない。
  前原代表にはこの会見の二時間ほど前に伝えた。
  詳細は明らかにすることではない。
  相手方の話については事前に了解を得ていないので、
  前原さんに伺って欲しい。
A:今日、この場で初めて立ち上げたので構成員は私1名である。
  参集してくれる方は、私を党首として考えてくれると思う。
  民進党で訴えてきたことをよりクリアにして提示したい。
  消費税は将来的には御負担を御願いするが、今予定されている
  増税は大衆課税に成り経済情勢を考えても実施できない。
  原発については、原発ゼロがリアリズムであることを訴えたい。
  安倍さんが進めている憲法改正は許されるものでは無いが、
  将来的には論議する方向。
Q:民主党の理念に賛同する方の新たな受け皿を作ると云うことですが、
  国民の支持は得られるでしょうか?
A:私たちの理念は国民に支持されるものであると自信を持っている。
  新たな器として政策もクリアにして訴えたい。
  この党に集まって頂く方は、安倍政権を倒すことで一致できると思う。
  より厳しく追及して行く党としたい。
Q:この選挙戦でどの程度の候補を擁立するつもりか、
  野党共闘の枠組みは継続してゆくか?
A:今具他的に何人擁立と言える状態ではない。
  幅広い市民運動と連携すると云うのが民進党だったし、市民連合の
  皆さんとは連携したいが他の党と何かをすると云う考えでは無い。
Q:連合との関係は?
A:働く者の立場が民主党としての立ち位置であり、連合も協力して
  頂けるものと理解している。

以上、これから【市民連合ふくおか】の重要会議なので、
時間切れにつき省略。 



     *****************

民進 枝野代表代行 「立憲民主党」結成を表明
 NHK NEWS WEB - 2017年 10月2日 17時07分
 

 民進党の枝野代表代行は記者会見し、衆議院選挙に向けて、事実上の合流方針を決定した希望の党について、目指してきた理念と政策の方向性が異なるとして、新党「立憲民主党」を結成する意向を表明しました。
 この中で、民進党の枝野代表代行は、衆議院選挙に向けて、事実上、合流する方針を決定した希望の党について、「さまざまな提起や動きがあったが、残念ながら、理念や政策は、目指してきた理念や政策の方向性と異なるものだと判断せざるをえない」と述べました。

 そのうえで、枝野氏は、「日本国民の生活の安心、立憲主義、民主主義、自由な社会をしっかりと守っていくために、『立憲民主党』を結成することを決意した」と述べ、新党「立憲民主党」を結成する意向を表明しました。枝野氏は、「私たちの目指すべき社会の在り方、理念や政策の方向性を応援してくれた皆さんにとって、選択肢がない状況になってしまっている。多くの国民から『枝野がたて、その選択肢を作れ』という激励を頂いた」と述べました。
 そして、衆議院選挙について、「1日も早く安倍政権を倒さなければならない。おかしな政治運営と国民生活にマイナスな政策を、より明確により厳しく指摘し、戦う集団にしていきたい」と述べました。

 また、枝野氏は、民進党の最大の支持団体である連合について、「『生活者や納税者、働く者の立場に立つ』ということは、『立憲民主党』においても、私たちの立ち位置となる。連合とさまざまな形で連携しながら積み重ねてきた理念や政策なので、理解、賛同してもらえるものだと確信している」と述べました。

 民進党の菅元総理大臣は、2日夜、東京都内で街頭演説し、衆議院選挙に向けて、「立憲民主党」に参加したいという意向を明らかにしました。

 一方、民進党内では、野田前総理大臣、岡田元代表、安住前代表代行、江田前代表代行が、希望の党とは考え方が異なるなどとして、衆議院選挙に無所属で立候補する意向を表明しています。




関連記事
スポンサーサイト



テーマ:民進党 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/4690-55034e4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)