JUNSKY blog 2017

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

JASRAC の音楽教室への「音楽著作権」の主張は納得行かない!

2017年5月16日(火)

JASRACが音楽教室を開くヤマハなどの企業に対して
授業料の2.5パーセントを上納するようヤクザの親分のような
無茶な要求を突き付けている。


これは、大手音楽産業だけではなく、個人経営の音楽教師の
ピアノ教室なども対象になるものであり、法外な要求である。

このような JASRAC の一方的な主張には同意できない !

取り分け年間受講料の2.5パーセントを徴収すると言うのがイカガワシイ!
何故なら、この方法であれば、本来の著作権者に還元される見込みがなく
配分方法も難しい訳である。
結局 、著作権を護るためではなく、JASRACの収入源になるだけであろう!

【JASRACは来年1月の徴収開始を目指し、教室を運営する各社に
使用料を年間受講料収入の2・5%とする規定案を提示し、意見があれば
回答するよう要請している。使用料規定は7月にも文化庁に提出する予定だ。】
(朝日新聞記事より一部引用)

ヤクザの『みかじめ料』徴収のような横柄なJASRACの態度に対して、
音楽教室最大手でもある『紳士的な』ヤマハが提訴して戦うことにした
とのこと!

応援したい!

著作料徴収 JASRACを提訴へ…音楽教室使用でヤマハ
毎日新聞 ー 2017年5月16日 18時57分

 日本音楽著作権協会(JASRAC)が、ピアノなどの音楽教室での演奏について、著作権料を徴収する方針を決めたことに対し、最大手のヤマハ音楽振興会は、支払い義務がないことの確認を求める訴訟を東京地裁に起こす方針を固めた。

 JASRACは来年1月から、演奏権に伴う著作権料を年間受講料収入の2.5%とする案を提示し、7月にも文化庁に徴収の規定を提出する予定。一方、音楽教室側は2月、JASRACの動きに反発し「音楽教育を守る会」を結成、「教育目的であり、演奏権の範囲は及ばない」と主張している。

 今月30日の総会で、ヤマハは他の音楽教室に訴訟の原告団に加わるよう呼び掛ける。複数社が参加を検討しており、JASRACの動きがあり次第、提訴の準備を進めるという。

 提訴の方針について、ヤマハは「著作権料の条件闘争でなく、あくまで支払う必要がないことを明確にするため」としている。
 【毎日新聞 最上聡】



関連記事
スポンサーサイト

テーマ:楽器 練習 - ジャンル:音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/4547-ec52ae38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad