JUNSKY blog 2017

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

北朝鮮がEEZにミサイルを撃ち込んでも何も対応できない!

2017年5月29日(月)

 

【北朝鮮は29日午前5時39分ごろ、北朝鮮東部・元山(ウォンサン)一帯から弾道ミサイル1発を発射した。韓国軍合同参謀本部が発表した。短距離弾道ミサイルのスカッド系列と見られ、日本海に落下した。日本政府によると、東に約400キロ飛行し、落下地点は新潟県・佐渡島から約500キロ、島根県・隠岐諸島から約300キロの日本の排他的経済水域(EEZ)内と推定される。】
 毎日新聞 - 2017年5月29日(月)



 結局、イージス艦もトマホークもハリボテの御飾りみたいなもの!

 こういう迎撃して撃ち落とすこともできないシステムに莫大な税金を
投入する安倍政権は、結局米国軍事産業のエージェントみたいなもの!

 逆にトランプは、米国軍事産業のディーラーのようなもの!

 儲かるのは、米国軍事産業と、そのおこぼれに預かる日本の軍需産業
そして、そういう業界から政治献金や利権を受け取る自民党の政治家たち!

 安倍政権の支持率が下がると北朝鮮がミサイルを打ち上げ、
打ち上げるたびに支持率が回復すると云う妙な 『Win x Win』 関係も!


     下のグラフは、日経 デジタル世論調査 『Quick Vote』 より
Nikkei-QuickVote_20170529_ABE.jpg
 今回グンと下がっているのは『加計学園』問題での前川前次官の証言が
 出た直後だったからからか?

北朝鮮が弾道ミサイル1発発射、EEZ内に落下か
 日刊スポーツ (共同) - 2017年5月29日10時15分
 

 北朝鮮は日本時間29日午前5時40分ごろ、日本海側の東部元山付近から弾道ミサイル1発を発射した。日本政府によると東に約400キロ飛行し、新潟県・佐渡島から約500キロ、島根県・隠岐諸島から約300キロの日本の排他的経済水域(EEZ)内に落下したとみられる。航空機や船舶の被害の情報はないという。米太平洋軍は短距離弾道ミサイルが6分間飛行、日本海に落下したとの初期分析を明らかにした。

 27日閉幕した先進7カ国(G7)首脳会議は北朝鮮への圧力強化で一致したばかりで、北朝鮮はG7の動きに反発し、ミサイル開発を加速させる姿勢を改めて鮮明にした。日本政府は米韓と国連安全保障理事会での対応の調整を開始。岸田文雄外相は29日に来日する中国の外交担当トップ、楊国務委員と対応を協議する考えを表明した。

 日本のEEZ内への落下が確認されれば今年3月以来で4回目。安倍晋三首相は国家安全保障会議(NSC)関係閣僚会合で「国際社会と連携し、北朝鮮に強く自制を求め、毅然(きぜん)として対応するように」と指示。記者団に「国際社会の度重なる警告を無視して挑発を続けていることは断じて許すことができない。北朝鮮に厳重に抗議した」と述べた。

 北朝鮮による弾道ミサイル発射は今年9回目。韓国軍合同参謀本部は、韓国を標的とする短距離弾道ミサイル「スカッド」か、射程を約千キロまで延ばし西日本を射程に収める中距離弾道ミサイル「スカッドER」などと推定されると明らかにした。

 米ホワイトハウスは、トランプ大統領が弾道ミサイル発射について説明を受けたと明らかにした。韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領は安保、外交閣僚らによる国家安全保障会議(NSC)の開催を指示した。

 北朝鮮は今月21日、内陸部の平安南道北倉付近から発射、東に約500キロ飛行し、最高高度は約560キロに達した。北朝鮮メディアは22日、新型中距離弾道ミサイル「北極星2」の実戦配備に向けた最終発射実験に成功したと報じた。(共同) 



北朝鮮ミサイル 隠岐沖300キロのEEZ内落下

 毎日新聞 - 2017年5月29日 11時31分
 

【ソウル米村耕一】
 北朝鮮は29日午前5時39分ごろ、北朝鮮東部・元山(ウォンサン)一帯から弾道ミサイル1発を発射した。韓国軍合同参謀本部が発表した。短距離弾道ミサイルのスカッド系列と見られ、日本海に落下した。日本政府によると、東に約400キロ飛行し、落下地点は新潟県・佐渡島から約500キロ、島根県・隠岐諸島から約300キロの日本の排他的経済水域(EEZ)内と推定される。付近を航行する航空機や船舶への被害は確認されていない。日本政府は北京の大使館ルートを通じて北朝鮮に直ちに抗議した。 

 EEZは沿岸国の経済的な主権が及ぶ海域で、最大200カイリ(約370キロ)の範囲で設定できる。北朝鮮が発射したミサイルの弾頭部分が日本のEEZ内に落下したのは今年3月6日以来で、4回目となった。

 また、北朝鮮のミサイル発射は今年に入り9回目。今月21日に中距離弾道ミサイル「北極星2」を発射したばかりで、3週連続となった。27日採択の主要7カ国首脳会議(G7サミット)の首脳宣言では北朝鮮に核・ミサイル開発計画の放棄を求める内容が盛り込まれた。日米韓による圧力も強まる中、北朝鮮が改めて反発を示したとみられる。

 稲田朋美防衛相は記者団に、ミサイルの飛行高度は100キロ程度で、通常より高い高度に打ち上げる「ロフテッド軌道」などの特異な飛行ではなかったとの見方を示した。米太平洋軍司令部は「短距離弾道ミサイルで6分間飛行し、日本海に落下した」と分析。韓国政府はミサイル発射を受けて直ちに国家安全保障会議(NSC)常任委員会で対応策を協議した。韓国軍は「北朝鮮の継続する挑発行為に対して強く警告し、緊張と不安感を作り出す行為を直ちに中止するよう求める」との声明を発表した。

 ミサイル発射に先立つ28日、北朝鮮の朝鮮平和擁護全国民族委員会報道官は、米韓が6月に朝鮮半島周辺で米空母「カール・ビンソン」と「ロナルド・レーガン」が参加する過去最大規模の合同演習を予定しているとして、「朝鮮半島情勢を最悪の爆発の境界へと追い込む危険な軍事的妄動だ」と非難。ミサイル発射は合同演習への警告の意味を含んでいる可能性もある。

 北朝鮮が3月、改良型のスカッドミサイル4発を発射、うち3発がEEZ内に落下した際も、米韓合同軍事演習を実施中だった。当時、北朝鮮の国営メディアはミサイル発射を「合同軍事演習を強行して朝鮮半島の平和と安定を破壊する敵に報復する」ものと伝え、演習への対抗措置であることを明確にしていた。




関連記事
スポンサーサイト

テーマ:安倍政権 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/4560-244991f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad