FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

『希望の党』を野党と思っている市民運動の方へ ウルトラ右翼の政党です!

2017年9月30日(土)

今日は午前中から日本共産党が博多駅前の HAKATA CITY 前で
市田忠義副委員長を迎えて街頭演説会を開催されました。

201709301625439c8.jpg


市田副委員長が、安倍政権こそが【日本の国難】であることを
モリカケ問題、北朝鮮への対話を無効とする力づくの対応、
憲法違反の立法や臨時国会への対応、憲法改悪の道などを
上げて厳しく批判。

201709301625452f7.jpg


市田忠義さんの演説の最後に『希望の党』に触れ、
この党が構成員・方向性ともウルトラ右翼の政党であり、
『希望の党』ならぬ「失望の党」あるいは「絶望の党」であると
厳しく批判しました。
党旗揚げ時の構成員は、安倍政権の中枢(内閣府幹部)担ってきた者や
野党共闘に一貫して反対してきた者どもや、ウルトラ右翼の政党
「日本の心」の代表など野党共闘の敵対勢力ばかり。
政策的には、安保法制・戦争法に反対する者は公認しない。
憲法改正に反対する者は公認しない。
安倍強権政治を補完する勢力であることは明らか。

柔和な、市田忠義副委員長としては珍しい強い批判でした。


20170930162544fda.jpg


さて、その『希望の党』ですが、本質を知らずに淡い期待を抱いている人は
市民運動を進めてきた人々の中にも少なからず居るようで、
その本質をお知らせしてゆく必要がありそうです。

それをしないと、市民運動を分裂させると言う国家権力の思惑が
市民運動側から実現してしまい兼ねません。

『希望の党』のウルトラ右翼の本質は、解散後一夜にして露呈しました!
不確かな『カリスマ』に期待すると、ナチスの台頭を再現することになります。

201709301625404b7.jpg


しかし・・・

福岡で、野党共闘の先頭に立っておられた影響力の大きい市民運動の方が、
安倍政権を倒すために『希望の党』の候補に投票しようと言う趣旨の
提言をされています。

この方のこれまでの活動には敬意を表し、人柄的にも信頼していたのですが
上記の提言には明確に反対です!

政治不信を受け止めて進出し、その後の数回の選挙で権力を手にしたのが
ヒットラーでした。ウルトラ右翼の小池新党に多くの議席を与えれば
ナチスの台頭を許した歴史を再現してしまいます。

201709301625424ab.jpg

日本共産党の志位委員長は、『希望の党』の公認を得ずに野党共闘の
大義を守るのであれば連携を検討できる、と言っています。
今日の博多駅前の街頭演説で、市田忠義副委員長は、一歩踏み込んで、
「『希望の党』に公認を申請したが選別排除された元民進党の候補でも
野党共闘の大義に立ち返って、これを守ることを約束するのであれば
連携可能である」と懐の深いところを見せています。

市民と野党の共闘しか道はありません。
ウルトラ右翼への応援は将来に禍根を残すでしょう!

この提言をされた市民運動家は「必要な駒」を確保すると言われます。

しかし、 『希望の党』から立候補できた元民進党の候補者は、
自らを売って「転向した」輩であり、市民運動にとって「必要な駒」では
断じてありません。
寧ろ、そう言う輩を市民運動が応援することは市民運動そのものを
変質させる恐れが濃厚です。
この御提言がもし実現すれば、数年後にはファシズムの日本になり、
言論の自由も政治活動の自由も無くなり、徴兵制が復活するでしょう!

今回の『流れ』は、古くは「新自由クラブ」の躍進、近年では
「維新の会」の躍進、少し前の選挙時の「日本未来の党」への
期待感等など
何度も繰り返されてきた現象で、その後数年で『化けの皮』
ないし『メッキ』が剥げ落ち今や殆ど消滅しています。
「未来の党」などは、そんな名前の政党が有ったのか?!
と思われるほどです。つい最近の話なのに。

再度言いますが、ナチスのようなウルトラ右翼の進出を
許してはなりません!!!
ヨーロッパでは、どうにかファシストの大進出を抑え込んでいます。
ファシスト『希望の党』そして自民党の躍進を許してはなりません!!





関連記事
スポンサーサイト



テーマ:日本共産党 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/4688-e64cbc33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)