JUNSKY blog 2017

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

北朝鮮 の新型ミサイル発射 中央通信が「成功」と報道

2017年5月15日(月)

昨日は、米国と韓国の情報だったが、今日は北朝鮮側からの発表!
既に随分前から「人工衛星」の発射実験とは言わなくなり、
今回も、米国の攻撃への報復打撃の手段である事を明示!

アメリカもICBMの射出実験を繰り返しているのだから、一方的な
主張をしても北朝鮮は納得しないだろう!

それにしても、この北朝鮮による弾道ミサイル発射は、
韓国で新しい大統領が誕生して対話路線を確認した時に、
また、 中国が全世界を巻き込む大きな経済会議を開会した時に
実行されたと云う点で、北朝鮮の真剣さと異常さが浮き出る
結果となった!


20170518214320768.jpg

20170518214321314.jpg

20170518214322567.jpg

2017051821432317f.jpg

5月16日 新聞写メ画像追加

2017051821440013a.jpg

20170518214354846.jpg

20170518214355c15.jpg

20170518214401b47.jpg


北朝鮮 14日の新型ミサイル発射 中央通信が「成功」
 毎日新聞 ー 2017年5月15日 21時34分

朝鮮半島情勢
【ソウル米村耕一】北朝鮮の朝鮮中央通信は15日、新型の地対地中長距離弾道ミサイル「火星12」の発射実験が14日に実施され、「成功した」と報じた。高度2111.5キロまで上昇し、飛距離787キロを飛んで目標とする水域に着水したという。「大型重要核弾頭の装着が可能」と報じると同時に、実験によって「過酷な再突入環境でも核弾頭爆発システムの動作性を確認した」と主張している。

 発射実験には金正恩朝鮮労働党委員長が立ち会い、「だれが認めようが認めまいが、わが国は名実共に核強国だ」と宣言。「米本土と太平洋の作戦地域がわれわれの打撃圏に入っている」と強調しながら「報復打撃の手段がわれわれの手中にあるという現実を無視したり、誤った判断をしたりしてはならない」と、米国に警告した。

 さらに「米国とその追従勢力が正しい選択をする時まで、高度に精密化、多種化された核兵器と核打撃手段をさらに多く作り、必要な実験の準備にも拍車をかける」と指示し、さらなる核・ミサイル実験の継続を関係機関に求めた。一方で、同通信は、周辺国の安全を考慮して高い角度で発射され、公海上に落下したと伝えた。

 朝鮮労働党機関紙・労働新聞は15日、ミサイル発射実験の写真を公開。米韓などの専門家は、ミサイルや発射台の形状から4月15日の軍事パレードで初登場した液体燃料型の弾道ミサイルと同型とみている。

 また、北朝鮮メディアが今回のミサイルについて「主体弾」と呼び、独自開発を強調している点も注目を集めている。15日付の韓国紙・朝鮮日報は高度約2000キロ、飛距離約800キロという状況から、「通常の角度で発射した場合、飛距離5000キロ程度の準ICBM(大陸間弾道ミサイル)といえる能力を見せた」と報じた。

 日本政府によると、北朝鮮は日本時間の14日午前5時28分、北西部・平安北道亀城一帯から東北東方向に弾道ミサイル1発を発射、約30分飛行し、日本海のロシアに近い水域に落下した。政府はミサイルが過去最高の2000キロ超の高度に達したと分析していた。




【北ミサイル】
共産・志位和夫委員長「外交的解決を」「対話の機運広がっている」

産経新聞 ー 2017年5月14日(日) 13:33

 共産党の志位和夫委員長は14日、北朝鮮の弾道ミサイル発射を受けて談話を発表し、「解決の方法は外交的解決しかない」として、核問題に関する6カ国協議の再開などによって事態を打開するよう求めた。

 志位氏はミサイル発射について「世界の平和と安定にとっての重大な脅威であり、累次の国連安全保障理事会決議などに反する暴挙であり、厳しく抗議する」と指摘した。

 一方で、米トランプ大統領が「適切な条件」のもとで北朝鮮と対話の用意があると言及したことなどをあげ、国際社会に「対話の機運が広がっている」と指摘。「経済制裁の強化と一体に、北朝鮮との外交交渉に踏み切り、外交交渉のなかで核・ミサイル開発放棄を迫ることが大切だ」と強調した。




関連記事
スポンサーサイト

テーマ:北朝鮮問題 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/4546-c791d2a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad