JUNSKY blog 2017

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

【韓国キャンドルデモクラシー ~彼らが大統領を弾劾できたわけ~】

2017年7月2日(日)

【韓国キャンドルデモクラシー
  ~彼らが大統領を弾劾できたわけ~】


2017070221582467e.jpg
 左から:パク・ジンさんイ・スンフンさん田中博さん実行委員長・日高明子さん

2017年7月2日(日) 14:00 から
福岡市南区会場 サロン・ド・ソフィア で開会の

【韓国キャンドルデモクラシー
 ~彼らが大統領を弾劾できたわけ~】

  に参加。
【ゲスト】
パク・ジンさん (女性)
 (パク・クネ政権退陣非常国民運動状況室共同室長)
イ・スンフンさん (男性)
 (パク・クネ政権退陣非常国民運動市民参加特別委員会チームリーダー)
田中博さん (本日の通訳:日韓交流コーディネーター)
実行委員長 日高明子さん

会場は、サロン・ド・ソフィア と云う「自動車試験場」の近くの
個人経営の外国語教育なども行っている処で、
2階が貸しホール的なピアノも有るサロンになっていました。
中々雰囲気の良い会場でした。
福岡市南区長住6-14-25
並べられた椅子は30程で、最終的にはほぼ満席の盛況!

<冒頭の報告から書き留めた範囲で書き起こし:>

2017年3月10日の弾劾を決定する前日の集会には
ソウル市内のメイン会場に160万人全国で232万人参加。
この間の延べ参加者は1700万人。
韓国の人口は、五千万人未満だから、規模の大きさが判る。

20170702215826a3c.jpg

その頃のパク・クネ(朴 槿恵)大統領の支持率は5%未満。
反対するものが95%と云う状況に 成っていた。
農民の支持も失っていた。

農民活動家が一年ほど前に警察の高圧放水にやられて
重篤に成っていたが、一年後に亡くなった。
この方は朴正煕(パク・チョンヒ:朴 槿恵の父親)大統領にも反対して運動した方で、
その後の李明博(イ・ミョンバク)政権にも反対運動をしていた
韓国では有名な活動家だった。
その方が権力によって殺されたことで農民の怒りも沸騰。

20170702215825a81.jpg
  (画像は壁に投影したものの写メにつき解像度は悪い)

集会のBGMは、COLD PLAY と云うバンドの曲が共通して使われた。
その歌詞は「腐敗した権力は自ら滅びる」と云うような内容。

今回の運動では、以前のような露骨な弾圧は無かった。
朴 槿恵大統領のタブレット端末が押収され、その中に
お友達の女性が大統領の演説原稿を添削していた証拠が
明瞭に残っていて、それがマスコミから流れていたから。

20170702215828893.jpg

去年、このキャンドル集会を始めた時は、二千人位集めたいと
思っていたら、1回目から3万人も集まった!
警察も抑圧するのは無理と判断したらしい。

2回目は、ソウルの光化門広場で10万人となり、物理的に
抑えることは無理と考えたようだ。

20170702215822513.jpg
 左から:田中博さんパク・ジンさんイ・スンフンさん実行委員長・日高明子さん

        以下、この下に続く・・・! (長いです!)

     *********************


【韓国キャンドルデモクラシー
 ~彼らが大統領を弾劾できたわけ~】
続き

2回目は十万人の集会となり、警察も抑圧することはできないと判断。
広場の近くには米国大使館があり通常は集会やデモはできない。
1回目は、二千人程度と考えていたので無許可で開催した。
その後は、使用許可を出すよう仮処分申請を行って集会とデモを行った。
裁判所も国民のエネルギーを感じて許可を出さざるを得なかった。
大統領官邸・青瓦台まで100メートルまで迫った。
大統領の私邸からも600mまで近づくことができた。

参加する全ての人々が進歩的な思想の持ち主ではなく、
中道や保守の人々も多数参加した。
今日のゲストのイさんや、パクさんの両親や保守的な親戚も
参加するように成った。
若者が格別多かった訳ではなく各層の人々が参加していた。
若者には特別の事情があった。高学歴でも職が決まらない!
生活できないと云う根本的な問題。
一方で、大統領のお友達の娘は梨花女子大に裏口から入ったと云う
不公平が明らかになり、怒りが渦巻いていた。

中学生も自分たちの意思で参加してきていた。

韓国社会は出自に寄って将来が決まってしまうと云う問題があり、
若者に諦め感が拡がっていたが、今回の運動を通じて覆され、
自らの力で変えることができることを知った。

     ******************

既にこのイベントを開催した4会場で共通して出された質問を
事務局から伺って行きたい。(実行委員長 日高明子さん)

Q:様々な意見の人々をどのようにまとめていったのか?
A:団体としての参加は2500団体にもなる。
労働団体、環境団体、女性団体・・・
週一回会議を開いていた。 百人以上集まって会議をして合意点をさぐる。
依拠する思考も概念も『言葉』も違う。
多数決では決めないで、合意できるポイントを探求する。
ある時は8時間に渡る会議を行い、合意点は僅かに三つか四つだったこともある。
「朴 槿恵を倒す」ことだけで一致した行動をとった。

Q:市民への呼び掛け
Facebook, Homepage など SNSを活用して呼び掛けた!
こちらが報告や意見を上げると、ドンドン反応が寄せられる。
これらの意見を取りまとめ、気持ちを共有して次の行動に活かした。
スタッフが1つ意見を上げると五千とか一万とか反応が有った。
キャンドル集会の生中継は数百万人が見ていた!
ハッシュタグ # で意思を共有した。
例えば「朴 槿恵退陣」とか。
参加者たちが、自分たちがこの運動を作っている
と云う気持ちを持てるように工夫した。
WEB担当者を配置し、まとまった気持ちや傾向を掴んで
次の集会のスローガンにするなど、工夫した。

Q:マスメディアの対応
A:KBS, SBS, MBC など大手マスメディアの対応は日本と余り違わない。
大きな局はキャンドル集会の初期の段階では報道しなかった。
記者は取材していたが、上から止められていたと云う。
韓国では、元々は新聞とテレビ局は独立していたが
李明博政権になって、ケーブルテレビを新聞社が持てるようになった。
新聞社系列のケーブルTVは、保守的で、朴 槿恵支持の方向だったが、
キャンドル集会の盛り上がりの中で少しづつ変わってきた。
朴 槿恵のお友達の国政関与の証拠が明らかになる中で、
方向転換してきた。

記者のレベルでは、取材を続けてきていたのだが。

ハンギョレ新聞は、キャンドル集会を積極的に報道してきた。

韓国ではSNSが発達しているので効果を発揮した。
KBSなどの報道をSNSで事実を持って直ちに批判し、
是正させる運動が広がった。
SNSの報道捜索隊があちこちにできて、ニセ情報などがメディアやSNSに
流された場合には、検証して反論する活動が行われた。
落選運動も引き続き行われた。
朴 槿恵のお友達のチェスンシが姿をくらまして所在不明になった時に、
世界日報(統一教会系の右翼新聞)がインタビューを行ったが、
その画像の隅に写っていた電気コンセントを見た報道捜索隊が、
「あのコンセントはデンマーク方式だ」と気付き
デンマークに隠れていたことが発覚したなどの成果もある!

     *************

15:15 : 聴衆からの質疑応答
Q:2015年 の日本での「戦争法反対」運動との動きとの違いや背景は?
A:以前より五百位の団体の基礎的動員力が有る。
その動員力は20〜30万人。
日本では、社会党系と共産党系が別々の行動をしていて
東京でも五千人ほどしか動員出来ない。
韓国では参画する意識が強く、各団体の会費も高い。
イさんの関係す団体の会費は、月2千円から3千円で、会員が数万人。
団体によっては、月に千円から一万円ほどの会費も。
連帯会議は五百の団体を統括し、且つ、それぞれが多数の運動体を組織している。
宗教団体が社会的発言をする。NGOとの窓口を設けて交渉している。
カトリックが積極的に社会運動に参画。

Q:日本ではそのような運動をすると右翼の攻撃も激しいが韓国では如何?
A:今回の朴 槿恵弾劾 の活動には保守系も参加している。
一部の朴 槿恵支持派が反対集会をしたが、マスメディアの取り上げも冷静で、
その内消滅した。
3月10日に弾劾裁判が弾劾を決め罷免されたが、直ぐには官邸を出なかった。
支持派が 盛り返し、大統領を続けられるとタカを括っていたらしい。
憲法裁判所で弾劾が決まった時、警察を挟んで両派が対峙し、弾劾が決まった瞬間、
一時無政府状態になり、混乱の中で3名が死亡した。 記者も一人亡くなったと云う。
韓国でも太極旗を掲げる人々(日本風に言えば右翼)の中にはお金で動員されている
人もいる。
青瓦台からも金が出ていると云う話もある。
キャンドル集会以前は、日本と同じような弾圧法が制定された。
それは、日本と韓国だけの問題ではなく、トランプが出てきたように
右傾化は世界的傾向。

先日発足した現政権は、脱原発でも積極的。
かなり変わって行くだろうと思う。
国会では、今は与党が少数派なので法律が通せない!
韓国では検察制度が日本と違って極めて強い!
しかし、以前は政権側がこれを利用してきた。

Q:韓国の市民の政治参加意識は全然日本と違うと感じた。
どのような歴史的潮流や努力が有るのでしょうか?
A:韓国の市民は政治的意識が高く、芸能人のゴシッップと同じ以上の関心で
政治状況を見ている。
私の高校2年の娘も関心が高い!
何故市民が政治に関心があるかと云うと、
1990年代から市民運動が運動宣伝を続けていた。
朴 槿恵が選挙で勝った時も差は僅か2%程度だった。
近代史を 見ると1960年代の戦い。1980年代の戦い。
1987年の行動、2002年の狂牛病の運動など歴史がある。
テロ防止法が朴 槿恵によって成立させられたが、10年間にわたって
阻止してきた歴史がある。
イさんも裁判に関わっていて選挙法で問われている。
落選運動が選挙法違反とされて起訴されている。
保守的地域では、政策とは関わりなく投票することが常態だった。
そう云う慣習を変えてゆく行動をしている。
お二人共、何度も起訴されて戦っている。
献身性は凄い!
職や地位を捨てて活動に参加している学者も多い。
「国会人権委員会法」 の制定の基礎を作った。
法律改悪を阻止する活動の方が制定運動より多いのが現状。
韓国社会でも保守的団体があり、政府からの援助があるが、
変革を求めるNGO団体には補助金が出ない。
環境保護団体や文化団体でも反政府的言動のある処は補助金が打ち切られた。

Q:日本では、政治的な話をすると、そらされる。
韓国ではどのように克服してきたか?
A:韓国では盆正月でも家族が集まると政治的な話になることが多い。
親戚家族で言い争いに ある場合もる。
若い人は、政治直結話し よりも食べて行けない話が中心。
良い大学を出ても職に就けない人が多数出ている。
大企業で正社員なら30万円ほどの収入があるが、非正規は半分。
スーパーでは、4割ほど。

Q:選挙の投票率は?
A:今回の大統領選挙の投票率は78~79%
世代によって大きな違いは無かった。
政治的には世代別、地域別に大きな違いがある。そう云う構造の中で
政治的要求や意識も異なる。
60代以上になると、自分の行動で社会が良くなるかどうかより 自らの生活が
どうかが関心の まと。
その下の世代は1987年の行動が有るので、主体的。
一方で、韓国の経済成長を作り出したと云う強い自負が有る。
女子学生は従軍慰安婦の問題を学習させられているので同世代の自らの問題
として捉えている。

イさん(男性の方)
一年前を考えると、政治活動に関する取り調べ のため行き来していた。
私を担当していた裁判官がサムスンの汚職の担当になり、私の裁判は保留中。
この一年の展開は極めて速かった。
一年前は全く先が見えなかった。
その 中で重点を置いたのが原発反対だった。
小さい行動が広がって行くのが現在の状況であるとおもう。
日本の方もあきらめることなく、私たちの活動が少しでも参考になれば嬉しい。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:政治・時事問題 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/4594-85a534ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad