JUNSKY blog 2017

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

『アホ』では済まされない稲田「自衛隊も応援」発言 各紙社説で追及!

2017年6月29日(木)

   稲田朋美防衛大臣が東京都議選での自民党候補応援演説で、
  「防衛省、自衛隊、防衛大臣、自民党としてもお願いしたい」と語った『事件』。
  やはり『アホの稲田朋美の あるある失言』では済まされなくなってきた!
  全国紙もローカル紙も社説で取り上げ始めている。


 なお、『アホの稲田朋美』 の画像はゾッとするので、掲載しない!

 『アホの稲田朋美』が、この問題で発言を撤回した時の弁明も聞き苦しい!
 撤回するなら『スパッと撤回すれば済む』ものを要らぬ弁解を付けたことで、
 一層事態の重大性を理解していない『アホさ』加減が目立つ破目に・・・

 稲田氏は発言を撤回した際の記者会見で「自衛隊の活動自体が、地域の皆さま方の理解なくして成り立たないということについて、感謝していると申し上げたかった」と説明したが、意味不明である。

 さらに「誤解を受けかねない」とも釈明したが、問題の発言は簡潔かつ明快で誤解の余地はない。仮に自衛隊の政治利用が真意でないならば、なぜ撤回するのか。東京都議選を控えていることから世論の批判をかわそうとしているだけだろう。
 (佐賀新聞・社説 - 6月29日付けから) 



     *************

 代表的な社説が【朝日新聞】と【毎日新聞】と【東京新聞】だが、
朝日新聞は引用にも著作権云々とうるさいのでリンクのみとし、
毎日新聞と東京新聞の社説を引用して紹介する。

稲田防衛相 首相は直ちに罷免せよ
 朝日新聞 【社説】 - 2017年6月29日05時00分


稲田氏「自衛隊としてお願い」 自覚の乏しさにあきれる
 毎日新聞 【社説】 - 2017年6月29日
 

 防衛相としての立場を自覚しているとは思えない。
 稲田朋美防衛相が東京都議選の自民党候補の応援集会で「防衛省、自衛隊、防衛大臣、自民党としてもお願いをしたい」と演説で述べた。
 自衛隊を率いる防衛相が組織ぐるみで特定候補を支援するかのような発言である。


 行政の中立性をゆがめ、自衛隊の政治利用が疑われる不適切な内容だ。後に撤回したが、それで済む問題ではない。

 自衛隊は約23万人を擁する実力組織である。国防や災害派遣は国民から負託された任務であり、憲法の規定に準拠して、自衛隊員は「国民全体の奉仕者」とされる。
 だからこそ自衛隊法61条は国民の信頼が確保できるよう、自衛隊員の政治的行為を、選挙権の行使を除いて制限しているのだ。

 稲田氏は法律を扱う弁護士でもある。しかし、自衛隊を統括する閣僚として、こうした自明の法的規範を理解していると言えるだろうか。
 「防衛相」という地位を明確にして「自衛隊としてお願いしたい」と支援を求めれば、自衛隊の政治利用だと指摘されるのは当然だろう。
 稲田氏の発言は、公務員の地位を利用した選挙運動を禁止する公職選挙法136条の2に抵触するおそれもある。公務員には特別職の国家公務員である閣僚も含まれる。

 自衛隊は命令系統が明確だ。その責任者が自衛隊法に抵触する政治的行為を促すようなことは厳に慎むべきだ。自衛隊の信用も傷つける。
 稲田氏にはこれまでも問題視される言動があった。自衛隊が派遣された南スーダンでの国連平和維持活動(PKO)を巡って「武力衝突はあったが、法的な意味での戦闘行為ではない」と強弁し、批判された。

 学校法人「森友学園」の弁護士活動では国会答弁で否定しながら後に撤回した。それでも「虚偽の答弁をした認識はない」と釈明し続けた。

 稲田氏は今回の発言を「誤解を招きかねない」と撤回したが、自発的ではなく菅義偉官房長官に促された結果だったという。

 こうした稲田氏を安倍晋三首相は一貫して擁護してきた。その姿勢が、無責任な閣僚の発言がとまらない要因になっているのではないか。 



防衛相発言 不問に付せぬ政治利用
 東京新聞 【社説】 - 2017年6月29日
 

 撤回すれば済むという話でもあるまい。稲田朋美防衛相が東京都議選の応援で「防衛省・自衛隊として」自民党候補を支援するよう呼び掛けた。行政の中立性を逸脱する触法行為にほかならない。

 法律に従って「政治的中立」を順守している防衛省職員、自衛隊員にとっては、迷惑極まりない発言だったのではないか。

 稲田氏は東京都板橋区で開かれた都議選の自民党候補を応援する集会で演説し「ぜひ当選、お願いしたい。防衛省・自衛隊、防衛相、自民党としてもお願いしたい」と呼び掛けた。

 板橋区の隣の練馬区には、陸上自衛隊の東部方面総監部や第一師団が置かれており、多くの隊員らが勤務する。その存在感を背景に自民党候補の当選に向けた支援を防衛省・自衛隊の組織として働き掛けているかのような発言だ。
 自衛隊を政治利用し、行政の政治的中立性を著しく逸脱する不問に付せない発言である。
 後に、稲田氏本人が認めたように「防衛省・自衛隊に限らず、政府機関は政治的に中立で、特定の候補を応援するのはありえない」のは当然であり、それらは法律にも明記されている。

 弁護士出身である稲田氏がそんな基礎的知識を欠いたまま、自衛隊を率いていたとしたら、驚きを超え、危うさすら感じる。
 軍隊や軍人は政治に関与せず、文民の統制に服するのが、近代国家の要諦だ。自衛隊は軍隊でないが、火力を有する実力組織である以上、政治に関与しないのは当然である。防衛相として不適格で、安倍晋三首相は罷免すべきだ。

 にもかかわらず、政権中枢はなぜ、稲田氏をかばうのか。首相に関係が近いからか、稲田氏辞任が他の閣僚の進退にも波及し、政権の体力を奪うと恐れるからか。
 安倍首相は国会演説で、自衛隊員らをたたえるため、起立して拍手するよう議員に促したことがある。自衛隊の存在を憲法に明記する憲法改正を提唱し、これに謝意を表明した自衛隊最高幹部の政治的発言を不問に付したこともある。

 稲田氏発言の背景に、自衛隊重視の姿勢を吹聴して支持を広げたり、民主主義の基本原理や手続きへの理解を欠く政権の体質があるとしたら根は深い。
 憲法一五条は「すべて公務員は、全体の奉仕者であって、一部の奉仕者ではない」と定める。防衛省・自衛隊を含めてすべての公務員を、自民党だけのために政治利用すべきではない。 



     ****************

 【47News】のリンク によると、殆どのローカル紙もこの問題を
取り上げた社説を掲載している。 その極一部のリンクを北から紹介。

稲田防衛相発言 もう撤回では済まない
 北海道新聞 【社説】 - 2017年6月29日


防衛相 応援演説/首相は更迭を決断すべきだ
 河北新報 【社説】 - 2017年6月29日


防衛相発言 不問に付せぬ政治利用
 中日新聞 【社説】 - 2017年6月29日


稲田防衛相発言  撤回しても責任免れぬ
 京都新聞 【社説】 - 2017年6月29日


【稲田防衛相】罷免に値する発言だ
 高知新聞 【社説】 - 2017年6月29日


稲田防衛相発言 即刻、辞任すべきだ
 佐賀新聞 【社説】 - 2017年6月29日


自衛隊の政治利用 防衛相の罷免しかない
 琉球新報 【社説】 - 2017年6月29日


稲田氏、自衛隊発言
 実力組織を選挙利用する異常

 しんぶん赤旗 【主張】 - 2017年6月29日
 

 稲田朋美防衛相が憲法や法律をわきまえず、常識さえ持ち合わせていないことを示す異常な発言を行いました。東京都議選(7月2日投票)の自民党候補を応援する演説で「防衛省・自衛隊としてお願いしたい」と呼び掛けたのです。憲法15条の行政の中立性や、自衛隊法61条の隊員の政治活動の制限などに反することはもちろん、民主主義社会の在り方からも許されない暴言です。自衛隊という実力組織が特定政党の支援に動き出せば、危険な社会になるのは明らかです。稲田氏は防衛大臣を即刻辞任すべきであり、安倍晋三首相の任命責任は重大です。

当たり前の常識持たず

 稲田氏は27日夜、都内の自衛隊駐屯地近くで開かれた自民党都議選候補の集会で「当選をお願いしたい。防衛省・自衛隊、防衛相、自民党としてもお願いしたい」と訴えました。文字通り、稲田氏を先頭に防衛省と自衛隊が組織を挙げて自民党候補者を支援することを表明したものです。

 武力を持った実力組織である自衛隊が特定政党のために挙げて選挙の支援に乗り出すことは、国民主権や民主主義にとって危険極まることです。そんな最低限のことすら理解しない稲田氏が自衛隊を指揮・監督する防衛相の職にいること自体が大問題です。

 稲田氏は27日深夜になって「誤解を招きかねず、撤回したい」と弁明しつつ、「これからもしっかりと職務を全うしたい」と述べ、辞任を否定しました。菅義偉官房長官も28日の記者会見で稲田氏をかばいだてしました。

 憲法15条は、「すべて公務員は、全体の奉仕者であって、一部の奉仕者ではない」と規定しています。公職選挙法は、公務員が「その地位を利用して選挙運動をすることができない」(136条の2)と定めています。

 自衛隊員も、自衛隊法で政治的行為が厳しく制限され(61条)、同法施行令で「地方公共団体の議会の議員」選挙において「特定の候補者を支持」するため「公私の影響力を利用する」ことが禁じられています。(86条・87条)

 稲田氏が発言を撤回すれば済む話では決してありません。

 そもそも稲田氏は、南スーダンPKO(国連平和維持活動)に派兵されていた陸上自衛隊部隊の「日報」隠しや、学校法人「森友学園」疑惑をめぐり、問題発言を繰り返し、野党が辞任要求を突きつけてきた閣僚の一人です。

 「日報」問題では、稲田氏が陸自内で「廃棄」されたと述べていた「日報」のデータが陸自内で保管されていたことが判明し、虚偽答弁だった疑いは深まっています。「森友学園」との関係でも、顧問弁護士だったことがあるのに国会で否定する虚偽の答弁をし、撤回・謝罪に追い込まれています。資格のなさは明白です。

政権自体が問われている

 稲田氏を防衛相に据えてきた首相の責任が厳しく問われます。

 首相自身、憲法に自衛隊の「意義と役割」を明記する自民党改憲案を秋の臨時国会に提出するという憲法擁護尊重義務(憲法99条)に反する発言をしたことに無反省です。憲法を敵視する安倍政権の異常な体質が稲田氏らの暴言の大本にあることは明らかです。

 安倍暴走政治を許さない都議選での審判がいよいよ重要です。 



【関連記事】

稲田防衛相失言:自衛隊内も困惑「あり得ない」
 毎日新聞 - 2017年6月29日


自衛隊の中立、破った稲田氏 かばい続ける首相にも批判
 朝日新聞デジタル - 2017年6月29日


クローズアップ2017:「自衛隊としてお願い」 
稲田氏発言、軽さ露呈 安易な「政治利用」

 毎日新聞 - 2017年6月29日


首相、罷免要求応じぬ方針 稲田防衛相「自衛隊もお願い」発言
 朝日新聞デジタル - 2017年6月29日


稲田氏失言:自衛隊発言、政権に深手 4野党が罷免要求
 毎日新聞 - 2017年6月29日


稲田氏発言、地元県議の反応
 批判、 慎重さ求める意見相次ぐ

 福井新聞 - 2017年6月29日
 

 福井県議会一般質問が行われた28日、県議会議員からは稲田朋美防衛相の発言について、与野党を問わず、慎重さを求める意見や批判の声が相次いだ。

 自民党県連幹事長を務める県議会自民党の斉藤新緑会長は「都議選がヒートアップしているので口を滑らせてしまったのだろうが、発言には気を付けてほしい」と話した。

 公明党県本部の西本恵一代表も、閣僚とはいえ、選挙の応援演説は1人の自民党員としてするものとした上で「自身の立場を政治利用する発言と受け取られかねない。慎重に発言してもらいたかった」と述べた。

 野党側からは痛烈な批判の声が上がった。民進党県連の山本正雄代表は「あきれてしまう」と切り捨てた。「自衛隊を私物化している。自民党議員と大臣の立場が区別できていない。大臣として失格」と厳しく指摘。「自民党の中からも批判が出るのではないか」と話した。

 共産党の佐藤正雄県議は「自衛隊という組織が応援していると有権者に見せつけるやり方はひどい。中立の立場であるべき機関のトップでもあり、二重、三重におかしい発言だ」と憤る。「そういった発言をしなければならないほど、都議選に危機感を抱いているのだろう」とした上で、「弁護士で大臣でもある人が、違和感なくうっかり口を滑らせるのはいかがなものか」と資質を疑問視した。
 





 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:安倍政権 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/4591-6331b701
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad