FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

2017年10月22日投開票で『大義なき解散総選挙』に突入することが事実上本決まり!

2017年9月18日(月・敬老の日)

新聞・テレビ など各報道機関が、安倍晋三 が9月28日の臨時国会冒頭に
衆議院を解散し、10月10日公示・10月22日投票の総選挙で国民の信を問う、
ことを決定したと報道。

国民は、ハッキリと「不信任」を表明しなければ ならない。

万が一、現状に相当する多数を与えてしまえば、ファシズムに突入してしまう!

ナチスのヒトラーも最初は選挙で多数を経て独裁政治を実行し、
ユダヤ人絶滅作戦を行なったのである。

‪臨時国会:首相、冒頭解散で調整 ‬
‪10月10日公示、10月22日投開票が軸‬
‪毎日新聞 ー 2017年9月18日‬
‪https://mainichi.jp/articles/20170918/k00/00m/010/123000c

‪安倍晋三首相は28日の臨時国会冒頭にも衆院を解散する方針を固めた。政府・与党は衆院選を「10月10日公示・22日投開票」の日程で実施することを軸に調整に入った。内閣支持率が回復基調にあるとみて、民進党など野党の選挙協力や、小池百合子東京都知事の側近らによる新党結成の動きが進まないうちに解散する方が得策との思惑がある。‬



以下、今日の西日本新聞の紙面(1面トップと3面)から。

20170918211030f19.jpg

201709182110295e6.jpg

20170918211033b0d.jpg

20170918211032e9e.jpg

201709182110353b4.jpg

201709182110327a0.jpg


関連記事
スポンサーサイト



テーマ:安倍政権 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/4675-0f3c1b53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

天皇に対しても衆院の冒頭解散をしないよう請願と差し止め裁判を

前の記事「『冒頭解散』を封じる法的手段を」で,内閣の(事実上首相の)解散権を一時的に停止する裁判と仮処分申請を起こすべきだと述べましたが,同様のことを天皇に対してもやるべきでしょう. 憲法第7条によれば,衆議院を「直接」解散するのは天皇なのですから. 日本国憲法 第7条 天皇は、内閣の助言と承認により、国民のために、左の国事に関する行為を行ふ。  (1項,2項,略)  3 衆議...

  • 2017/09/19(火)22:01:19 |
  • ペガサス・ミラー