JUNSKY blog 2017

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

国民に依拠して信頼を得られれば政権交代は可能!

2017年6月15日(木)

 フランスの総選挙で、長い歴史のある旧・与野党および極右政党が惨敗し、
せんだっての大統領選挙の決選投票で勝利した マクロン氏率いる新与党が
確固とした党組織も張り巡らされていない『弱小与党』にも関わらず圧勝した!

国民に依拠して信頼を得られれば政権交代は可能!

   と云うことを示したものだ! 


170613_132203.jpg


 私自身はマクロン氏の政策に全面賛成する訳ではないが、
少なくともフランスの有権者の多くがマクロン氏の率いる『共和国前進』の
政策に共感して急速に支持政党を変えて投票した結果だろう!

170613_132230.jpg


 日本には、人民が立ち上がって政権を倒した民主革命の経験が無いので
同じようには行かないとは思うが、民進党のような優柔不断の旧野党などには
頼らずに、新しい国民戦線(ちょっと表現が古い)⇒ネットワークを構築して
国民が求める政策を大上段にかざして提起すれば急速に支持を広げて
安倍晋三政権を倒せるかも知れない!

 マクロン氏は資金的に潤沢だったので宣伝戦にも多額の費用を掛けられただろうし
日本は「事前運動禁止」だの「戸別訪問禁止」だの民主主義とは相いれない制度が
続いているので、市民による弱小政治勢力では、なかなか困難な道ではあろうが・・・

 しかし、全国にネットワークが張り巡らされている「市民連合」などを基盤として
立憲主義の政治勢力を結集すれば、相当のことができると思われる。

 とはいえ、日本では選挙の際の『供託金』が法外に高くて衆議院では300万円
参議院では600万円も用意しなくてはならず、庶民には「生活資金」だったり
「老後の蓄え」だったりするものを手出しするかも知れず足を踏み出せない?!
と云う問題もある。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:フランスの政治と社会 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/4577-027695b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad