JUNSKY blog 2017

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

沖縄の米軍オスプレイがオーストラリア沖で墜落 ! またも !!!

2017年8月7日(月)

 昨日も書いたが、広島で72年目の原爆祈念式典の日に
沖縄に配備されている米軍のオスプレイがオーストラリア沖で墜落した!

 世界のどの同盟国にも買って貰えない欠陥機・オスプレイを
人の好い(速い話しがお馬鹿な)日本政府に買わせようと画策して
米国政府と米国(多国籍)軍需産業が結託して日米安保を盾に脅迫的
売込みを掛け、自衛隊が導入を決めて、佐賀空港に配備すると言う!

 トンデモナイことだ!


     ***************

 きょうは、こちらにフォーカスして主要記事を御紹介。

 まずは、地元沖縄ローカル新聞記事から・・・


オスプレイ、オーストラリア沖墜落 普天間所属
 着艦失敗か 3人不明、23人救助

 琉球新報 - 2017年8月6日 09:38


オスプレイが墜落 オーストラリア沖
 普天間所属機、3人不明

 沖縄タイムス - 2017年8月6日 09:46



 続いてCNNニュース(日本語版)

米軍のオスプレイ、オーストラリア沖で墜落 3人不明
 CNN - 2017.08.06


CNN_20170806_v22-osprey.jpg
   写真は CNNニュース記事より(墜落機とは別の画像のようです)

【関連記事】

西日本新聞社説

2017081119570050e.jpg


 沖縄県民はもちろんのこと、佐賀県民も怒っている。

 翁長雄志沖縄県知事・・・

「起こるべくして起こった」 知事、オス豪州墜落で
 琉球新報 - 2017年8月7日(月) 10:07


 山口祥義佐賀県知事・・・

佐賀県知事「原因報告を」 
 漁業者、安全性に疑念 オスプレイ豪州墜落

 佐賀新聞 - 2017年8月7日(月) 10:19配信


 午後のニュースによれば、墜落理由は着艦失敗だったようだ!

SAG2017080799000051_id1_20170807085011.jpg
    米強襲揚陸艦の艦上に駐機する海兵隊のオスプレイ
    =6月29日、オーストラリア・シドニー沖(ロイター=共同)

政府は飛行中止を求めたが米軍は、この要請を無視して沖縄で飛ばした(怒!)

オスプレイ飛行を強行 国の自粛要請無視
 琉球新報 - 2017年8月7日(月) 12:38


 沖縄県は防衛局長に駐留米軍に飛行中止を要請するよう強く抗議した!

飛行強行に「非常に遺憾」富川副知事、防衛局長らに抗議
 琉球新報 - 2017年8月7日(月) 13:41配信


 この間の沖縄配備の米軍オスプレイが1年の間に2回も墜落したと云う
事態は重大事故事象であり、これを逆手にとって自衛隊でのオスプレイ配備
すなわち日本国民の税金での欠陥機購入契約は破棄するべし!

オスプレイ撤去を=共産・小池氏
 時事通信 - 2017年8月7日(月) 15:34配信 時事通信
 

 共産党の小池晃書記局長は7日の記者会見で、在沖縄米海兵隊の新型輸送機オスプレイがオーストラリアで墜落した事故について「言語道断だ。日米両政府に厳しく抗議したい」と述べた。

 同時に「日本各地で飛行、発着が増大している矢先に起きた」と指摘し、国内での飛行中止やオスプレイの日本からの撤去を求めた。  








 


オスプレイ、オーストラリア沖墜落 普天間所属
着艦失敗か 3人不明、23人救助

 琉球新報 - 2017年8月6日 09:38
 

 米軍普天間飛行場所属の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイが現地時間の5日午後4時ごろ、オーストラリア東部クイーンズランド州沖合の海上に墜落した。洋上展開中の艦船への着艦に失敗したとみられる。在沖海兵隊は、乗員26人中23人を救出したが、3人が行方不明だと発表した。普天間飛行場所属のオスプレイの墜落事故は2016年12月の名護市安部の浅瀬への墜落に次ぎ2度目。
 開発段階から“欠陥機”と指摘され続けている同機の危険性が改めて示された格好で、日常的に同機が頭上を飛び交う県内では不安が広がっている。

 墜落したのは、海兵隊普天間飛行場所属の第31海兵遠征部隊(31MEU)の第265海兵ティルトローター部隊所属。同部隊所属のオスプレイは、名護市安部での墜落事故以降も、17年6月6日に伊江島補助飛行場に、同10日は奄美空港に緊急着陸するなど不具合が相次いでいた。

 県には5日夜、米軍から墜落の一報が入った。富川盛武副知事に在沖米軍トップのローレンス・ニコルソン四軍調整官から電話があり、ニコルソン氏は「豪州の洋上でオスプレイがクラッシュ(墜落)した」と伝えた。米国や豪州の新聞、テレビの報道は軒並み事故を「クラッシュ(墜落)」と報じているが、在沖海兵隊は「mishap(事故)」と発表している。

 沖縄防衛局は5日午後11時ごろ、報道各社に「普天間所属のオスプレイが豪州東海岸で訓練中に事故を起こし、捜索救難中との情報を米側より受けた」とFAXで発表した。

 現地紙報道などによると、オスプレイの部隊は7月下旬まで米豪合同軍事演習「タリスマン・セーバー」に参加していた。 




オスプレイが墜落 オーストラリア沖
 普天間所属機、3人不明

 沖縄タイムス - 2017年8月6日 09:46
 

  オーストラリア東部の沖合で5日午後、米軍普天間飛行場所属のMV22オスプレイ1機が墜落した。在沖米海兵隊によると乗員26人のうち23人が救助されたが、3人が行方不明という。在沖米軍トップのローレンス・ニコルソン四軍調整官は5日夜、富川盛武副知事に口頭で事故の事実を伝えた。富川氏は「事故は遺憾千万だ」と強く非難し、米軍に詳細な情報の提供を求めたことを明らかにした。

 宜野湾市の佐喜真淳市長は、事故詳細が分からないとした上で「また事故が起きてしまったことは残念だ。市民は常に危険にさらされ、騒音などで精神的苦痛に悩まされている。日米両政府は一日も早い普天間の返還を実現してほしい。それに尽きる」と述べた。

 在沖米軍によるとオスプレイは普天間飛行場所属の第265ティルトローター飛行中隊で、強襲揚陸艦「ボノム・リシャール」から飛び立ったという。現在、第31海兵遠征隊(31MEU)が捜索と救助活動を実施している。

 オーストラリアの複数の地元メディアによると、オスプレイは東部クイーンズランド州ロックハンプトンに近いショールウオーターベイ沖で墜落。事故は米軍艦に着艦しようとした際に起きたとの見方がある。報道によると、オスプレイは7月下旬まで同州などで行われていた米豪の合同軍事演習「タリスマン・セーバー」に参加していた。

 オスプレイは昨年12月13日に名護市安部の海岸で墜落し2人が負傷する事故を起こした。国内配備後初の負傷者が出た重大事故に、県内では不安が広がり、配備撤回の声が高まった。

 さらに、今年6月6日には、伊江村の米軍伊江島補助飛行場に緊急着陸。4日後の10日には奄美大島の奄美空港に緊急着陸するなど、事故が相次いでいる。




米軍のオスプレイ、オーストラリア沖で墜落 3人不明
 CNN - 2017.08.06
 

オーストラリア北東部沖のショールウォーター湾で5日、米海兵隊の垂直離着陸機オスプレイMV22が墜落した。乗組員3人が行方不明となり、海兵隊は6日未明に捜索打ち切りを発表した。
搭乗していた26人のうち23人は救助され、米軍機や船舶が行方不明者の捜索を続けていた。今後数日間のうちに機体の回収作業が始まる見通しだ。
オスプレイは沖縄を拠点とする第31海兵遠征部隊に所属。現地では米軍とオーストラリア軍が先週まで実施していた合同演習に参加し、5日はその追加訓練が実施されていた強襲揚陸艦から発進した。オーストラリア軍要員は搭乗していなかったという。
海兵隊が事故原因を調べている。米ホワイトハウスの報道官によると、トランプ米大統領はケリー首席報道官から状況説明を受けた。
オーストラリア側もターンブル首相が報告を受け、ペイン国防相がマティス米国防長官に支援を申し出た。 






関連記事
スポンサーサイト

テーマ:戦争・原爆 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/4632-2607f9e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad