JUNSKY blog 2017

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

『残業代ゼロ法案』に連合が同意 もはや労働者の代表では無い!

2017年7月13日(木)

 昨日の重大ニュースは、安倍政権とグダグダの仲である連合が
極めて低いハードルを安倍政権に示して『残業代ゼロ法案』に
同意した、と云うニュースだろう!


 さすが『連合』
 現場の労働者の苦難を知らない「労働貴族集団」(久しぶりに使う)
 今や、民進党の『支援団体』でもなんでも無く、
 『脚引っ張り団体』且つ『野党共闘阻止部隊』且つ『自民党別働隊』

 安倍晋三に屈服した? 否! 結託した! というべき
今日のニュースによれば、連合の神津里季生会長の方から首相官邸に
出向いて会談したとのこと。


連合、脱「時間給」歩み寄り 政府に法案修正要請
 2017/7/13 19:42 - 日本経済新聞 電子版


 この連合側の『歩み寄り』については、今夜のNHKニュース番組で
 解説委員も理由が良く判らないと疑問視していた。

 法案の名称を変えた処で中身は朝日新聞も見出しにしたように
 「残業代ゼロ」法案であることに変わりは無い!
 政府も報道もこの法案に反対派している「全労連」は全く無視している!


 こんな見出しが出ていた!

「残業代ゼロ」政府案修正へ 連合の要請を反映
 朝日新聞:千葉卓朗、贄川俊 - 2017年7月12日04時59分


 『高度プロフェッショナル制度』と称する
 「残業代ゼロ」システム!
 名称は『格好イイ(笑)』ように見えるが中身は残酷!
 この記事では、
 『民進党の最大の支持母体である連合』と書いているが、
 トンデモナイ! 
 民進党のあらゆる政策を捻じ曲げる『母体』である!

連合、批判から一転容認 「残業代ゼロ」修正を条件に
 朝日新聞:贄川俊、千葉卓朗 - 2017年7月12日09時23分
 

他の見出しは・・・

労働基準法改正案 「成果型労働制」修正へ
 休日年104日以上確保 政府方針

 毎日新聞 - 2017年7月12日


 毎日新聞は、 「残業代ゼロ」とも表現していない!

 連合が頑張って104日も休日を確保してくれたのか?! 
と思ったら大間違い。 この104日には、土・日も含んでいる!
 年間52週だから、ただ単に土・日(またはその振休)だけは
休んでいいですよ! と云うだけの話し。
 年末年始(普通5日程度)や盆休み(最低3日)公的祝日(16日)
を入れれば、通常の「休養日」は、104+5+3+16 = 128日程度
 労働日は365-128=237日程度なのに! 何の改善も歯止めも無く、
正月休みも盆休みも5月の連休も無く働け! と云う改悪そのもの!
 極論すれば、残りの261日は、「24時間働けますか?!」の世界!



 日刊ゲンダイ では、ようやく連合への批判的見出しが・・・

労組からも異論 連合「残業代ゼロ」法案受け入れのナゼ
 日刊ゲンダイ - 2017年7月12日


残業代ゼロ法案を一転容認…「連合」は誰の味方なのか?
 日刊ゲンダイ - 2017年7月13日






連合、脱「時間給」歩み寄り 政府に法案修正要請
 2017/7/13 19:42 - 日本経済新聞 電子版
 

 安倍晋三首相は13日、首相官邸で連合の神津里季生会長と会談した。神津氏は「脱時間給」(ホワイトカラー・エグゼンプション)を含む労働基準法改正案を巡り労働者の健康確保の措置を強化するよう法案の修正を要請し、首相は「しっかり受け止める」と述べた。19日にも政府、連合、経団連の政労使会合を開いて合意する見通し。政府・与党は秋の臨時国会での法案成立をめざす。
 (以下略) 



「残業代ゼロ」政府案修正へ 連合の要請を反映
 朝日新聞:千葉卓朗、贄川俊 - 2017年7月12日04時59分
 

 政府は、専門職で年収の高い人を労働時間の規制から外す「高度プロフェッショナル制度」を盛り込んだ労働基準法改正案を、連合の要請を受けて修正する方針を固めた。働き過ぎを防ぐ対策の強化を求める連合の要請を受け入れ、月内にも政府、経団連、連合が「政労使合意」を結んだうえで、今秋の臨時国会に改正案を出し直す見通しだ。 



連合、批判から一転容認 「残業代ゼロ」修正を条件に
 朝日新聞:贄川俊、千葉卓朗 - 2017年7月12日09時23分
 

 国会で2年以上もたなざらしになっていた「高度プロフェッショナル制度」を含む労働基準法改正案が政労使が合意したうえで再提出される運びとなった。「残業代ゼロ法案」と強く批判してきた連合が一転、修正を条件に容認に転じたためだ。制度が実現する可能性が出てきたが、連合執行部の唐突な「方針転換」に身内から異論が相次いでいる。 


 

労働基準法改正案 「成果型労働制」修正へ
 休日年104日以上確保 政府方針

 毎日新聞 - 2017年7月12日
 

 政府は、所得の高い一部の専門職を労働時間の規制や残業代の支払い対象から外す「高度プロフェッショナル制度」の創設を柱とする労働基準法改正案を、修正する方針を固めた。連合の要請を受けて年間104日以上の休日確保を企業に義務付け、秋の臨時国会で残業時間の上限規制などを加えて一括で成立を図る。

 同制度では、金融ディーラーなど年収1075万円以上の労働者の賃金は、働いた時間に関係なく成果で決まる。労基法改正案は2015年4月に閣議決定されたが、民進、共産両党と連合などは「残業代ゼロ法案」「過労死を増やす」と廃案を強く主張し、2年以上も継続審議になっていた。

 他に、退勤から出社までに一定の休息を設ける「勤務間インターバル」▽2週間連続の休暇▽臨時の健康診断--など複数の選択肢から、各社の労使が健康を確保する措置を選べるよう修正する。改正案には実労働ではなく、「みなし労働時間」に基づいて賃金を支払う裁量労働制の対象拡大も盛り込まれていた。しかし、連合の要請を踏まえ、商品販売など一般の営業職は「対象外」と明確にする。

 政府は今年3月に決めた働き方改革実行計画の中で残業の上限を新設する一方、同制度を含む改正案については「早期に成立を図る」としていた。連合は反対せず、同制度の「是正が不可欠」とする談話を公表していた。連合の神津里季生(こうづりきお)会長は週内にも安倍晋三首相と会談し、改正案の修正を申し入れる。【早川健人】 




労組からも異論 連合「残業代ゼロ」法案受け入れのナゼ
 日刊ゲンダイ - 2017年7月12日
 

 連合が「残業代ゼロ」法案に賛成!?――連合の逢見直人事務局長は11日、民進党に対して、労働時間ではなく成果に基づいて賃金を支払う「脱時間給」を盛り込んだ労働基準法改正案を条件付きで受け入れる方針を伝えた。

 改正案は政府が2015年4月に国会に提出したが、連合や野党が「残業代ゼロ法案」「長時間労働を助長する」などと反対し、これまで一度も審議されていない。

 連合の神津里季生会長が近く、安倍首相と会談して①年104日以上の休暇取得を企業に義務付ける②終業から始業まで一定の休息を確保する「勤務間インターバル制度」の導入などの修正を要請。政府はこれを受け入れ、修正を加えた改正案を秋の臨時国会に再提出する見通しという。

 連合の突然の方針転換に、民進党などの野党のほか、連合傘下の労働組合からも異論が続出している。 




残業代ゼロ法案を一転容認…「連合」は誰の味方なのか?
 日刊ゲンダイ - 2017年7月13日

 サラリーマンに「暗黒社会」が到来するかもしれない。安倍政権が提案している「残業代ゼロ法案」について、労組の連合が、これまでの反対姿勢を百八十度転換し、容認する方針であることが分かった。

「残業代ゼロ法案」は、安倍政権が2015年4月に国会に提出したが、野党側の猛反発で審議入りできていない。11日に明らかになった、政府と経済界、労働界の首脳が参加する政労使会合の合意案によると、連合は法律の修正案として、政府が導入を目指している「高度プロフェッショナル制度」(残業代ゼロ)を認める代わりに、「年間104日間以上の休日取得」を企業に義務付けるよう要請したという。しかし、この修正案で妥協するのはとんでもない話だ。

■ブラック企業レベルの修正案

 日本労働弁護団幹事の渡辺輝人弁護士(京都弁護士会)はこう言う。
「年間104日間の休日というのは、単に週休2日に52週(1年)をかけた数値です。つまり、連合が残業代ゼロ法案容認の引き換えにしようとしている年間104日の休日とは、元日も憲法記念日も勤労感謝の日も全く無視しているわけで、これはブラック企業レベル。少なくとも年間120日以上の休日は必要ですよ」

 現在、普通のサラリーマンは年間約113日間の休みを取っている。修正案が施行されたら労働強化につながるのは間違いない。

 連合は2015年4月、当時は事務局長だった神津会長が〈事務局長談話〉を公表。〈「高度プロフェッショナル制度」が創設されれば、対象労働者は労働時間に関する基本的かつ最低限のルール保護さえ受けられなくなる〉と猛批判していた。それがわずか2年余りで手のひら返しだから裏切りもいいところだ。


「『残業代ゼロ法案』は、連合内部でも大企業と中小企業で賛否が分かれている。中小企業が加盟する下部組織は絶対反対ですが、神津会長や幹部が出身母体の大企業の本音は賛成です」(経済ジャーナリスト)

 神津会長と安倍首相は13日にも官邸で修正案について会談する予定だ。労働貴族の神津会長は、いったい誰の味方なのか。
 





関連記事
スポンサーサイト

テーマ:労働運動 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/4605-96e90a03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad