FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

【市民連合ふくおか】緊急集会と定例学習会開催

2017年9月22日(金)

今日の午後5時から【市民連合ふくおか】の緊急集会が開催されましたが、
17:30迄が仕事の私は参加できませんでした。

その後、18:30から定例学習会が開催され、そちらには参加できました。

参加者数は通常の2倍を超える50人超。

(円卓式であり、参加者のプライバシーの点から写真掲載は遠慮します)

講師は、政治研究者の石川しょうじさん。

テーマは『改憲勢力をめぐる政治状況・パートⅡ』ですが、
総選挙を巡る活動の方法に焦点が合わされました。

今回の解散は「沈黙の解散」 であり、野党側が憲法に照らして要求していた
臨時国会を開催しないまま長らく放置し、安倍政権の都合で招集して
所信表明も代表質問もないまま、解散。
解散するための臨時国会の開会である。

民進党内のゴタゴタが続いている時に
いわゆる小池新党の体勢が整わない内に
市民と野党の共闘が進まない内に
朝鮮半島危機を口実に
・・・本当に危機があれば政治的空白を作れないはず!

モリカケ疑惑隠し
解散権の乱用

自民党に代わる受け皿担えるのは誰か?!


「安倍一強体制の揺らぎと改憲の行方。

ファッショ推進勢力は一時的な落ち目の時が要注意 !

1932年のドイツもそうだった。ナチスは一時的に落ち込んだが。

いわゆる保守層だけではなく、二十代の若者も流れている。
飲み込みやすさがある。

自民党の言う「安保法制(戦争法)を通しておいて良かった」との議論を若者も含む
相当多数の人々に浸透している。

排外主義的ナショナリズムに乗ってしまう若者も結構居る。

自分の好みの電子情報ばかりを見て居る。

右派の若者が却って書籍などの情報を良く読んでいる。

安保法制を作った故に危険に晒されていることを、どう理解させるか?

ファッショ化過程には、『The point of No Return』が存在し、
現在、それが接近しつつある。

その過程においては自然発生的に「反ファシズム統一戦線」ができるが
何処かで押し込まれて行く。
解明の必要性がある。


ピンチをチャンスに!

安倍政治に代わる『 もう一つの選択肢』が有ることを国民に示す!

それをベースにして政策合意を有権者に示す。

以上、石川さんの講演 〜 19:10

・・・・・・・

福岡6区の踊さんより補選の経験をレクチャー! 19:15より

現状では11区全部を自民党に押さえられている。

地域によっては共闘を降ろすと言う選択肢も有ることをお知らせしたい。

この集会の 前に6区の民進党や共産党も含む各党に参加してもらった
会合を行なってきた。

投開票の丁度ひと月前に偶然イベントを計画していた。

民進党県連の幹部も補選の時よりは消極的。

政党が出した候補者より市民が選んだ候補者を出すべき。

東京よりゲスト参加の市民連合事務局の状況報告。19:25から

(内容省略)


青柳さんから 野党共闘に提案する政策の選択肢について 19:40から

市民連合リーフに書いた 設立趣旨の3項目と
私たちの取り組みについて。

【討論】

後藤冨和さん

「私たちの取り組み」は、野党共闘の候補者に示すものでは無い。
あくまでも市民連合としての取り組みで有る。

参加者の意見。

「安倍政治に反対」の一つで良いのでは無いか?!

今回の総選挙の意味は何であるのかを明確にして、3分の2を打破る
ことが重要であり、そこは明示した方が良いのでは?
政策的には細かいことは書く必要は無いのでは?

青柳さんから

記者会見する時に書くべき争点を明確にしたい。
チラシ用と、記者会見用は別に考える。

Oさんより

誰に対して呼びかけて行くのかを明確にする。
実際には実務をお手伝いすることで信頼を得た経過がある。
最初から、政策的な要望を出すと引かれる。
民主主義を取り戻す!
今の安倍独裁政治への流れを止めよう!

与党の3分の2を打破する!と言う標語は若い人には受け入れられないかも。

市民連合のリーフを記者会見では配らない方が良い。
暗に民進党に政策的要求をしているかのように捉えられる。

Tさん
「安倍政権を終わらせよう!」という点では保守層にも受け容れられる。

後藤冨和さん
記者会見の時期は重要です。
解散前にするか、解散した日にするか?

森ゆう子を招く、9月30日のイベントの前の9月27日(水)に記者会見を行う。
民進党も共産党も社民党も参加予定。
この場は、市民連合のアピールの場では無い!

Tさん
誰に向けた記者会見なのかを明確にするべき。
民進党に対してアピールするのであれば、早急に実施する必要がある。
野党共闘は中央で止まっている段階なので、地域での動きは進めている。
中央で決まれば直ちに行動できるように準備している!


9月26日に記者会見して9月27日の紙面に掲載されるようにしてはどうか?
9月26日(火) 県政記者クラブにて13:30以降に実行する。

各区で動き始めるとして、11区全体でどうして行くか?

全体の決起集会を持つ必要があるのでは無いか?

一箇所に集まるよりは 、同時多発的に各区で一斉行動する方が良いのでは?

候補者が決まっていなかっても実際に動いて行かないと間に合わないのでは無いか?

人数少なくても同じシンボルを持って各地でやると 注目される。

民進党に全体で集まる機会を提案したが断られた!

後藤冨和さん

解散された日の夕方に各地で駅頭などで皆んなが行動するとメディアが取り上げるだろう!
福岡市内ではパルコ前でやれば目立つだろう!
17:30 〜 19:00迄、天神パルコ前で決定! 合同労組が毎日押さえている。
北九州など各地で実施できるようにする。

事務局は情報を共有し、何処で何があるかを知らせ、可能な行動に参加する。

候補者の事務所には山のように実務があるので、協力して信頼関係を築き、
仲良くなることが重要!

全く投票にも行かなかったような人々にも声を掛けた。

面識を与え親近感を持たせるのが最も重要だと麻生太郎が言っている!


関連記事
スポンサーサイト



テーマ:安倍政権 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/4679-f3a07db6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)