JUNSKY blog 2017

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

麻生副総理の『ナチスは動機が正しかったが・・・』発言!

2017年8月31日(木)

 麻生大臣はやはりヒトラーに傾倒しているらしい!

 相変わらず『誤解を招くような表現』と誤魔化しているが、
 誤解しようの無い、明瞭な表現であった!

 「ナチス政治の動機は正しかった」が
 「やり方が間違っていた」と言った訳である!

麻生大臣がまた大失言「ヒトラー、動機正しくてもダメ」
 日刊ゲンダイ - 2017年8月30日



 ヨーロッパ諸国の政治家なら即刻失職するが日本のユルユル具合は如何!?

 発言が問題になった後で、恥ずかしい釈明をして
 前言を撤回しても、一度放言した本音は取り消せない!

 麻生氏の頭にはいつもヒトラーの幻影が付き纏っている?
 欧州の政治家なら即刻閣僚も議員も辞職だろうが・・・

 日本ではマスメディアのツッコミが大甘で、いつもの放言
 程度にしか取り扱っていない!

 毎日新聞は社説で厳しく指弾している!


【毎日新聞・社説】
麻生副総理の「ヒトラー発言」 撤回して済む話ではない

 毎日新聞 - 2017年8月31日
 

 どうしてこんな発言を繰り返すのか。全く理解できない。
  麻生太郎副総理兼財務相が、ナチス・ドイツの独裁者、ヒトラーの動機は正しかったと受け止められる発言をし、きのう慌てて撤回した。
 だが、「誤解を招いた」と撤回すれば済む問題ではない。なぜ、わざわざ大量虐殺を生んだナチスのヒトラーを持ち出す必要があるのか。まさに麻生氏の動機に疑問を抱く。
 発言は自ら率いる自民党麻生派の研修会で飛び出した。
 「少なくとも(政治家になる)動機は問わない。結果が大事だ。何百万人も殺しちゃったヒトラーは、いくら動機が正しくてもダメなんだ」
 「ヒトラーの動機」とは何を指すかは不明だが、同派所属の議員に政治家としての心得を指南する文脈の中での発言だった。
 批判を受けて麻生氏は「真意と異なる」「あしき政治家の例としてヒトラーをあげた」等々と釈明する撤回コメントを発表した。
 しかし、発言の真意をそう受け取れというのは無理がある。
 麻生氏は2013年にも憲法改正に関し、ナチス政権を引き合いに出したうえで「手口を学んだらどうかね」と語って後に撤回している。その反省はなかったというほかない。
 この発言の際には、ユダヤ系人権団体が批判声明を出すなど国際問題となり、政府は沈静化に追われた。にもかかわらず繰り返すのは、どこかでナチスを評価したがっているのではないかと疑わざるを得ない。
 加えて、政治家になる動機は問わないという発言にも問題がある。最近の「議員の劣化」状況を持ち出すまでもなく、結果だけでなく、政治家を目指す動機も大切だ。
 米国では白人至上主義団体と反対派との対立が続き、人種差別問題が改めて深刻になっている。
 反対派に車で突入して死傷者を出した事件の容疑者はヒトラーの崇拝者だった。そしてトランプ大統領が当初、双方に非があると発言し、批判を浴びたのは記憶に新しい。
 そんな国際的な現状認識が麻生氏にあったようにも思えない。
 日本国内の一部にもナチスを肯定するような言説がある。麻生氏らの姿勢がこうした傾向を助長しているとすれば責任は重大だ。 



【関連記事】

日刊スポーツ紙面から
170831_130537.jpg

日刊スポーツの【政界地獄耳】から
170831_130517.jpg
ヒトラーから離れられない麻生
 日刊スポーツ【政界地獄耳】 - 2017年8月31日9時52分 


麻生大臣がまた大失言「ヒトラー、動機正しくてもダメ」
 日刊ゲンダイ - 2017年8月30日


麻生氏、ヒトラー発言を撤回 「動機も誤っていた」
 日本経済新聞 - 2017/8/30 10:46
 




麻生大臣がまた大失言「ヒトラー、動機正しくてもダメ」
 日刊ゲンダイ - 2017年8月30日
 

 ユダヤ人の絶滅を企てることは「正しい動機」ということか? 麻生太郎副総理兼財務相がまたナチスがらみで非常識な発言をした。
 29日、横浜市内で自らが会長を務める自民党・麻生派の研修会で「(政治家は)結果が大事。何百万人殺したヒトラーは、いくら動機が正しくても駄目なんですよ」などと語った。
 ナチス・ドイツによるユダヤ人虐殺の動機を擁護したと受け取れる発言で、今後、内外から厳しい批判を受ける可能性がある。 



ヒトラーから離れられない麻生
 日刊スポーツ【政界地獄耳】 - 2017年8月31日9時52分 
 

 ★副総理兼財務相・麻生太郎のヒトラー失言は即座に撤回されたものの、この元首相は、その失言の多さで失脚したも同然。自民党を下野させたにもかかわらず、学習しない。現在は副総理としての資質が、再度問われることになった。

 ★思えば首相在任中は漢字が読めないとか、失言のオンパレードで、時の官房長官・河村建夫が連日、麻生の失言の言い訳やフォロー、経緯の説明、解説に明け暮れた。前後を省いたり、政治家としてさまざまな立場の人たちを見渡して話すことができず、重大な資質が欠落していると言わざるを得ない。

 ★いちいち挙げたら切りがないが、麻生のヒトラー賛美は今に始まったことではない。例題にナチスやヒトラーをすぐ出す麻生は、絶えずそこに思いがあるからだろう。ヒトラー礼賛が念頭にない限り、その場の例題には出てこない。今回は29日の自民党麻生派の研修会で出た「(政治家は)結果が大事だ。何百万人殺しちゃったヒトラーは、いくら動機が正しくてもダメなんですよ」の発言だが、思わず出た軽口ととらえることはできない。逆に原稿があるなら、なお問題だ。

 ★13年7月、麻生が副総理兼財務・金融相時代の講演で、憲法改正について触れ「ドイツのワイマール憲法も、いつの間にかナチス憲法に変わっていた。誰も気が付かなかった。あの手口に学んだらどうかね」と発言。08年8月の党幹事長時代には「審議をしないとどうなるか。ドイツでは昔、ナチスに1度(政権を)やらせてみようという話になった」と、すぐに例題に使おうとする確信犯だ。

 ★30日午前、麻生は「ヒトラーを例示として挙げたことは不適切であり、撤回したい」との文書を発表したが、今後麻生内閣があるとしたら、第三帝国を夢想しているのだろうか。お粗末極まりない。(K)※敬称略 




麻生氏、ヒトラー発言を撤回 「動機も誤っていた」
 日本経済新聞 - 2017/8/30 10:46
 

 麻生太郎副総理・財務相は30日午前、戦前ドイツのナチス政権によるユダヤ人虐殺を擁護したとも受け取られかねない自らの発言を書面で撤回した。麻生氏は自民党麻生派が29日に開いた夏季研修会の講演で「(政治は)結果が大事だ。何百万人殺しちゃったヒトラーは、やっぱりいくら動機が正しくてもだめなんだ」と述べていた。

 麻生氏は書面で「私は、政治家にとって結果を出すことがすべてであるということを申し上げたかった」と説明。「ヒトラーは動機においても誤っていたことも明らかである。例示としてあげたことは不適切であり撤回したい」と釈明した。

 民進党の山井和則国会対策委員長は30日午前、麻生氏の発言について「ヒトラーを評価していると受け取られかねない大失言だ。国際社会では許されない。財務相としての適性を疑わざるを得ない」と批判した。国会内で記者団に語った。 


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:安倍政権 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/4656-e8ca2355
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad